2018年07月15日

ジェットスター Jetstarチケット[引換券](追加版)

ジェットスターの機内で販売されている「乗り物系乗車券等」の「引換券」が
リニューアルされました。

ジェットスター_Jetstarチケット[引換券]2201806.jpg

「Tokyo Shuttle成田空港発専用乗車券引換券」については、
相変わらず「別様式」のためリストアップされていませんが、京成スカイライナー
関連が整理され、九州関係については「全廃」されてしまいました(泣)。

また、2枚複写に変更はありませんが、今まで「実際に記入された1枚目」が
「お客様控え」として手渡されていたものが、「ジェットスター側控え」に替わり、
手渡されるのは「ノーカーボン複写された2枚目」となりました。



−−−−以下は、2017年5月30日に投稿した記事です−−−−−



ジェットスターの機内で販売されている「乗り物系乗車券等」の「引換券」のうち、
「Tokyo Shuttle成田空港発専用乗車券引換券」を除く乗車券等の
「引換券」となります。

2枚複写となっており、実際に記入された「1枚目」が「お客様控え」として
手渡されます。

ジェットスター_Jetstarチケット[引換券]201704.jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 証明書、乗車証、乗車票、調査票、整理券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

箱根登山バス 箱根ガラスの森美術館セット乗車券(小学生往復)

箱根登山バスの「箱根湯本発!お得なバスのセット乗車券」のひとつである
「箱根ガラスの森美術館セット乗車券(小学生往復)」です。

箱根登山バス_箱根ガラスの森美術館セット乗車券(小学生往復)201807.jpg

「箱根ガラスの森美術館入館券」と「箱根登山バス乗車券(往復:箱根湯本駅〜
俵石、箱根ガラスの森前)」がセットになっています。

この他に下記4種類があり、それぞれ「片道と往復」、「大人・大高生
(シニア)・小学生」の設定があります。
・ポーラ美術館
・星の王さまミュージアム
・箱根ラリック美術館
・御殿場プレミアムアウトレット

「PJRてつどう地紋(と券番号)」が予め印刷された券紙に、カラー
プリンター等で加刷されたような感じです。

「片道」設定では、手渡される券片が「3片→2片」となりますが、
「御殿場プレミアムアウトレット」の場合は「バス乗車券のみ」となり、
往復は2片、片道は1片のみとなります。

また、写真は「湯本構内案内所」発行ですが、この他に「湯本案内所」と
「湯本売札」が発行箇所となるきっぷも存在します・・・。
posted by 僕ドラ at 20:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 箱根・伊豆・富士関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

横浜市交通局 みなとぶらりチケット(ワイド)(追加版・その10)

「みなとぶらりチケット」と「みなとぶらりチケットワイド」が、
マイナーチェンジしていました。

基本的なデザインはそのままですが、「乗車日」記入欄に「灰色の枠」が
追加されました。

また、この間、「限定版」が何種類か販売されましたので、それらも
併せて紹介いたします。

○みなとぶらりチケット:通常版
横浜市交通局_みなとぶらりチケット201803.jpg

○みなとぶらりチケットワイド:通常版
横浜市交通局_みなとぶらりチケットワイド201803.jpg

○みなとぶらりチケット:限定版・文豪ストレイドッグス(写真左:横浜駅限定/写真右:桜木町駅限定)
横浜市交通局_みなとぶらりチケット(文豪ストレイドッグス。横浜駅)201803.jpg 横浜市交通局_みなとぶらりチケット(文豪ストレイドッグス。桜木町駅)201803.jpg

2月17日〜4月1日の間、「文豪ストレイドッグス スタンプラリー in
YOKOHAMA」の開催に併せて販売されました。

横浜駅と桜木町駅の限定販売でしたが、各駅でデザインが異なっていました。

○みなとぶらりチケット:限定版・EARTH HOUR 2018
横浜市交通局_みなとぶらりチケット(EARTH_HOUR_2018)201803.jpg

3月3日〜3月24日の間、3月24日開催の「EARTH HOUR 2018」に
併せて販売されていました。

○みなとぶらりチケットワイド:限定版・東方神起
横浜市交通局_みなとぶらりチケットワイド(東方神起)201803.jpg

6月8日〜6月30日の間、6月8日〜10日に日産スタジアムで開催された
「東方神起 LIVE TOUR」に併せて販売されていました。



−−−−−以下は、2013年3月17日に投稿した記事です−−−−−



「木下大サーカス」の4年ぶりの横浜公演に関連し、5月22日までの
期間限定で、「木下大サーカス横浜公演オリジナルデザイン」の
みなとぶらりチケットが、3000枚限定で販売されています。

横浜市交通局 みなとぶらりチケット(木下大サーカス).jpg



−−−−−以下は、2016年12月8日に投稿した記事です−−−−−



10月から適用エリアに加わった「三渓園」の写真を表紙部分に採用した、
みなとぶらりチケットの「紅葉の三渓園」デザイン版が、11月5日から
2000枚限定で発売されました。

横浜市交通局 みなとぶらりチケット(三溪園バージョン).jpg



−−−−−以下は、2016年10月25日に投稿した記事です−−−−−



10月1日より、「みなとぶらりチケット」「みなとぶらりチケットワイド」が
大幅にリニューアルされました。

2つ折りとなり、また「英語表記」も加わるなど、今までとは大きく図柄も変わり、
それに加えて「三渓園」も適用エリアに加わりました。

○みなとぶらりチケット
横浜市交通局 みなとぶらりチケット(2016リニューアル)jpg.jpg

○みなとぶらりチケットワイド
横浜市交通局 みなとぶらりチケットワイド(2016リニューアル)jpg.jpg

一方、これに併せて、東海道・山陽新幹線を「エクスプレス予約」または
「プラスEX」を利用して新横浜まで乗車し、「IC乗車票」を提示した
利用客を対象に、「EXみなとぶらりチケット」の発売も開始されました。

効力は「みなとぶらりチケットワイド」と同じですが、発売額については
「みなとぶらりチケット」と同じ・・・50円お得となっています。

○EXみなとぶらりチケット
横浜市交通局 EXみなとぶらりチケット.jpg



−−−−−以下は、2016年8月2日に投稿した記事です−−−−−



横浜ベイエリアを中心に開催される「みなと横浜ゆかた祭り2016」に合わせて、
9月4日までの間、3000枚限定で、オリジナルデザインのみなとぶらり
チケットが販売されています。

通常版のみなとぶらりチケットはイラストですが、オリジナルデザインのものは
「ゆかたを着た女性の写真」が使用されています。

横浜市交通局 みなとぶらりチケット(みなと横浜ゆかた祭り2016).jpg



−−−−−以下は、2015年12月18日に投稿した記事です−−−−−



4年半ぶりに、「みなとぶらりチケット」と「みなとぶらりチケットワイド」の
通常版を確認してみたところ、昨年10月に発売されていた、「あかいくつ
10周年記念」バージョン同様、券面右下部分に「QRコード」が追加された
バージョンに切り替わっていました。

写真左が「みなとぶらりチケット」、写真右が「みなとぶらりチケットワイド」です。

横浜市交通局 みなとぶらりチケット(QRコード入り).jpg 横浜市交通局 みなとぶらりチケットワイド(QRコード入り).jpg



−−−−−以下は、2014年11月11日に投稿した記事です−−−−−



横浜観光スポット周遊バス「あかいくつ」10周年を記念して、
10月4日開催された「はまりんフェスタin新羽」会場にて
発売された記念バージョンの「みなとぶらりチケット」です。

横浜市交通局・みなとぶらりチケット(あかいくつ10周年記念).jpg

通常のみなとぶらりチケットとはデザインが異なる他、
「あかいくつ」に合わせて印刷色が「赤色」となっています。



−−−−−以下は、2014年6月5日に投稿した記事です−−−−−



5月10日まで、横浜赤レンガ倉庫にて開催されていた「コナン展」に
併せて、「コナン展」限定ビジュアルの特製みなとぶらりチケットが
限定発売されていました。

横浜市交通局・みなとぶらりチケット(コナン展).jpg



−−−−−以下は、2013年7月24日に投稿した記事です−−−−−



週刊少年ジャンプ創刊45周年記念作品「劇場版トリコ美食神の超食宝」の
公開を記念して、東映(株)とタイアップしたスタンプラリーが開催されて
いますが、それと関連して、9月1日までの期間限定で「トリコオリジナル柄」の
みなとぶらりチケットが発売されています。

大小兼用券の3000枚限定となっており、購入者には
「IGOグルメIDカード」がプレゼントされます(写真省略)。

横浜市交通局・みなとぶらりチケット(トリコ).jpg



−−−−−以下は2011年5月24日に投稿した記事です−−−−−



「開国博Y150」から早2年あまりが経過しました。

結果的に、従来の様式(=1年度毎の有効期限設定)に戻ることなく、
記念ロゴのなくなった様式で販売が継続されています。

写真左が「みなとぶらりチケット」、写真右が「みなとぶらりチケットワイド」です。

横浜市交通局・みなとぶらりチケット(2010).jpg 横浜市交通局・みなとぶらりチケットワイド(2011).jpg



−−−−−以下は、2009年5月10日に投稿した記事です−−−−−



横浜ネタをもうひとつ。

横浜市交通局・みなとぶらりチケット(ワイド).jpg

横浜市交通局では、地下鉄=横浜〜伊勢佐木長者町間、バス=ベイサイド
エリア指定路線内を自由に乗降出来る「みなとぶらりチケット(ワイド)」を
発売していますが、現在発売中のものには、券面に「開国博Y150」の
ロゴが入っています。

写真左がみなとぶらりチケット、写真右がみなとぶらりチケットワイドです。
ワイドについては、地下鉄・新横浜駅での乗降が可能となっています。

みなとぶらりチケット(ワイド)は、毎年4月〜翌年3月末までを1年として、
毎年、券面の有効期限が更新されていますが、現在発売中のものには
有効期限が記載されておらず、有効期限撤廃なのか?はたまた「開国博Y150」
終了後に、従来の様式に戻るのか???
posted by 僕ドラ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

横浜市交通局 高島あざみデビュー記念きっぷ

横浜市営地下鉄のキャラクター・鉄道むすめ「高島あざみ」が、
横浜開港記念日の6月2日にデビューしました。
それを記念した「記念きっぷ」が、去る6月30日に先行販売、
7月1日から主要10駅の駅事務所にて発売開始されました。

写真は、台紙と台紙にセットされた記念きっぷになります。

横浜市交通局_高島あざみデビュー記念きっぷ(外面)201806.jpg 横浜市交通局_高島あざみデビュー記念きっぷ(内面)201806.jpg

名前の由来となった「高島町」「あざみの」各駅から330円区間の
乗車券2枚(D型硬券)と、地下鉄1日乗車券1枚(大型硬券)が
セットされています。

今後の「きっぷ的な展開」に期待したいと思います。

posted by 僕ドラ at 20:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 横浜関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

芝山鉄道 芝山鉄道線乗車記念証明書(追加版)

「平成30年度版」の「芝山鉄道線乗車記念証明書」です。

芝山鉄道のホームページに掲載されている告知によると、今年度の
配布枚数は、昨年より400枚多い「限定1800枚」とのことです。

芝山鉄道_芝山鉄道線乗車記念証明書201806.jpg

写真は、踏切通過中の車両を撮影したものですが、路線上に踏切はないはず・・・。



−−−−−以下は、2017年11月21日に投稿した記事です−−−−−



去る6月1日から配布されている、「平成29年度版」の
「芝山鉄道線乗車記念証明書」です。

芝山鉄道のホームページに掲載されている告知によると、
限定1400枚とのことです。

芝山鉄道_芝山鉄道線乗車記念証明書201709.jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 福岡 ☀| Comment(0) | 証明書、乗車証、乗車票、調査票、整理券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

京浜急行電鉄 京急ファミリー鉄道フェスタ2018お迎え電車乗車証

今年も「お迎え電車乗車証」に期待していたんですが、昨年と同じ
「感熱磁気券」でした(泣)。

会場でも、目新しい記念乗車券の発売もなく、今年も「ハズレ年の
フェスタ」でした・・・。

京浜急行電鉄_京急ファミリー鉄道フェスタ2018お迎え電車乗車証(大人)201805.jpg 京浜急行電鉄_京急ファミリー鉄道フェスタ2018お迎え電車乗車証(小児)201805.jpg

もう少し、某社のように「きっぷ的な企画」を考えて欲しいところです。



−−−−−以下は、2017年7月2日に投稿した記事です−−−−−
(旧タイトル:京浜急行電鉄 京急ファミリー鉄道フェスタ2017お迎え電車乗車証)



昨年が「D型硬券」での対応だったので、今年も期待していたんですが、
一昨年と同じ「感熱磁気券」に戻ってしまいました(泣)。

京浜急行電鉄_京急ファミリー鉄道フェスタ2017お迎え電車乗車証(大人)201705.jpg 京浜急行電鉄_京急ファミリー鉄道フェスタ2017お迎え電車乗車証(小児)201705.jpg

今年の「京急ファミリー鉄道フェスタ2017」では、記念乗車券等の
発売もなく、久しぶりに「ハズレ年のフェスタ」でした・・・。



−−−−−以下は、2016年7月5日に投稿した記事です−−−−−
(旧タイトル:京浜急行電鉄 京急ファミリー鉄道フェスタ2016 お迎え電車乗車票)




去る5月29日に開催された「京急ファミリー鉄道フェスタ2016」でも、
昨年に続き「お迎え電車」が運行されましたが、今回は「乗車票」と称して
大小共通で販売され、また、昨年の「感熱磁気券」とは異なり、
・1号:京急スカイトレイン2100形
・2号:京急ハッピーイエロートレイン
の写真をそれぞれ使用した「D型硬券」となりました。

○京急ファミリー鉄道フェスタ2016 お迎え電車乗車票(写真左:1号/写真右:2号)
京浜急行電鉄 京急ファミリー鉄道フェスタ2016 お迎え電車乗車証1号.jpg 京浜急行電鉄 京急ファミリー鉄道フェスタ2016 お迎え電車乗車証2号.jpg

ちなみに、「お迎え電車」がこのような様式変更となったので、「お帰り電車」も
ちょっと期待していたんですが・・・いつもどおりの「感熱磁気券」でした。

来年は、これらに加えて「お帰り電車」用として「新1000形1800番台」の
写真を使用した「乗車券」とか設備されると嬉しいなぁ・・・。



−−−−−以下は、2015年5月28日に投稿した記事です−−−−−
(旧タイトル:京浜急行電鉄 京急ファミリー鉄道フェスタ2015 お迎え電車入場整理券)



去る5月24日に開催された「京急ファミリー鉄道フェスタ2015」にて、
京急久里浜駅→フェスタ会場までを結ぶ「お迎え電車」が運行され、
その列車専用の「お迎え電車入場整理券」が販売されました。

京浜急行電鉄 京急ファミリー鉄道フェスタ2015 お迎え電車入場整理券.jpg 京浜急行電鉄 京急ファミリー鉄道フェスタ2015 お迎え電車入場整理券(小児).jpg

写真は、1号便となる10:00発用の「入場整理券」ですが、残念ながら
感熱磁気券によるものでした・・・。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 京急関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

那覇バス、他 高速バス延長記念往復乗車券 系統117番専用券

昨年7月1日に運行開始した「新系統117番:高速バス(美ら海直行)」の
新設を記念して販売されている「高速バス延長記念往復乗車券 系統117番
専用券」です。

那覇バス、他_高速バス延長記念往復乗車券_系統117番専用券201806.jpg

「区間」「運賃額」が補充式で、OKICA導入前に使用されていた
回数乗車券のように、きっぷ部分の地紋は「運行会社名」が交互に
記載されてます。
posted by 僕ドラ at 20:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 補充券(硬券、軟券) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

沖縄バス、他 那覇空港リムジンバス乗車券

久しぶりに、「空港リムジンバス乗車券」を購入しました。

沖縄バス、他_那覇空港リムジンバス乗車券3201806.jpg

現行券は、再び「Eエリア」まで記載されており、日付欄からは「平成」が
削除されて西暦表記となり、「国内線・国際線」の区別が表記されています。

また、券紙色が黄色みがかっていますが、前記事の乗車券も、実は今回と
同様の券紙色です(スキャナーの関係で色味がズレました)。



−−−−−以下は、2015年4月26日に投稿した記事です−−−−−



沖縄本島には、那覇空港と各地を結ぶ「空港リムジンバス」が
運行されていますが、予約制ではないものの、現金払いでの乗車が
出来ないことから、事前に乗車券を購入する必要があります。

まだ、すべてのコースを確認出来ていませんが、次のような
きっぷを確認しています。

○空港リムジンバス乗車券
那覇空港 空港リムジンバス乗車券・1.jpg 那覇空港 空港リムジンバス乗車券・2.jpg

那覇空港の案内所と那覇バスターミナル、大半のホテルでは、
この様式での発券を行っていました。

写真の2枚はエリア数が異なっていますが、現在はA〜Dエリアと
なっており、Eエリアが記載されている方が旧券と思われます。

○バケイションサービス沖縄 TRAVEL COUPON
那覇空港 空港リムジンバス乗車券・3.jpg

○(株)日本旅行沖縄 利用券
那覇空港 空港リムジンバス乗車券・4.jpg

ホテルによっては「空港リムジンバス乗車券」ではなく、ホテル内にある
旅行会社等の「クーポン券」での発券をするケースがあります。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 補充券(硬券、軟券) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

沖縄ICカード OKICA(追加版)

「OKICA(オキカ)」が登場して早4年あまりが経ちますが、
去る6月1日より、「マハエちゃんとマハ朗くん」がデザインされた
カードが登場しました。

沖縄ICカード_OKICA3201806.jpg

ちなみに、カード表面半分以上を占める黄色い部分は「太陽」だそうで、
定期券利用時の印字視認性向上のためとか。

6月1日以降、旧デザインカードの在庫消化が優先されるようなので、
自動券売機ではなく、改札窓口への購入申し出が入手確実です。

また、この間、ユニバーサルデザイン化(=カード側面に切り欠き)が
行われており、直近の旧デザインカードはこちらになります。

沖縄ICカード_OKICA2201806.jpg

カード表面デザインは、初版のものと比べると、「縁取り」がなくなって
いました。



−−−−−以下は、2014年10月26日に投稿した記事です−−−−−



10月20日から使用開始となった「OKICA(オキカ)」です。

これの導入により、「定期券」と「回数券」が廃止となりました。

「無記名式」「記名式」「定期券」がありますが、今回は「記名式」で
購入しています。

ただ、残念なのは、システム開発費や運用費の負担がネックとなり、
SuicaやPASMOなど、他地域の交通系ICカードとの相互利用は
出来ないそうです。

沖縄ICカード・OKICA.jpg

報道によると、来年4月にはキーホルダー型も発売するとか。
来春に再度沖縄訪問かなぁ・・・。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | IC式乗車券・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

沖縄都市モノレール 特別補充券

沖縄都市モノレールの「特別補充券」です。

開業当初から設備されていた、発駅常備の「補充片道乗車券」に替わり、
2年ほど前から登場しています。

沖縄都市モノレール_特別補充券201806.jpg

一般的な特別補充券よりサイズは大きく、A6版となっていますが、
泉北高速鉄道のようなレーザープリンターではなく、ノーカーボン複写式と
なっています。

2年ほど前は、発駅常備の「補充片道乗車券」時代と比べると、かなり
入手難易度の高い状態でしたが、最近はそうでもないようです。
posted by 僕ドラ at 20:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 補充券(硬券、軟券) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする