2018年05月22日

東京地下鉄 特急列車専用補充券

小田急ロマンスカーの東京地下鉄への乗り入れから10年が経ち、
東京地下鉄区間の車内でサービスマネージャーが取り扱う
「特急列車専用補充券」が、初めて改版されました。

この間、「ベイリゾート」の廃止がありましたが、追加となる項目が
ないためか、改版は行われませんでした。

写真左が初版、写真右が今回改版されたものになります。

東京地下鉄_特急列車専用補充券1.jpg 東京地下鉄_特急列車専用補充券2201804.jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 福岡 ☀| Comment(0) | 補充券(硬券、軟券) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

小田急電鉄 特急車内補充券(追加版・その2)

去る3月17日のダイヤ改正により、ロマンスカー車内で取り扱っている
「特急車内補充券」が改版されました。

旧版とは、下記のような違いが見られました。
・種別:「モーニングウェイ」「Mえのしま」「Mモーニングウェイ」
「ふじさん」を追加し、「あさぎり」「Mさがみ」を削除。
・原券:「座席」を削除。

小田急電鉄_特急車内補充券(青地紋)201804.jpg

駅名については、先の改版で臨時停車駅も追加されており、今回の改版では
特に変化はありませんでした。



−−−−−以下は、2016年6月11日に投稿した記事です−−−−−



去る3月26日より、「海老名」と「伊勢原」に特急ロマンスカーが
停車するようになったことに伴い、ロマンスカー車内で取り扱っている
「特急車内補充券」が改版されました。

前述の「海老名」と「伊勢原」の両駅名が追加されただけかと思ったところ、
旧版とは、下記のような違いが見られました。
・種別:「ベイリゾート」を削除。
・事由:「概算」を追加。
・領収額(円):「1万」「5千」を追加し、「領収額なし」を「なし」に変更、
「概算」を削除。
・駅名:「参宮橋」「海老名」「伊勢原」「開成」を追加し、「豊洲」
「新木場」を削除。
・その他:枠線が「細線」のみから「太線」「二重線」混在に。

小田急電鉄 特急車内補充券3.jpg

駅名に「海老名」「伊勢原」の他、「参宮橋」「開成」も追加されたのは、
過去の臨時特急ロマンスカーの停車実績からでしょうか?

また、東京メトロへ乗り入れていた「ベイリゾート」関連項目が削除された
ということは、「休止」ではなく「廃止された」と考えてよいのかもしれません・・・。



−−−−−以下は、2014年5月1日に投稿した記事です−−−−−



改編時期は不明ですが、ロマンスカー車内で取り扱っている
「特急車内補充券」の様式が、一部変更されました。

変更内容は、
・種別:「臨時」を追加
・事由:「グリーン」「スーパーシート」「ス変」を削除
・原券:「グリーン」を削除、「eロマ」を追加
・御殿場線:「裾野」「沼津」を削除
となっています。

写真左が今回確認された新券、写真右が旧券(足柄車掌区追加時)と
なります。

小田急電鉄・特急車内補充券1.jpg 小田急電鉄・特急車内補充券2.jpg

ちなみに、御殿場線関連部分は実状に合わせているのに対し、
東京メトロ関連の「ベイリゾート」や「豊洲」「新木場」は
そのまま残っています。
「ベイリゾート」は、2012年3月のダイヤ改正で運転中止された
列車ですが、果たして復活の可能性があるのか気になります・・・。

posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 補充券(硬券、軟券) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

東武バス日光 世界遺産フリーパス(自動券売機)(追加版)

「TBCとーぶばす」地紋の専用券紙がマイナーチェンジしていました。

右端に付いている「初乗り券」の視認性向上のためか、「初乗り券」の
まわりが縁取られました。

東武バス日光_世界遺産フリーパス(自動券売機)201804.jpg



−−−−−以下は、2017年5月11日に投稿した記事です−−−−−



東武日光駅構内にある東武ステーションサービス「東武日光駅ツーリスト
センター」に、東武バス日光の企画乗車券専用自動券売機が新設されたので、
1枚購入してみました。

東武バス日光_世界遺産フリーパス(自動券売機)201704.jpg

感熱印刷ではあるものの、「TBCとーぶばす」地紋の専用券紙を使用しています。

一番安い企画乗車券は、写真に示す「世界遺産フリーパス」となりますが、
カウンターでも従来様式のものを引き続き販売しているようです。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東武・野岩・会津関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

東武鉄道 日光・鬼怒川エリア鉄道乗り放題きっぷ、普通入場券(追加版)

「日光・鬼怒川エリア鉄道乗り放題きっぷ」の地紋色が水色に替わり、
一部デザインも変更されました。

写真左が大人用、写真右が小児用となります。

東武鉄道_日光・鬼怒川エリア鉄道乗り放題きっぷ&普通入場券(大人)201804.jpg 東武鉄道_日光・鬼怒川エリア鉄道乗り放題きっぷ&普通入場券(小児)201804.jpg

初版は「SL大樹とリバティ」の写真が使用されていましたが、今回は
リバティに替わり、「DL大樹」の写真が使用されています。



−−−−−以下は、2017年8月22日に投稿した記事です−−−−−



8月10日のSL大樹運行開始に併せて発売開始された企画乗車券です。
日光・鬼怒川エリア(東武日光〜下今市〜新藤原間)が乗り放題となります。

写真左が大人用、写真右が小児用となります。

東武鉄道_日光・鬼怒川エリア鉄道乗り放題きっぷ&普通入場券(大人)201708.jpg 東武鉄道_日光・鬼怒川エリア鉄道乗り放題きっぷ&普通入場券(小児)201708.jpg

A6版サイズで大小別立てとなっており、かつ「発行箇所」常備のため、
写真に示す「下今市駅」の他、「東武日光駅」「鬼怒川温泉駅」でも取り扱いが
あります。

また、上記3駅において、「硬券入場券」も販売開始(再開?)さてれおり、
この企画乗車券が「台紙」として各駅の「硬券入場券」をセット出来る仕様と
なっています。

掲載の写真は、「硬券入場券」をセットした状態となります。
posted by 僕ドラ at 20:00| 福岡 ☀| Comment(0) | 東武・野岩・会津関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

東武鉄道 SL大樹、DL大樹座席指定券、東武ステーションサービス 船車券 SL大樹6号座席指定券(追加版)

DL大樹の代走がSL大樹の運行日直前で決まった場合、各駅での
座席指定券の販売を中止し、下今市発は下今市駅のみ、鬼怒川温泉発は
鬼怒川温泉駅のみで取り扱われますが、その際、出札窓口にあるマルチ
端末発券ではなく、「車内ご案内センター(S)」同様、発行箇所
補充式の車内売り座席指定券での発券となります。

昨年10月以降、何回か機会はあったんですが、訪問のタイミングが合わず、
実は今回初めて購入しました。

写真左が下今市駅発行、写真右が鬼怒川温泉駅発行となります。

東武鉄道_SL大樹、DL大樹座席指定券(下今市駅)201804.jpg 東武鉄道_SL大樹、DL大樹座席指定券(鬼怒川温泉駅)201804.jpg

出札窓口にあるマルチ端末発券ではない理由は、各発駅の出札窓口において、
各便毎の空席情報を「紙ベース」で管理しているためで、その結果、
車内売り座席指定券での発券となっているようです。

これにより、鬼怒川温泉駅併設の東武ステーションサービス「鬼怒川温泉
ツーリストセンター」で取り扱っているA型硬券様式「座席指定券」も、
発券は出来ないようです・・・。



−−−−−以下は、2017年8月21日に投稿した記事です−−−−−



8月10日に運行開始したSL大樹車内でも、既存の特急列車の車内売り
特別急行券と同様に「座席指定券」の取り扱いがありました。

発行箇所は「下今市機関区」と「車内ご案内センター(S)」で、前者は
発行箇所常備、後者は補充式となっています。

列車名には「DL大樹」もあり、運賃も異なることから、DLでの運転も
想定しているようです。

東武鉄道_SL大樹、DL大樹座席指定券(下今市機関区)201708.jpg 東武鉄道_SL大樹、DL大樹座席指定券(車内ご案内センター(S))201708.jpg

一方、鬼怒川温泉駅併設の東武ステーションサービス「鬼怒川温泉ツーリスト
センター」では、「SL大樹6号」限定で、A型硬券様式の「座席指定券」を
販売しています。

大小別口座となっていますが、北千住駅で扱っている「満席承知」とは異なり、
「鬼怒川温泉ツーリストセンター」で座席を確保した上での販売となっている
ことから、「満席」の時は売ってもらうことが出来ません。
※座席確保は、東武ワールドスクウェアにあるようなPCで行っています。

東武ステーションサービス_船車券_SL大樹6号座席指定券(大人)201708.jpg 東武ステーションサービス_船車券_SL大樹6号座席指定券(小児)201708.jpg

どうせなら、「SL大樹2号」「SL大樹4号」も設備して欲しいと思うのは、
私だけではないでしょう・・・(笑)。

※8月21日に投稿しましたが、誤って記事を消去してしまったようです。
ただ、初投稿時の文章を残していないため、内容が微妙に異なっている点は
ご了承ください。
posted by 僕ドラ at 20:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 東武・野岩・会津関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

東武鉄道 東武ワールドスクウェア開園25周年×SL大樹記念乗車証

東武ワールドスクウェア開園25周年を記念して、4月21〜23日に
運行された「SL大樹」の車内にて、記念乗車証が配布されました。

1〜6号全ての便が対象でしたが、このうち「SL大樹5号、6号」のみ
「硬券仕様」の記念乗車証も併せて配布されました。

写真左が「SL大樹5号」、写真右が「SL大樹6号」の記念乗車証に
なります。

東武鉄道_東武ワールドスクウェア開園25周年×SL大樹記念乗車証(SL大樹5号)201804.jpg 東武鉄道_東武ワールドスクウェア開園25周年×SL大樹記念乗車証(SL大樹6号)201804.jpg

B型硬券で、運行日時、便名等が印刷されており、各便とも
表記の異なる記念乗車証と思われますが、都合により4月21日
のみの乗車となりました。

ところが、その4月21日の運行のみ、直前に急遽「DL大樹」での
運行が決まり、実際には「DL大樹」車内での配布でした・・・。
posted by 僕ドラ at 20:00| 福岡 ☔| Comment(0) | 東武・野岩・会津関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

東武鉄道 特急リバティ運行開始1周年 記念乗車証明証

早いもので、特急リバティがデビューして1周年となりました。

これを記念して、1周年となる4月21日に運行された
「リバティけごん11号」「リバティ会津111号」車内にて、
「記念乗車証明証」が配布されました。

写真が「記念乗車証明証」となります。

東武鉄道_特急リバティ運行開始1周年_記念乗車証明証201804.jpg

カラー印刷のD型硬券で、地紋は「Tobu Limited
Express Revaty」、裏面に印刷された券番は
図示しませんが、リバティの形式から「0500」となっています。

ところで、東武で配布される「記念乗車証」の名称で、「〜証明証」と
表記されるケースが多いように感じますが、「証」の字が繰り返して
使用されるため、くどい表現に感じます。
「記念乗車証」「記念乗車証明書」のような表記で良いと思いますが・・・。
posted by 僕ドラ at 20:00| 福岡 ☔| Comment(0) | 東武・野岩・会津関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

京都市交通局 市バス→地下鉄振替乗車票、金閣寺道停留所乗車証明書

ゴールデンウィーク期間中、平日となる5月1日&2日を除く
土休日の7日間に、市バスで京都駅方面へ行く乗客を対象に、
市バスから地下鉄への無料乗り継ぎが行われました。

○東山三条→京都駅 市バス→地下鉄振替乗車票
京都市交通局_東山三条→京都駅_市バス→地下鉄振替乗車票201805-1.jpg 京都市交通局_東山三条→京都駅_市バス→地下鉄振替乗車票201805-2.jpg

市バス5号系統など、指定系統の乗客に対し、東山三条
(地下鉄東山駅)バス停で降車の際、運賃支払い後に配布された
「振替乗車票」です。

○東山→260円区間乗車券(■催)
京都市交通局_東山→260円区間(■催)201805.jpg

先の「振替乗車票」を地下鉄東山駅の「振替乗車専用窓口」で
提示すると、日付印を押印され、写真に示すような
「東山→260円区間」の乗車券が無料で貰えました。

券面には、■に白抜き文字で「催」と表記されており、通常販売の
きっぷと区別しているようです。

○金閣寺→京都駅 市バス→地下鉄乗継利用 金閣寺道停留所乗車証明書
京都市交通局_金閣寺道停留所乗車証明書201805-1.jpg 京都市交通局_金閣寺道停留所乗車証明書201805-2.jpg

金閣寺道バス停にて、乗車前に配布された「乗車証明書」です。

北大路バスターミナルまで市バスを乗車した後、この「乗車証明書」を
地下鉄北大路駅の「振替乗車専用窓口」で提示すると、乗車券が
無料で貰えました。

ただ、こちらの方は「乗車証明書」が回収されるため、今回は引き換え
ませんでしたが、東山駅と同様な乗車券が配布されたようです。

posted by 僕ドラ at 20:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 証明書、乗車証、乗車票、調査票、整理券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

広島電鉄 市内線電車普通乗車券(追加版)

昨夏、運賃が値上げされた後の初めての臨発となるフラワーフェスティバル
期間中、広島駅前の電停で購入した「市内線電車普通乗車券」です。

写真左が大人用、写真右が小児用となります。

広島電鉄_市内線電車普通乗車券(大人)201805.jpg 広島電鉄_市内線電車普通乗車券(小児)201805.jpg

地紋色も替わるかと期待していましたが、大人運賃160円→180円、
小児運賃80円→90円に数字が替わっただけでした・・・。



−−−−−以下は、2016年6月13日に投稿した記事です−−−−−



フラワーフェスティバル期間中、広島駅前の電停で臨発があり、
一日乗車券の他、「市内線電車普通乗車券」も販売されていました。

写真左が大人用、写真右が小児用となります。

広島電鉄 市内線電車普通乗車券(160円).jpg 広島電鉄 市内線電車普通乗車券(80円).jpg

大小で地紋色が異なります。

残念ながら、消費税5%時代の券は持っていないんですが、ネット検索で
見た写真では、大人用の地紋色が小児用と同じだったようです。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 常備券(硬券、軟券) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

西日本鉄道 くらの細道きっぷ

毎年販売されている「西鉄甘木線と沿線の4つの酒蔵」とがタイアップした
企画乗車券「くらの細道きっぷ」です。

乗車駅〜「北野」「大城」「大堰」各駅で乗り降り自由な往復乗車券と、
各酒蔵で利用可能な飲み比べ用「おちょこ購入補助券」がセットされています。

このきっぷの提示で購入した「飲み比べ用おちょこ(別途200円が必要)」で、
各酒蔵で2杯まで、最大8杯の新酒を堪能することが出来るそうです。

大牟田線側の「宮の陣」、甘木線内「北野」「甘木」の各駅で購入してみましたが、
「発駅」「運賃額」以外、記載内容は特に差はなく、唯一「甘木」で発券された
券面のみ、「くらの細道きっぷ」と書かれたタイトルの右側に(甘木駅)と
印字されていました。

西日本鉄道_くらの細道きっぷ(宮の陣駅)201803.jpg 西日本鉄道_くらの細道きっぷ(北野駅)201803.jpg 西日本鉄道_くらの細道きっぷ(甘木駅)201803.jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 福岡 | Comment(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする