2011年10月30日

京成バス 乗り継ぎ券

松戸営業所担当の流山おおたかの森駅発着3路線にて、去る9月1日より
「流山おおたかの森駅」または「西初石交差点」を乗り継ぎ停留所とする
「乗り継ぎ割引」が始まりました。

恐らく「乗り継ぎ券」が発行されるだろう…と思い、「乗り継ぎ割引」の
開始早々に現地訪問し、確認して来ました。

その結果、写真に示す3種類の乗り継ぎ券が確認出来ましたが、残念ながら
色紙を使用したコピー製でありました…。

京成バス・乗り継ぎ券.jpg
posted by 僕ドラ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗継券・乗換券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

東武トラベル 二社一寺共通拝観券引換券

東武日光駅構内にある「東武トラベル・東武日光駅ツーリスト
センター」では、「二社一寺共通拝観券引換券」を同社の
「観光バウチャー券」で対応していましたが、先日、何気なく
カウンターを覗いてみたところ、写真に示すような常備券での
対応になっていました。

写真上から下へ、大人用、高校生用、小・中学生用となります。

東武トラベル・二社一寺共通拝観券引換券.jpg

「観光バウチャー券」時代は、オリジナル地紋の入った
券紙でしたが、常備券化後は、無地紋色紙となってしまい、
ちょっと残念・・・まあ、多くの観光客を捌くには、
常備券化は致し方ありません(泣)。

ただ、料金別に色違いとなっているため、結果的に3種類を
揃えることになってしまいました・・・(笑)。

「二社一寺共通拝観券引換券」は、「鬼怒川温泉駅ツーリスト
センター」でも取り扱っていたと思いますが、こちらの状況は、
そのうち確認しに行こうと思っています・・・。


posted by 僕ドラ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東武・野岩・会津関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

東武鉄道 浅草駅80周年記念乗車券セット&ストラップ

10月20日に、東武浅草駅80周年を記念して、記念乗車券セットと
ストラップが発売されました。

写真左が記念乗車券セット、写真右がストラップになります。

東武鉄道・浅草駅80周年記念乗車券セット.jpg 東武鉄道・浅草駅80周年記念ストラップ.jpg

記念乗車券は、B型硬券2枚セットとなっていますが、いつもの
金額式ではなく、今回は「地図式」が採用されました。

一方のストラップは、プラスチック製のケースに収められていますが、
こちらもB型硬券が採用されています。

プラスチック製のケースに収められたきっぷ…一世を風靡した
「愛国から幸福ゆき」のキーホルダーを思い出す方も多いのでは?
歳がバレますね(笑)。

発売当日の夜8時過ぎに購入しましたが、ストラップの方が記念乗車券より
700個も多く売れていました(驚)。

どうやら、一般人には「ストラップ」の方が人気があったようです。
価格も300円とお手頃でしたしね。
posted by 僕ドラ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東武・野岩・会津関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

京浜急行電鉄 遅延証明書

10月21日の羽田空港国際線ターミナル駅開業1周年の当日、
早朝の成田スカイアクセス線内にて信号トラブルが発生し、
その余波で、京急線内のダイヤが乱れました。

ちょうど、羽田空港国際線ターミナル駅に記念切符を買いに行った
時間と重なったため、遅延証明書を入手出来ました。

写真左が羽田空港国際線ターミナル駅、写真右が羽田空港国内線
ターミナル駅でそれぞれ発行されたものです。

京浜急行電鉄・遅延証明書.jpg

羽田空港国際線ターミナル駅発行のものは、駅名が補充式となって
いますが、羽田空港国内線ターミナル駅発行のものは常備式…とは
いうものの、駅名が旧駅名の羽田空港駅が示されていました。
posted by 僕ドラ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 京急関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

京浜急行電鉄 羽田空港国際線ターミナル駅開業1周年記念切符

10月21日の羽田空港国際線ターミナル駅開業1周年にあたり、
京浜急行電鉄でも記念切符の発売がありました。

写真左が台紙の外側、写真右が台紙の内側ときっぷになります。

京浜急行電鉄・羽田空港国際線ターミナル駅開業1周年記念切符1.jpg 京浜急行電鉄・羽田空港国際線ターミナル駅開業1周年記念切符2.jpg
※編集の関係で、実物よりサイズが小さくなっています。

D型硬券5枚セットで、開業記念時と異なり、乗車券のみとなっています。

また、駅や車内の告知写真では、磁気券のようなピンク色地紋でしたが、
実際に手にしたものは、かつて発売されていたB型硬券同様、茶褐色地紋の
「PJRてつどう」となっていました。

発売当日の午前8時過ぎに羽田空港国際線ターミナル駅に到着しましたが、
手にしたきっぷの券番はまだ二桁台…マジ売れていない(汗)。

きっぷの購入層が去る9日の「たまゆら」とは異なるとはいえ、あまりにも
差がありすぎる…出来上がりはいいんですが、個人的には販売価格を
もう少し下げた方がよかったのではないかと思います。
posted by 僕ドラ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 京急関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする