2012年05月31日

大韓民国 韓国スマートカード ハンクミカード(大田広域市)

韓国スマートカードが発行する「ハンクミカード(大田広域市)」です。

写真上から下へ、一般用、青少年用、小児用となります。

韓国スマートカード・ハンクミカード(大田).jpg

以前は、大田広域市の都市鉄道とバスのみに使用可能だった記憶が
ありますが、今回手にしたものには、「Tマネー」のマークも
表示されています。

ネットで検索してみると、昨年2月頃より、「Tマネー」との
相互利用が開始されたようです。
posted by 僕ドラ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外:大韓民国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

京浜急行電鉄 京急&東京スカイツリー(R)周辺散策フリーきっぷ(追加版)

東京スカイツリー開業に伴い、発売額が変更されたことに加え、
券面も微妙にリニューアルされました。

写真上が大人用、写真下が小児用です。

京浜急行電鉄・京急&とうきょうスカイツリー(R)周辺散策フリーきっぷ2(大人用).jpg

京浜急行電鉄・京急&とうきょうスカイツリー(R)周辺散策フリーきっぷ2(小児用).jpg

従来のモノとの相違点を青枠で示してありますが、東武線フリー区間に
「とうきょうスカイツリー駅」が加わり、発行日のそばに「当日限り有効」と
追記されました。



−−−−−以下は、2011年7月5日に投稿した記事です−−−−−



7月1日より発売開始されました。

京急線各駅〜都営線・押上駅または浅草駅までの往復乗車券と
東武線浅草駅〜北千住駅、曳舟駅〜押上駅、亀戸駅のフリー区間の
乗車券がセットされています。

京浜急行電鉄・京急&東京スカイツリー(R)周辺散策フリーきっぷ.jpg

写真上が大人用、写真下が小児用となります。

施設関係のクーポン等が無いことから、「冊子型クーポン」ではなく
京急開運フリーきっぷ」や「野毛通きっぷ」のような「1枚もの」ですが、
長さ方向が3cm程度短くなっています。

例の如く、地紋は「新地紋」が採用されています。
posted by 僕ドラ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 京急関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

JR東海 山北駅 乗車券

去る3月17日のダイヤ改正において無人化された山北駅ですが、
きょう5月26日より、旧国鉄OBらで作るNPO法人等が受託し、
きっぷの販売が再開されました。

早速、現地訪問したところ・・・松田駅のマルス端末にて出された
120mm券による対応となっていました。

写真は、実際に使用した「山北→松田」の大人片道乗車券です。

JR東海・山北駅乗車券.jpg
posted by 僕ドラ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 端末券、券売機券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

大韓民国 KORAIL観光開発 蒸気機関車乗車券

「谷城(コクソン)蟾津江(ソムジンガン)汽車村」内にある
韓国鉄道公社・全羅線の旧・谷城駅〜旧・柯亭駅の線路と施設等を
利用した「蒸気機関車」の乗車券(と領収証)です。

KORAIL観光開発・蒸気機関車乗車券.jpg

以前、ソウル郊外線(ソウル駅〜議政府駅)をムグンファ号として
走っていた(本物の)蒸気機関車とは異なり、この汽車村で走っている
ものは、ベースが「ディーゼル機関車」とのことで、伊予鉄道の
「坊っちゃん列車」と同様な動力源のようです。
posted by 僕ドラ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外:大韓民国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月18日

大韓民国 水原ターミナル 水原バスターミナル乗車券

水原駅前バスターミナルの一角にある小屋で販売されているバス乗車券です。

水原ターミナル 水原バスターミナル乗車券.jpg

市外バス用乗車券で、小屋の中のアジュンマ(=おばさん)に、
「一番近い場所までのはいくら?」と尋ねたところ、出てきたのが
この1900ウォン券でした。

小屋の窓口から覗くと、他の金額券もありましたが、いずれも着停留場名は
空欄となっていました。


posted by 僕ドラ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外:大韓民国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする