2009年08月13日

富士急行 富士登山電車・着席券

去る8月9日より、富士登山電車が運行開始しました。
毎週水、木曜日を除き、大月〜河口湖間を毎日3往復(11月1日までは、
季節列車を含めて4往復)運転されています。

2両編成で構成され、外観は「さび朱色」と開業当時の「モ1号」に合わせているそうです。
また、1号車を赤富士、2号車を青富士と称し、内装はそれぞれの色に
合わせた「レトロモダン調」となっています。
(詳細は、同社ホームページで確認してください)

このうち1号車が「着席券車両」となっています(季節、時間帯により、
全て着席券車両または自由席車両となる場合あり)。
という訳で、「着席券」がどのようなものか、運行開始初日の9日に現地訪問してきました。

富士急行・富士登山電車着席券.jpg






写真に示すのが、富士登山電車の着席券(表・裏)です。

大きさはマルス券サイズで、発行駅が「補充」であることからもわかるように、
当日発売を行う大月、下吉田、富士吉田、富士急ハイランド、河口湖の各駅と、
車内売りとも、全く同じものが使用されていました(写真は、車内売りのものです)。
posted by 僕ドラ at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 箱根・伊豆・富士関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

しなの鉄道 自転車持ち込み切符「チャリ券」


しなの鉄道・自転車持ち込み切符「チャリ券」.jpgきのう8月1日より9日までの間、「サイクルトレイン運転!!」と
ホームページに告知が載っており、その告知の中に「チャリ券」なる
何とも怪しい文言が・・・。

これは何かあるに違いないと、運転初日の8月1日に、現地訪問
してきました。

その結果、写真のようなきっぷが準備されていました。

見てのとおり、モロ「荷札仕様」です!
しかしながら、しっかりと「しなの鉄道地紋」が入っており、収集欲を掻き立てられます。

乗車区間のうち「軽井沢」が印刷済みであり、もしかして乗車駅毎に「発駅常備」か・・・?と
思われましたが、車内売りを含めて、いずれも写真に示すもののみでした(残念)。

「軽井沢を全くかすらない乗下車も存在する」はずですが・・・謎です!?
posted by 僕ドラ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 信州関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする