2011年09月30日

京成電鉄、他 葛飾柴又寅さん記念館入館券

京成電鉄の主要駅では、「葛飾柴又寅さん記念館」入館券の
前売り券を発売していることは、ご存じのことと思われます。

写真上が一般用、写真下が小・中学生用となります。

京成電鉄・葛飾柴又寅さん記念館入館券(前売り)1.jpg

「けいせいでんてつ」地紋の常備券となっています。

ところが、先日、前売り券を購入したところ、一般用について、
「高井健一郎さんの描く寅さん」がデザインされたものを
手渡されました。

こちらが、新しい前売り券(一般用)です。

京成電鉄・葛飾柴又寅さん記念館入館券(前売り)2.jpg

よく見ると、きっぷの部分はハンコ押しとなっています。

それでは、現地発売のものはどんなものかと、寅さん記念館初訪問を兼ねて
確認してきました。

写真左が窓口発売の児童・生徒用、写真右が券売機発券となります。

葛飾柴又寅さん記念館入館券(児童・生徒/窓口).jpg 葛飾柴又寅さん記念館入館券(児童・生徒/券売機).jpg

今回手にした前売り券は、現地発売のものに類似したものでした。

一般人には「高井健一郎さんの描く寅さん」がデザインされた半券が
残る方が受けると思われますが、個人的には「けいせいでんてつ」地紋の
常備券の方が・・・絶滅危惧種なのは確かです。

2011年09月20日

IGRいわて銀河鉄道、岩手県交通 滝沢村ゆいきっぷ

川前・巣子地区⇔滝沢村役場・滝沢ふるさと交流館を結ぶ、
列車とバスの乗車券がセットになった乗り放題きっぷ
「滝沢村ゆいきっぷ」です。

IGR&岩手県交通・滝沢村ゆいきっぷ.jpg

フリー区間は、次のとおりです。
・IGRいわて銀河鉄道:滝沢駅・巣子駅⇔青山駅
・岩手県交通:県営体育館前⇔滝沢村役場・滝沢ふるさと交流館

大人700円のみの料金設定ですが、IGRの運賃を考えると、
かなり破格な設定ではないかと思われます。
posted by 僕ドラ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

盛岡都心循環バス でんでんむし号一日乗車券

盛岡市内中心部で運行されているコミュニティバスである
盛岡都心循環バス「でんでんむし号」の一日乗車券です。

岩手県交通・盛岡都心循環バスでんでんむし号 一日乗車券.jpg

愛称にある「でんでんむし」がデザインされています。

運行会社は岩手県交通ですが、券面には特に記載はありません。

1乗車100円(小児50円)なので、3回乗車でトントン、
4回以上乗車すれば元が取れる計算です。
posted by 僕ドラ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

岩手県北バス 盛岡駅前⇔盛岡大学 往復券

帰宅後、ネット検索してはじめてわかったんですが、9月11日に
盛岡大学で「平成23年度・国内旅行業務取扱管理者試験」が
行われたようで、それに伴い、このきっぷが発売されたようです。

岩手県北バス・盛岡駅前⇔盛岡大学 往復券.jpg

運賃額が記載されていませんが、往復で800円と通常の往復運賃より
割引になっているものの、この日限りのきっぷということもあり、
常備券ではなく「コピー製」でありました・・・。
posted by 僕ドラ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

南部バス LAPIADO!PASS(ラピアドゥ・パス)

八戸市内のラピア〜ピアドゥ間を1日100円で乗り放題出来る
「LAPIADO!PASS(ラピアドゥ・パス)」です。

南部バス・ラピアドゥパス.jpg

対象となる停留所が8か所と少ないのですが、この範囲には
ラピアとピアドゥの他、ジェームス、ニトリ、税務署、職安などが
あるようで、これら相互間の移動も推奨しているようです。

ただ、このきっぷを取り扱っているのがラピアとピアドゥにある
販売所のみなので、ラピアとピアドゥ以外に移動する際にも、
一旦、ラピアもしくはピアドゥまできっぷを買いに出向く
必要があります・・・。
posted by 僕ドラ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

八戸市交通部、南部バス 金パス10(きんぱすてん)

9月30日までの限定、毎週金曜日の午前10時以降の降車で、
八戸市内の路線バス全線が乗り放題となるフリー乗車券、
「金パス10(きんぱすてん)」です。

去る3月1日に発売開始されたものですが、直後に東日本大震災も
発生したため、八戸まで足を伸ばすタイミングを逸し、終了直前に
やっと現地まで出向き、入手した次第です。

八戸市交通部&南部バス・金パス10.jpg

写真では、表裏両面を示しています。

上半分を見た限りでは、極一般的なフリー乗車券のようですが、
下半分を見ると・・・「整理カード」なるものが5枚付いています。

下車する際、この「整理カード」を切り取って運賃箱へ投入するように
記されていますが、コレが無くなっても乗車可能とのことです。
※「整理カード」による「利用状況調査」が目的かも?

ちなみに、大小共通のため、小児用には「○小」のハンコが押されています。
posted by 僕ドラ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

福島交通 リムジンバス 郡山駅前〜福島空港 乗車券、専用回数乗車券

福島交通が運行するリムジンバス「郡山〜福島空港線」にも、
専用の乗車券と2枚綴り回数乗車券が設備されています。

○リムジンバス乗車券
福島交通・リムジンバス 郡山駅前〜福島空港 乗車券.jpg

○専用回数乗車券
福島交通・リムジンバス 郡山駅前〜福島空港 専用回数乗車券.jpg

様式は、他の路線と同様ですが、
・乗車券、専用回数乗車券双方の大人用には英語表記がある。
・専用回数乗車券には地紋がない。
・専用回数乗車券の割引率が極端に低い。
などの相違点が見られます。

特に、割引率は約2.8%という驚異的な低さ・・・利用客数との関係も
あるのでしょうか???
posted by 僕ドラ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

会津乗合自動車&福島交通 会津若松⇔福島空港 片道乗継乗車券

会津若松〜福島空港間を郡山駅乗り継ぎで使用出来る企画乗車券です。

写真上が大人用、写真下が小人用となります。

会津乗合自動車、他・会津若松〜福島空港 片道乗継乗車券.jpg

乗継乗車券の適用区間は下記のとおりで、高速バス:会津若松〜郡山〜
いわき線のうち、郡山〜いわき間は適用外となっています。
・高速バス:会津若松〜郡山駅間
・空港リムジンバス:郡山駅〜福島空港間

また、販売場所は、
・福島交通:福島空港国内線到着口案内所
・会津乗合自動車:若松駅前ターミナル、神明通り案内所
となっており、高速バス乗車券に記載されている「新常磐交通」での
取り扱いはないようです。

写真のきっぷは福島空港にて購入しましたが、「あいづのりあいじどうしゃ」地紋と
なっていることから、調製会社は会津乗合自動車と思われます。
posted by 僕ドラ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

東武鉄道 乗降車駅証明証

東武鉄道の伊勢崎線や日光線などの無人駅には、乗降車駅証明証「発行機」が
設置されていますが、写真に示す乗降車駅証明証は、日光線の某「有人駅」に
設備されているものです。

東武鉄道・乗降車駅証明証.jpg

どうも、去る7月1日より、一部の駅で「駅員配置時間」が短縮されたようで、
駅員不在時間には「券売機も使用不可」と案内に記されており、その対応として
設備されたもののようです・・・。
posted by 僕ドラ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東武・野岩・会津関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする