2011年01月16日

戸田市コミュニティバスtoco 乗継ぎ券、回数乗車券、1日乗車券(追加版)

早速の追加版です(笑)。

実はきょう1月16日より東循環が再編され、新たに「喜沢循環」と「川岸循環」が
誕生しました。

という訳で、新しくなる(と思われる)乗継ぎ券を確認してきました。

戸田市コミュニティバスtoco・乗継ぎ券2.jpg



写真左が喜沢循環、写真右が川岸循環の各路線発券の乗継ぎ券となります。

喜沢循環のものは旧東循環の橙色を継承し、川岸循環は新たに赤色が採用されました。



(以下は、2011年1月12日投稿の記事です)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



埼玉県戸田市に、tocoというコミュニティバスが走っています。

運行は国際興業と埼京タクシーの2社が受託しており、嬉しいことに、
各路線との乗り継ぎ制度があるので、乗継ぎ券が存在します。

詳しい乗り継ぎ方法などについては、戸田市公式Webサイトをご覧いただくとして、
早速、乗継ぎ券を紹介したいと思います。

全部で4路線ありますが、国際興業バスからtocoへの乗り継ぎも可能なことから、
乗継ぎ券は5種類あります。
※tocoから国際興業バスへの乗り継ぎ制度はありません。

戸田市コミュニティバスtoco・乗継ぎ券.jpg




写真上段左から右へ美笹循環、南西循環、西循環の各路線発券の乗継ぎ券、
写真下段左から右へ東循環路線発券、国際興業バス発券の乗継ぎ券となります。

いずれも無地紋ですが、国際興業バス発券分を除いて、それぞれの路線カラーと
乗継ぎ券の色を合わせています。

この他に、回数乗車券と1日乗車券があり、それぞれ写真のような券面と
なっています。

戸田市コミュニティバスtoco・回数乗車券.jpg戸田市コミュニティバスtoco・1日乗車券.jpg





写真左が回数乗車券、写真右が1日乗車券です。
posted by 僕ドラ at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗継券・乗換券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

秩父鉄道 長瀞プチたびきっぷ(追加版)

御花畑駅発行の小児券が、大人券同様、「3000系」車両のイラストが
削除されたものに替わりました。
これに伴い、「発行駅名、乗車駅名常備」となりました。

秩父鉄道・長瀞プチたびきっぷ(御花畑駅常備券).jpg







(以下は、2010年1月17日投稿の記事です)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



発売駅から長瀞駅までの往復乗車券と関連施設の割引券がセットになった
企画乗車券です。

ただ、発売駅が限定されており、羽生、熊谷、寄居、御花畑の4駅のみとなっています。

また、発売期間も1月、6月、9月、12月の4か月間のみで、その他の月は
「長瀞ファミリー乗車券」という「割引率の低い(汗)」企画乗車券となります。

たまたま乗っていた列車の車内で、このきっぷを手にした乗客がいたのですが、
「ん?」と思い、発売各駅で確認したところ、発売駅により、微妙にデザインが
異なっていることがわかりました。

写真左列の黄色地紋は大人用、写真右列の桃色地紋は小児用です。
※同一デザインの駅は除いています。

秩父鉄道・長瀞プチたびきっぷ(大人用).jpg秩父鉄道・長瀞プチたびきっぷ(小児用).jpg









恐らく「印刷時期」によりデザインが替わっていると思われますが、写真は、
上から下へ「古い→新しい」と思われる順に並べています。

大人用はいずれも「発行駅名、乗車駅名常備」ですが、小児用の御花畑、寄居各駅発は
「発行駅名なし、乗車駅名補充」だったり、大人用の最新版からは「3000系」車両の
イラストが削除されているなど、見比べると面白いものがあります。

posted by 僕ドラ at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする