2011年05月31日

京浜急行電鉄 京急ファミリーきっぷ

5月29日より6月30日までの期間限定で、「京急ファミリーきっぷ」が
発売されています。

きっぷの名称に「ファミリー」と記されているように、「家族構成の単位」
つまり「大人+こども」の組合せでのみ使用可能となっています。

残念ながら、現時点では「使用資格のない身」ではありますが、購入については
特に問題ないようなので、思い切って全6口座を買ってしまった次第です(笑)。

京浜急行電鉄・京急ファミリーきっぷ1.jpg 京浜急行電鉄・京急ファミリーきっぷ2.jpg

写真左列上から下へ、
・大人1名+こども1名
・大人1名+こども2名
・大人1名+こども3名
写真右列上から下へ、
・大人2名+こども1名
・大人2名+こども2名
・大人3名+こども1名
のきっぷとなります。

地紋は、昨年末の企画乗車券から採用されている「新地紋」で、
かつ地紋色も赤、紺、緑、紫、茶、青と、全てが異なっています。

1種類の券面に大人とこどもの人数を記入するような様式であれば
よかったんですが、今回も非常に「懐の痛い思い」をしてしまいました(泣)。
posted by 僕ドラ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 京急関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

日光市営バス 日光市営バス乗車券(追加版)

久しぶりに、鬼怒川温泉駅ツーリストセンターで発売している
「日光市営バス」の乗車券を購入してみたところ、4年ほど前に
購入したものと比較して、一部仕様変更がなされていました。

写真上が「着停留所名補充式」、写真下が「着停留所名:女夫渕常備」のものです。

日光市営バス・日光市営バス乗車券2.jpg

変更点は次のとおりです。
・地紋が無くなった。
・印刷色が券番を含めて青一色となった(上一桁だけ表示しています)。
・「着停留所名補充式」の停留所名記入欄が、右端縦→左下横となった。

券番から察すると、今回の仕様変更はそんな遠い昔ではないようです。

ちなみに、「着停留所名常備」のものは今回紹介している「女夫渕」のみ、
それも「大人のみ」対応で、小児の場合は「着停留所名補充式」での
対応となるようです。



(以下は、2007年4月16日投稿の記事です)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



昨年の市町村合併により、新たに「日光市営バス」となった旧「栗山村営バス」の、
鬼怒川温泉駅ツーリストセンターで発売している「補充式乗車券」の新券が
登場しました(写真上)。

日光市営バス乗車券.jpg

ヘッダーが「日光市営バス乗車券」となった以外、様式的な大きな変化は
ありませんが、発行所名が「東武ステーションサービス株式会社
鬼怒川温泉駅ツーリストセンター」と、フルネームで印刷されるようになりました。

しかし、新券が登場したとはいえ、全てのきっぷが変わったのではなく、
唯一「鬼怒川温泉駅〜一柳閣前」対応分(片道大人1430円)のみの変更で、
往復券などは変更ありませんでした。

また、予め、「該当運賃への入鋏」と停留所名「一柳閣前の捺印」をして
作り置きされているため、新券での他の停留所までの発売は不可能で、
「一柳閣前」以外の停留所までは旧券(栗山村営バス乗車券。
但し、「日光市自家用有償バス」の捺印あり)での発券となります(写真下)。

係の方は、「旧券がなくなるまで、あと数年はかかる」と話されていましたので、
最短運賃区間である「鬼怒川温泉駅〜川治ダムサイド(片道小児320円)」で
購入できるのは、いつになることやら!?
(ちなみに、約半年で約90枚しか売れていませんでした)

posted by 僕ドラ at 23:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 東武・野岩・会津関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

JR東日本 ありがとう!485系トレカ、ありがとう!189系トレカ

元N’EXの253系による「日光号」「きぬがわ号」のデビューが、
東日本大震災の影響により延期されていましたが、来週末の6月4日から
営業運転することが決まりました。

これに関連し、去る5月21日から6月3日までの間、JR連絡特急車内で
買い物をすると、写真に示すようなトレカをプレゼントしています。

写真上:ありがとう!485系トレカ(日光1号またはきぬがわ5号で配布)
写真下:ありがとう!189系トレカ(きぬがわ4号または日光8号で配布)

JR東日本・ありがとう485系!&ありがとう189系! 限定トレカ.jpg

各デザインとも3000枚限定で、JR車両での運転となる上記4列車限定です。

で、乗車して車内販売から買い物をしないと貰えないので、ちょっとハードルが
高いかもしれません・・・。

posted by 僕ドラ at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 記念もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

野田市まめバス 一日乗車券、乗継券

千葉県野田市を走るまめバスが、去る4月1日の運行時刻、ルート改正の際に、
従来からの「乗継券制度」を廃止し、新たに「一日乗車券」の販売を始めました。

写真上が一日乗車券の大人用、写真下が同小学生等用となります。
※小学生等とあるのは、障害者(と介護者等)の運賃が同額なためです。

野田市まめバス・一日乗車券.jpg

次に紹介する乗継券のデザインと似ており、大小で地の緑色の濃淡を変えています。

そして、こちらが3月31日で廃止となった乗継券です。

野田市まめバス・乗り継ぎ券1.jpg 野田市まめバス・乗り継ぎ券2.jpg

一日乗車券同様に地紋は入っていませんが、ルート毎に色が異なっていました。
収集欲を掻き立てられるものだっただけに、設備廃止は残念でなりません・・・。
posted by 僕ドラ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

横芝光町町内循環バス 乗継券

千葉県の横芝光町町内を循環する町内循環バス「公共施設循環」「循環よこしば号」
「循環ひかり号」の乗継券です。

写真上が「公共施設循環→循環よこしば号、循環ひかり号」、写真下が
「循環よこしば号、循環ひかり号→公共施設循環」への乗継券となります。

横芝光町町内循環バス・乗継券.jpg

色違いとなっており、「当日限り有効」となっていることから、もしかすると
日によって色が入れ替わるのかもしれませんが、今回は1日だけしか確認しておらず、
この点は不明です・・・。
posted by 僕ドラ at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗継券・乗換券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする