2014年02月27日

中国 シンセン通 シンセン通ミニカード(ドラえもん柄)

一日票の有無を尋ねたところ「没有」と言われてしまい、それではと、
日本のSuicaやPASMOに該当する「シンセン通」の有無を尋ねると、
窓口嬢が出札窓口近くのとある方向を指差しました。

そこでは、色々な柄の「シンセン通」が売られていましたが、迷わずコチラを
購入してしまいました。

「ドラえもん柄」の「シンセン通ミニカード」で、2種類の図柄がありました。

シンセン通・シンセン通ミニカード(ドラえもん柄1).jpg シンセン通・シンセン通ミニカード(ドラえもん柄2).jpg

日本ではこのような形状のものはありませんが、韓国などでも見かける
いわゆる「アクセサリー型」のICカードです。
posted by 僕ドラ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

中国 シンセン市地鉄集団有限公司 単程票

シンセン地鉄の単程票です。
広州地鉄同様、「IC式トークン型」となっています。

写真左が表面、写真右が裏面になります(多分)。

シンセン市地鉄集団有限公司・単程票1.jpg シンセン市地鉄集団有限公司・単程票2.jpg

2014年02月24日

中国 広東省広州市国家税務局通用定額発票

広州地鉄の一日票(一日乗車券)と三日票(三日乗車券)を購入した際、
領収書を要求したところ、写真のような「広東省広州市国家税務局通用定額発票」を
手渡されました。

写真左が2元分、写真右が3元分の領収書となります。

広東省広州市国家税務局通用定額発票1.jpg 広東省広州市国家税務局通用定額発票2.jpg

一日票は20元、三日票は50元なので金額が足りませんが、一日票購入時は
2元分の領収書を10枚、三日票購入時は2元分と3元分の領収書をそれぞれ
10枚ずつ手渡され、目が点になったのは言うまでもありません・・・(笑)。

2014年02月23日

中国 広州市地下鉄道総公司 広州地鉄一日票、広州地鉄三日票

広州地鉄には、単程票の他に、一日票(一日乗車券)と三日票(三日乗車券)がありました。

写真左が一日票、写真右が三日票になります。

広州市地下鉄道総公司・広州地鉄一日票.jpg 広州市地下鉄道総公司・広州地鉄三日票.jpg

ICカードタイプとなっています。

一日票が20元、三日票が50元でしたが、有効期間は暦日単位ではなく、
それぞれ「24時間」と「72時間」となっています。

2014年02月22日

中国 広州市地下鉄道総公司 単程票

広州地鉄の単程票(片道乗車券)です。
日本以外のアジア地域で一般的な「IC式トークン型」となっています。

広州地鉄には、いわゆる一般的な「地下鉄」と新交通システムに当たる「APM線」があり、
それぞれの運賃体系が独立していることから、トークンも2種類存在します。

写真左がAPM線以外の各地下鉄路線、写真右がAPM線専用のトークンです。

広州市地下鉄道総公司・単程票1.jpg 広州市地下鉄道総公司・単程票2.jpg

2014年02月19日

中国 広深鉄路股份有限公司 広深鉄路ICカード専用乗車賃証、他

マレーシア同様、「100ドラえもん秘密道具博覧」見物だけではもったいないので、
鉄分も吸収してきました(笑)。

先ずは、広州〜シンセンを結ぶ広深鉄路の「和諧号」に乗車した際に購入した、
「シンセン〜広州東」間の東乗車券です。

広深鉄路股份有限公司・広深鉄路ICカード専用乗車賃証.jpg

窓口端末発券による紙券なんですが、券面に「IC」と書かれているように、
透かすと「ICとアンテナ」が見ることが出来ます。

非接触型の自動改札機を利用するようになっており、ネット上の情報では
「使用後は回収される」とありましたが、乗車後、改札を出る際も
そのまま持ち帰ることが出来ました。

ところで、上の写真は「復路」利用時ものなんですが、「往路」については
事前購入しておいた時間より早く駅に着いたため、「列車変更」を
申し出たところ・・・「中国鉄路」の紙券(ICなし)になってしまいました。

中国鉄路総公司・車票.jpg

ちなみに、現在、乗車券購入の際には「実名制」が導入されており、
外国人の場合はパスポートの提示が必要で、券面にもパスポート
番号が記されます。

ところが、数多くある「自動券売機」は、パスポートを読み取る
機能が付いておらず、外国人は「窓口」でしか乗車券の購入が
出来なくなっています・・・。

2014年02月13日

JR東日本 乗車駅証明書

地元のJR線の駅で、列車到着間際になっても自動券売機の列が
捌けないことから、改札口で「乗車駅証明書」を配布していたので、
もらってみました。

以前、同じ駅でもらった時には「コピー製」でしたが、これは
「調製年月」もしっかり印刷された「発行駅名常備式」となっています。

JR東日本・乗車駅証明書.jpg

大きさは、「A型より長くD型より短い」という感じです。

2014年02月11日

東武鉄道 鬼怒川みやびデビューキャンペーン

トミーテックの人気キャラクターシリーズ「鉄道むすめ」に、東武鉄道の
特急スペーシアで車掌を務めているという設定の 新キャラクター「鬼怒川みやび」が
誕生したことに伴い、「鬼怒川みやびデビューキャンペーン」が催されています。

具体的なキャンペーン内容は、東武鉄道のホームページを確認していただくとして、
ここでは、そのキャンペーンで入手出来るグッズのうち、特に「紙モノ」について
紹介したいと思います。

先ずは、記念スタンプです。

○スタンプラリー台紙
東武鉄道・鬼怒川みやびデビューキャンペーンスタンプラリー1.jpg 東武鉄道・鬼怒川みやびデビューキャンペーンスタンプラリー2.jpg

スタンプラリーが開催されており、
・特急スペーシア(但し、指定列車に限る)
・スカイツリートレイン(但し、指定列車に限る)
・鬼怒川 川治温泉観光情報センター
の3箇所でそれぞれデザインが異なります。

このうち、特急スペーシアもしくはスカイツリートレインのスタンプと、観光情報
センターの合計2箇所のスタンプを集めると、「鬼怒川みやびのクリアファイル」が
もらえます(写真省略)。

また、3箇所全てのスタンプを集めると、限定グッズ等がもらえる抽選に参加出来ますが、
参加賞となるポストカードは、抽選会場によりデザインが異なっています。

○ポストカード(写真左:ツーリストプラザ発行/写真右:観光情報センター発行)
東武鉄道・鬼怒川みやびデビューキャンペーンポストカード1.jpg 東武鉄道・鬼怒川みやびデビューキャンペーンポストカード2.jpg

一方、鬼怒川みやびの設定は「特急スペーシアの車掌」なんですが、
記念乗車証については何故か「スカイツリートレイン」車内での配布となっています。
※コンシェルジュのおねーさんに「合言葉」を言う必要があります。

一応、「硬券仕様」となっており、裏面記載の券番は「038B」となっています。

○記念乗車証
東武鉄道・鬼怒川みやびデビューキャンペーン記念乗車証.jpg

この他、特急列車の車内販売で、Suica、PASMOなどのICカードで決済すると、
オリジナルカードがもらえます。

○オリジナルカード
東武鉄道・鬼怒川みやびデビューキャンペーントレーディングカード.jpg

今回のキャンペーンは「第1弾」とのことで、引き続き「第2弾」「第3弾」が
企画されています。
posted by 僕ドラ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東武・野岩・会津関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

東京急行電鉄 東急東横線・みなとみらい線 相互直通運転開始10周年記念乗車券

一方、東急電鉄の方では、みなとみらい線との「相互直通運転開始10周年」として、
記念乗車券が発売されました。

東京急行電鉄・相互直通運転開始10周年記念乗車券1.jpg 東京急行電鉄・相互直通運転開始10周年記念乗車券2.jpg

こちらについては「D型硬券」2枚セットでの発売で、限定1000セットに対して
私が横浜駅で購入した際の券番は残り10数セット!?
「あと2、3分、横浜駅に着くのが遅かったら・・・」と、冷や汗モノでした。
posted by 僕ドラ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 記念もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

横浜高速鉄道 みなとみらい線開通10周年記念乗車券

早いもので、みなとみらい線が開通して10周年ということで、2月1日より
記念乗車券が発売開始されました。

昨年10月の「横浜えきまつり」の際には「D型硬券」でしたが、今回のものは
硬券ではないものの、乗車券部分は、自動券売機の磁気券では絶滅種となった
「○M地紋」となっています。

横浜高速鉄道・みなとみらい線開通10周年記念乗車券.jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする