2019年01月21日

京成電鉄 スカイライナー券(追加版)

平成もあと3か月余りで終わりとなりますが、日付(DATE)から
「平成」が削除されたバージョンが登場しています。

京成電鉄_スカイライナー券(「平成」削除版)201812.jpg



−−−−−以下は、2014年6月13日に投降した記事です−−−−−



消費税率8%化に伴い、料金が変更された新券が登場しています。

シティライナーと異なり、どこから乗車しても料金に差がないので、
「料金部分」以外に変更はないようです。

京成電鉄・スカイライナー券.jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 補充券(硬券、軟券) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

東武鉄道 DL大樹で迎えるお正月 記念乗車証

1月1日限定で配布された「DL大樹で迎えるお正月」記念乗車証です。

スケジュールの関係で「DL大樹4号」のみの乗車でしたが、便数に
関係なく同じ記念乗車証が配布されたようです。

東武鉄道_DL大樹で迎えるお正月_記念乗車証201901.jpg

イノシシに仮装されたDE10が描かれた台紙に、B型硬券の記念
乗車証がセットされています。
posted by 僕ドラ at 00:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 東武・野岩・会津関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

上毛電気鉄道 平成31年合格祈願乗車券

画像編集をしていて、何か違和感があるなぁと感じていたところ、
前シーズンと比較して、「段数(運賃区分)」が増えていました。

上毛電気鉄道_平成31年合格祈願乗車券201901.jpg



−−−−−以下は、2018年1月22日に投稿した記事です−−−−−
(旧タイトル:上毛電気鉄道 平成30年合格祈願乗車券)



今シーズンのものも、「券紙色」と「発行年」以外に変更はないようです。

上毛電気鉄道_平成30年合格祈願乗車券201712.jpg



−−−−−以下は、2017年2月5日に投稿した記事です−−−−−
(旧タイトル:上毛電気鉄道 平成29年合格祈願乗車券)



今シーズンのものは券紙色が黄緑色となっています。
記載事項は、発行年以外に変更はないようです。

上毛電気鉄道 平成29年度合格祈願乗車券.jpg



−−−−−以下は、2016年1月20日に投稿した記事です−−−−−
(旧タイトル:上毛電気鉄道 平成28年合格祈願乗車券)



今シーズンは券紙色、インク色ともそろそろ「橙色」かなぁ?と思っていたところ、
予想に反し、3シーズン前と同じ赤色となっています。

記載事項等は、昨シーズンと変化ありません。

上毛電気鉄道 平成28年合格祈願乗車券.jpg



−−−−−以下は、2015年1月16日に投稿した記事です−−−−−
(旧タイトル:上毛電気鉄道 平成27年合格祈願乗車券)



今シーズンのものは券紙色、インク色とも、緑色となっており、運賃は消費税率
8%化を反映したものとなっています。

上毛電気鉄道・平成27年合格祈願乗車券.jpg



−−−−−以下は、2014年1月1日に投稿した記事です−−−−−
(旧タイトル:上毛電気鉄道 平成26年合格祈願乗車券)



新年明けましておめでとうございます。
本年も「他のブログと重ならないようなネタ」を中心に紹介したいと
思いますので、旧年同様、よろしくお願いいたします。

新年1回目は、毎年恒例となっているコレです。

今シーズンのものは、3シーズン前と券紙色、インク色が同じになりました。

上毛電気鉄道・平成26年合格祈願乗車券.jpg



−−−−−以下は、2013年1月3日に投稿した記事です−−−−−
(旧タイトル:上毛電気鉄道 平成25年合格祈願乗車券)



今回のものは、前回サイズ変更となったものと同サイズの色違いで、
印字は赤、券紙は桃色となっています。

上毛電気鉄道・平成25年合格祈願乗車券.jpg

券紙の色は、2012年にブレークした「ももクロ」を意識したとか?(笑)



−−−−−以下は、2012年1月1日に投稿した記事です−−−−−
(旧タイトル:上毛電気鉄道 平成24年合格祈願乗車券)



新年明けましておめでとうございます。
本年も「他のブログと重ならないようなネタ」を中心に紹介したいと
思いますので、旧年同様、よろしくお願いいたします。

さて、新年早々は、昨年末ギリギリに入手したネタをいくつか紹介したいと
思います。

一つ目は、上毛電気鉄道の合格祈願乗車券です。
平成24年版が、既に発売されています。

今回の券紙色は「淡黄色」で、券面は印刷色と元号表記年が変わった
くらいなんですが、サイズに変化があり、縦方向に30mm、
横方向に10mm大きくなっています。

上毛電気鉄道・平成24年合格祈願乗車券.jpg



(以下は、2010年12月28日、タイトル「上毛電気鉄道・平成23年合格祈願乗車券」
として投稿した記事です)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




上毛電気鉄道・平成23年合格祈願乗車券.jpgホームページに告知が掲載されず、
今年は発売されないのか?と思っていましたが、
現地訪問にて、去る12月15日より発売されて
いたのを確認しました。

券紙色は「水色」で、印刷インク色と元号表記の
「平成22年→平成23年」、「合格祈願乗車券」の
字体が替わった以外、特に大きな変化はありません・・・。







(以下は、2009年12月29日、タイトル「上毛電気鉄道・平成22年合格祈願乗車券」
として投稿した記事です)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




上毛電気鉄道・平成22年合格祈願乗車券.jpg今年も、去る12月15日から、発売開始されました。

今年の券紙色は「黄色」で、印刷インク色と元号表記が
「平成21年→平成22年」に替わった以外は、
昨年のものと変わりありません。
※若干、券紙の厚みが薄くなったかも!?









(以下は、2008年12月18日、タイトル「上毛電気鉄道・平成21年合格祈願乗車券」
として投稿した記事です)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




上毛電気鉄道・平成21年合格祈願乗車券.jpg学問の神様「菅原神社」にて祈願された「平成21年合格祈願乗車券」が、
去る12月16日より発売されています。

写真に示すように、車急式のように各運賃帯の往復運賃が
設定されており、最下段は「全線往復1190円」となっています。

パッと見では判りづらいんですが、社紋が地紋として
印刷されています(現物でも判りづらい・・・汗)。

発行駅名はハンコ押しなので、どの有人駅(中央前橋、大胡、赤城、西桐生)で
買っても同じです。

上毛電気鉄道のHPによると、「今年も・・・」と記載されており、
毎年発売されているようです(知らなかった〜)。

また、「乗車券収集家の方のために・・・」と、郵送による取り扱いもあります・・・
真のターゲットは、受験生ではなく、実は我々だったりして!?

posted by 僕ドラ at 19:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 北関東関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

岳南電車(旧・岳南鉄道) 全線1日フリー乗車券(追加版・その7)

毎年恒例の干支:亥年版「全線1日フリー乗車券」ですが、今年も大人のみが
発売されました。

ところが、干支を示すのが「亥」の文字のみで、例年示される「干支の絵」は
描かれていません。

○干支:亥年版
岳南電車_全線1日フリー乗車券(2019亥年。大人用)201901.jpg



−−−−−以下は、2018年1月24日に投稿した記事です−−−−−



毎年恒例の干支柄「全線1日フリー乗車券」ですが、今年は大人のみが
発売されました。

限定ものとはいえ、やはり「小児用」はあまり売れないのでしょうか?
(懐的には助かりますが・・・(笑))

○干支柄:戌年版
岳南電車_全線1日フリー乗車券(2018戌年。大人用)201801.jpg



−−−−−以下は、2017年2月9日に投稿した記事です−−−−−



毎年恒例の干支柄「全線1日フリー乗車券」ですが、今年も大小別口座で
発売されました。

拙ブログでは、干支柄は発売当初から数シーズン分を紹介していませんが、
岳南鉄道時代を含めて、今シーズンで干支が一巡したことになります。

ただ、「小児用」が加わったのが午年からなので、大小セットでの干支一巡は
まだまだ先の話しに・・・。

○干支柄:酉年版(写真左:大人用/写真右:小児用)
岳南電車 全線1日フリー乗車券(2017年酉年。大人用).jpg 岳南電車 前線1日フリー乗車券(2017年酉年。小児用).jpg



−−−−−以下は、2016年1月24日に投稿した記事です−−−−−



毎年恒例の干支柄「全線1日フリー乗車券」ですが、今年も大小別口座で
発売されました。

昨年7月に「全線1日フリー乗車券」の料金が改訂されましたが、
その際に発券されたものと同様、地紋色が緑色から赤色に替わっています。

○干支柄:申年版(写真左:大人用/写真右:小児用)
岳南鉄道 全線1日フリー乗車券(2016年申年・大人用).jpg 岳南鉄道 全線1日フリー乗車券(2016年申年・小児用).jpg



−−−−−以下は、2015年10月13日に投稿した記事です−−−−−



去る7月1日より、平日と休日の「全線1日フリー乗車券」が統合され、
実質的には「休日用の料金値上げ」という形となりました。

これにより、「全線1日フリー乗車券」の新券が登場しました。

写真左が大人用、写真右が小児用となります。

岳南電車 全線1日フリー乗車券(大人).jpg 岳南電車 全線1日フリー乗車券(小児).jpg

また、今まで夏休みのみ販売されていた「こどもフリーパス」についても
リニューアルされ、夏休みのほか、冬休みと春休みが利用対象期間となりました。

岳南電車 夏休み・冬休み・春休み こどもフリーパス.jpg



−−−−−以下は、2015年1月22日に投稿した記事です−−−−−



毎年恒例の干支柄「全線1日フリー乗車券」ですが、今年も大小別口座で
発売されました。

昨年同様、今年も「ヘッドマーク」をデザインしたとのことです。

○干支柄:未年版(写真左:大人用/写真右:小児用)
岳南鉄道・全線1日フリー乗車券(2015年未年・大人用).jpg 岳南鉄道・全線1日フリー乗車券(2015年未年・小児用).jpg



−−−−−以下は、2014年1月に投稿した記事です(更新日付失念)−−−−−



毎年恒例の干支柄「全線1日フリー乗車券」が発売されました。

今年は「午年」ですが、午の図柄については「ヘッドマーク」をデザインしたとのことです。
また、今年は初めて?「小児用」も設備さてれいます。

○干支柄:午年版(写真左:大人用/写真右:小児用)
岳南鉄道・全線1日フリー乗車券(2014年午年・大人用).jpg 岳南鉄道・全線1日フリー乗車券(2014年午年・小児用).jpg

ところで、9月5日に投稿した「休日用全線1日フリー乗車券(大人用)」ですが、
よーく確認すると、フッターの社名が「岳南鉄道」のままのミス券だったようで、
ヘッダー・フッター共に「岳南電車」に修正されたものが出ていました。

岳南鉄道・全線1日フリー乗車券(岳南電車地紋)2.jpg

また、小児用もありましたが、こちらについては、フッターの社名が「岳南鉄道」の
ままのミス券となっています。

岳南鉄道・全線1日フリー乗車券(岳南電車地紋・小児用).jpg



−−−−−以下は、2013年9月5日に投稿した記事です−−−−−



岳南電車への社名変更後、「全線1日フリー乗車券」は社名を訂正した
状態で旧社名のものを販売していましたが、先日訪問した際、何気に
窓口氏に聞いてみたところ、写真に示す1種類のみ、社名が「岳南電車」に
なっているとのことでした。

もちろん、地紋も「新地紋」となっています。

岳南鉄道・全線1日フリー乗車券(岳南電車地紋).jpg



−−−−−以下は、2013年1月13日に投稿した記事です−−−−−
(旧タイトル:岳南鉄道 全線1日フリー乗車券(追加版・その7))



毎年恒例の干支柄「全線1日フリー乗車券」が発売されました。

今年は「巳年」ですが、巳の図柄については、富士急行で発売された
・干支イラスト入り寿駅入場券(台紙付き)
と同じものを使用しています。

岳南鉄道・全線1日フリー乗車券(2013年巳年).jpg



−−−−−以下は、2012年10月29日に投稿した記事です−−−−−



静岡朝日テレビの「ピエール瀧のしょんないTV」とのコラボ企画で、
ラッピング列車が運行されていますが、それと併せて1日フリー
乗車券が発売されています。

岳南鉄道・全線1日フリー乗車券(ピエール瀧のしょんないTV).jpg

ホームページによりますと、限定2000枚となっていましたが、
購入時点ではまだまだ余裕で買える枚数しか売れていませんでした。



−−−−−以下は、2012年9月1日に投稿した記事です−−−−−



7月20日より、「平日用」の全線1日フリー乗車券が
発売開始されました。

写真上が大人用、写真下が小児用となります。

岳南鉄道・平日用全線1日フリー乗車券(大人).jpg
岳南鉄道・平日用全線1日フリー乗車券(小児).jpg

基本的な様式は、既存の「土休日用」と同じですが、写真部分には
「岳鉄車両シリーズNo.1(小児用はNo.2)」と記されており、
今後、「土休日用」のように種類が増えていくのかもしれません・・・。



−−−−−以下は、2012年1月12日に投稿した記事です−−−−−



毎年恒例の干支柄「全線1日フリー乗車券」が発売されました。

今年は「辰年」ですが、龍の図柄については、例年ですと富士急行で
発売された「干支イラスト入り寿駅入場券」の図柄と同じモノを
使用することが多いのですが、今年は何故か上信電鉄で発売された
寿・ワンコイン1日全線フリー乗車券」と同じ図柄を採用しています。

岳南鉄道・全線1日フリー乗車券(2012年辰年).jpg



−−−−−以下は、2011年1月7日に投稿した記事です−−−−−



毎年恒例の干支柄「全線1日フリー乗車券」が発売されました。

今年は「卯年」ですが、うさぎの図柄については、富士急行で発売された
・干支イラスト入り寿駅入場券(台紙付き)
と同じものを使用しています。

岳南鉄道・全線1日フリー乗社券(2011年卯年).jpg






−−−−−以下は、2010年12月19投稿した記事です−−−−−



きのう12月18日、「電車機関車祭り」が開催されました。

そのイベントのひとつに、「機関車乗車体験教室」がありましたが、
「全線1日フリー乗車券」付きという内容で、参加者にはED501の写真が
デザインされた「機関車乗車体験参加記念」のものが配られました。

参加は「親子」となっていることから、大小別口座となっており、写真上が大人用、
写真下が小児用となります。

岳南鉄道・全線1日フリー乗車券(機関車乗車体験参加記念).jpg








ちなみに、この日は「ミステリー電車(臨時特別ダイヤ列車)」も運行され、
そちらでも参加者に「全線1日フリー乗車券」が配られましたが、
A列車では「7000形車両・新赤がえる」がデザインされた既存仕様のものでした・・・。



−−−−−以下は、2010年1月5日投稿した記事です−−−−−



毎年恒例の干支柄「全線1日フリー乗車券」が発売されました。

今年は「寅年」ですが、寅の図柄については、富士急行で発売された
・初詣記念干支イラスト入り寿駅入場券
と同じものを使用しています。

岳南鉄道・全線1日フリー乗車券(2010年寅).jpg







−−−−−以下は、2009年5月17日投稿した記事です−−−−−



結局、静岡グランシップ・トレインフェスタまで、足を伸ばしてしまいました(笑)。

もちろん目指すは岳南鉄道のブース!
そこで目にしたものは・・・写真に示す全線1日フリー乗車券でした。
写真上が大人用、写真下が小児用です。

岳南鉄道・全線1日フリー乗車券.jpg








お題目は、「グランシップ☆2009トレインフェスタ出展記念」となっています。

確か、岳南鉄道は毎年出展していると思いますが、なぜ今年だけ「記念」としているのか???

まあ、どこぞの会社のように「小動物」「乳幼児」を対象とした
きっぷを出していない点は、今後も継続してもらいたいものですが、
そろそろ、GNR地紋で「未発売の無人駅発の乗車券」を
出してくれないかなぁ・・・と思うところです。
posted by 僕ドラ at 20:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

湘南モノレール 平成最後の干支スタンプ記念入場券

1月1日午前0時から発売開始された、湘南モノレールの「平成最後の
干支スタンプ記念入場券」です。

有人駅である大船駅と湘南江の島駅で、それぞれデザインが異なっています。

湘南モノレール_平成最後の干支スタンプ記念入場券(大船駅)201901.jpg 湘南モノレール_平成最後の干支スタンプ記念入場券(湘南江の島駅)201901.jpg

今回は夜更かしをして、1日の午前2時頃に購入しましたが、両駅とも
既に数10枚が売れていました。

このところ、湘南モノレールでは硬券入場券を販売するケースが増えていますが、
「干支柄」は、是非シリーズ化して欲しいと思います。
posted by 僕ドラ at 20:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 記念もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

京浜急行電鉄 みうら元旦号乗車記念 三浦海岸駅普通入場券(追加版)

今年の元旦に運行された「みうら元旦号」でも、昨年同様、「みうら元旦号
乗車記念・三浦海岸駅普通入場券」が配布されました。

京浜急行電鉄_みうら元旦号乗車記念_三浦海岸駅普通入場券201901.jpg


−−−−−以下は、2018年1月28日に投稿した記事です−−−−−



元旦に「京急川崎→三浦海岸」間で運行された「みうら元旦号」の乗車記念品の
ひとつである「みうら元旦号乗車記念・三浦海岸駅普通入場券」です。

京浜急行電鉄_みうら元旦号乗車記念_三浦海岸駅普通入場券201801.jpg

過去販売されていた「普通入場券」とは異なり、「D型硬券」となっています。

通常、京浜急行電鉄のきっぷ類の地紋は「PJRてつどう」ですが、この入場券は
「JPRてつどう」地紋が採用されています。

「みうら元旦号」は昨年も運行されましたが、今回のような記念品はなかったので、
来年以降も続けて欲しい「記念品企画」だと思います。
posted by 僕ドラ at 20:00| 福岡 ☀| Comment(0) | 京急関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

京王電鉄 高尾山ハイキング号 乗車証・座席整理券、座席指定券

あけましておめでとうございます。
本年も「他のブログと重複しないようなネタ」を中心に投稿したいと
思いますので、よろしくお願いいたします。

さて、新年一つ目のネタは「京王電鉄」から・・・。

昨年12月22〜24日の3日間、「Mt.TAKAO号」に続く
臨時座席指定列車「冬の高尾山ハイキング号」と「高尾山ハイキング号」が
運行されました。

往路の「冬の高尾山ハイキング号」は事前申し込みによる座席指定、
復路の「高尾山ハイキング号」は、高尾山口駅での座席指定券販売と
なっていました。

いずれの便も、「Mt.TAKAO号」同様にマルス券サイズの
「常備券」で、地紋も「高雄号のヘッドマーク」でしたが、地紋色は
「山吹色」でした。

○高尾山ハイキング号 乗車証・座席整理券、座席指定券
京王電鉄_高尾山ハイキング号_乗車証・座席整理券201812.jpg 京王電鉄_高尾山ハイキング号_座席指定券201812.jpg

乗車記念として、「木目調のカード」も配布されましたが、
車内での配布ではなく、往路は乗車前の受付時、復路は座席指定券
購入時にそれぞれ配布されていました。

○2018冬 臨時座席指定列車 冬の高尾山ハイキング号 乗車記念カード
京王電鉄_2018冬_臨時座席指定列車_冬の高尾山ハイキング号_乗車記念カード201812.jpg

また、往路の「冬の高尾山ハイキング号」では、受付時に
「トレーディングカード」も配布されました。

○冬の高尾山ハイキング号 乗車記念トレーディングカード
京王電鉄_冬の高尾山ハイキング号_乗車記念トレーディングカード201812.jpg

この時期の高尾山山頂では「ダイヤモンド富士」が見ごろらしく、
それに併せた運行だったようですが、乗車した12月22日の
天候は今一つで、「ダイヤモンド富士」はトレーディングカードの
写真で我慢しました・・・(笑)。

ところで、紅葉の時期と比べると、明らかに観光客は少なく、
往路に自分が乗車した車両の乗客は「1桁台」という少なさで、
復路も近いものがありました。

来年の運行は、微妙な気がします・・・。



−−−−−以下は、2018年11月28日に投稿した記事です−−−−−
(旧タイトル:京王電鉄 Mt.TAKAO号 座席指定券(京王ライナー 座席指定券、車内補充券))



11月10日から25日までの土休日7日間と平日2日間に、
高尾山口発新宿行きのノンストップ列車「Mt.TAKAO号」が
運行されました。

京王ライナーと同じ「5000系」車両が使用され、座席指定券に
ついては運行日の午前7時〜各列車発車5分前に、「高尾山口駅
のみで販売」となっており、京王ライナーのようにWeb上での
販売はありませんでした。

ということは、「何かしら期待出来るかもしれない・・・」と
思ったのは、言うまでもありません(笑)。

その結果、座席指定券はマルス券サイズの「常備券」で、自動
券売機で発券される京王ライナーの座席指定券に似せたレイアウトと
なっており、京王ライナーのロゴ部分は、「5000系」車両の
イラストに換わっていました。

また、地紋については、かつて運行されていた「高尾号」のヘッド
マークがデザインされており、Mt.TAKAO2号が「水色」、
同4号が「黄緑色」となっていました。

○Mt.TAKAO号 座席指定券(写真左:2号/写真右:4号)
京王電鉄_Mt.TAKAO2号_座席指定券(座席番号常備)201811.jpg 京王電鉄_Mt.TAKAO4号_座席指定券(座席番号常備)201811.jpg

ところで、上の「常備券」とは別に、「号車番号」「座席番号」が
手書きで記載されている「補充式」ものがネット上で見つかりましたが、
全て「常備券」と思っていただけに、大きな謎・・・当初は乗車予定は
ありませんでしたが、3連休初日の11月23日だけ時間が取れたので、
再度、高尾山口駅へ出向きました。

この日は午後1時過ぎに高尾山口駅に到着しましたが、既に、
2便とも「完売」・・・改札口横の窓口にいる駅員さんに尋ねても、
「空席なし」とのことで、まさかの展開が待っていました(泣)。

ところが、その直後に「購入済みの座席指定券をキャンセルする人」が
いたため、それの購入可否を尋ねてみると「購入可能」とのことで、
手にした座席指定券が下の写真の「Mt.TAKAO2号」分でした。

また、時間を置いて再度尋ねたところ、「Mt.TAKAO4号」でも
キャンセルが出ていたようで、2便とも購入出来ました。

いずれの便も、「号車番号」「座席番号」が手書きで記載されている
「補充式」の座席指定券となっていました。

○Mt.TAKAO号 座席指定券(号車&座席番号補充式。写真左:2号/写真右:4号)
京王電鉄_Mt.TAKAO2号_座席指定券(座席番号補充)201811.jpg 京王電鉄_Mt.TAKAO4号_座席指定券(座席番号補充)201811.jpg

ここからは推測ですが、「号車番号」「座席番号」が手書きで記載
されている「補充式」の座席指定券は、キャンセル分を再度販売する
際に使用する様式のようです。

キャンセルで戻入された座席指定券をそのまま転用しても良さそうですが、
それをそのまま販売してしまうと、「キャンセル時の手数料」分の
計算が合わなくなるため、キャンセルで戻入された座席指定券は
転用せず、新たに発券しているものと考えられます。
※キャンセル時の手数料は、京王ライナーと同じ100円でした。

乗車特典としては、車内では「木目調のオリジナル乗車記念カード」が
配布されました。

○2018秋 臨時座席指定列車 Mt.TAKAO号 乗車記念カード
京王電鉄_2018秋_臨時座席指定列車_Mt.TAKAO号_乗車記念カード201811.jpg

ちなみに、自動券売機で発券される京王ライナーの座席指定券は、
こちらになります。

○京王ライナー 座席指定券
京王電鉄_京王ライナー9号_座席指定券201802.jpg

京王ライナーでは、座席指定券を所持していない乗客に対し、
「車内発売料金」で車内補充券を販売していますが、
Mt.TAKAO号の場合、各号車毎に乗車口を1か所に限定し、
乗車の際に座席指定券を確認していたので、恐らく車内での販売は
なかったと思われます。

写真は、京王ライナーの車内補充券となります。

○京王ライナー 車内補充券
京王電鉄_車内補充券(京王ライナー)201802.jpg
posted by 僕ドラ at 10:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 常備券(硬券、軟券) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月31日

手紙社 かみはくスキップきっぷ(紙博 in 福岡)

去る12月15〜16日の2日間、福岡市博多区の南近代ビルにて、
「紙博 in 福岡」が開催されました。

詳細な開催内容については割愛しますが、入場の際に発券される
入場券が、マルス券を模したデザインとなっており、入場日毎に
地紋色も異なっていました。

写真左から右へ「12月15日用」「12月16日用」「裏面(各日
共通)」となります。

手紙社_かみはくスキップきっぷ(福岡12月15日)201812.jpg 手紙社_かみはくスキップきっぷ(福岡12月16日)201812.jpg 手紙社_かみはくスキップきっぷ(福岡・裏面)201812.jpg

券面右下に「発券:Kumpel」と記されており、マルス券を
模したデザインも納得ですが、残念ながらKumpelは今回は
不参加だったため、次回開催時は是非とも参加願いたいところです。

今年一年、多くの方々にアクセスいただき、どうもありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
posted by 僕ドラ at 20:00| 福岡 ☔| Comment(0) | 施設入場券、入館券、アトラクション券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

西日本鉄道 遅延証明書

西日本鉄道の遅延証明書です。

駅名(日付)については補充式で、一体型のハンコ押しとなっています。

西日本鉄道_遅延証明書201812.jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 福岡 ☔| Comment(0) | 証明書、乗車証、乗車票、調査票、整理券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

西鉄バス 西鉄バス乗車券(自動券売機)

以前買った自動券売機券と「どこか違和感があるなぁ・・・」と思いながら
見比べたところ、券紙の「地紋」配列が替わっていました。

「Nishitetsu」CI地紋に変わりありませんが、今までと比べて
半分程度に間引かれており、また、「N」の上下に飛び出している部分がありません。

旧券購入時より1年半以上経過しており、今となってはどのタイミングで
替わったのかはわかりませんが・・・。

写真左が旧券、写真右が現行券となります。

西鉄バス_西鉄バス乗車券(自動券売機)201704.jpg 西鉄バス_西鉄バス乗車券(自動券売機)201812.jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 福岡 ☔| Comment(0) | 端末券、券売機券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする