2014年04月29日

西武鉄道 往復割引乗車券

西武鉄道の「往復割引乗車券」です。
同社のホームページ上の告知では、「おとなりきっぷ」と称していますが、
券面にはそのような文言はありません。

西武鉄道・往復割引乗車券.jpg

補充券様式で、券面左側にある「断片の有無」で大小を区別しています。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 補充券(硬券、軟券) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月27日

東京急行電鉄 初乗り2枚きっぷ

東京急行電鉄の「初乗り2枚きっぷ」です。

A型磁気券2枚組での販売となっていますが、写真のようなポリ袋に
入った状態での販売となっていました。

東京急行電鉄・初乗り2枚きっぷ(大人).jpg 東京急行電鉄・初乗り2枚きっぷ(小児).jpg

posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 磁気式乗車券・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月25日

京成電鉄 初乗り往復割引きっぷ

京成電鉄の「初乗り往復割引きっぷ」です。

「記入式補充往復乗車券」様式ですが、地紋は「けいせいでんてつ」緑色地紋で、
同社に設備されている「記入式補充往復乗車券」同様、大小別立てとなっています。

写真左が大人用、写真右が小児用です。

京成電鉄・初乗り往復割引きっぷ(京成上野・大人).jpg 京成電鉄・初乗り往復割引きっぷ(京成上野・小児).jpg

写真のものは京成上野駅で購入していますが、初乗り運賃額が異なる「千原線」にも、
同線専用のものが設備されているそうです。
※様式自身は、「運賃額の違いだけ」だそうですが・・・。
posted by 僕ドラ at 21:00| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 補充券(硬券、軟券) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月23日

京王電鉄 初乗り往復割引きっぷ

京王電鉄の「初乗り往復割引きっぷ」です。

縦型で、「上半分がKEIO地紋、下半分が白無地」の補充券となっており、
「定期券代用証」のような様式となっています。

また、区間は「専用のハンコを押印」し、着駅に「○印」を付けるように
なっていますが、発行駅により「着駅対象数」が異なるため、
補充券とはいえ、駅毎に収集するのも面白いかもしれません。

写真左は新宿駅、写真中は下北沢駅、写真右は明大前駅でそれぞれ
購入したものですが、新宿発の着駅数3駅に対し、下北沢は13駅、
明大前発は実に「18駅」も記されています。

京王電鉄・初乗り往復割引きっぷ(新宿).jpg 京王電鉄・初乗り往復割引きっぷ(下北沢).jpg 京王電鉄・初乗り往復割引きっぷ(明大前).jpg


posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 補充券(硬券、軟券) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

京浜急行バス バス回数乗車券(追加版・その3)

金券ショップで見つけ、思わず買ってしまいました・・・(汗)。

YCAT〜横須賀西地区線の回数乗車券です。

京浜急行バス・回数乗車券(YCAT〜横須賀).jpg

額面1100円と、先に紹介したものより更に高額のものですが、偽造防止対策の
「橙色のライン」部分にも「地紋」が入っています。



−−−−−以下は、2011年5月11日に投稿した記事です−−−−−



京浜急行バス発行のものばかりですが、更に高額のものになると、
大きな社紋の「○ケ」が表面からはなくなり、「区間名(路線名)」が表記された
「専用券」となります。

京浜急行バス・バス回数乗車券3.jpg

写真上から下へ、
・横浜駅〜東扇島線(500円)
・横浜駅〜羽田空港線(560円)
・横浜駅〜台場線(800円)
となります。

このうち、「横浜駅〜東扇島線」については、川崎鶴見臨港バスとの共同運行のため、
社紋の「○ケ」に加えて、臨港バスの社紋も地紋として記されています。

そして、偽造防止対策として「橙色のライン」が入っており、「透かし」はありません。

さすがに、1冊まるごとを購入する勇気はなく、横浜駅周辺の金券ショップで
「1枚だけ」購入しました・・・(笑)。



−−−−−−以下は、2011年4月20日に投稿した記事です−−−−−



100円未満の券片の場合、先に紹介したように社紋の「○ケ」が1つのみ
表示されていますが、100円以上になると表面には「地紋」として
印刷されています。

写真左は京浜急行電鉄発行、写真右は京浜急行バス発行の、それぞれ110券円の
回数乗車券です。
上から下へ、表紙、110円券表、110円券裏となります。

京浜急行バス・バス回数乗車券2.jpg

10円券同様、京浜急行電鉄発行には「透かし」が、京浜急行バス発行には
「橙色のライン」が、それぞれ偽造防止対策として入っています。



−−−−−−以下は、2011年4月1日に投稿した記事です−−−−−



京浜急行バスの回数乗車券です。

京浜急行電鉄から分社してしばらくの間は、京浜急行「電鉄」名義の回数乗車券を
継続販売していましたが、ここ数年の間で「京浜急行バス」名義の回数乗車券が
登場し始めています。

写真左は京浜急行電鉄発行、写真右は京浜急行バス発行の、それぞれ10券円の
回数乗車券です。
上から下へ、表紙、10円券表、10円券裏となります。

京浜急行バス・バス回数乗車券.jpg








京浜急行電鉄時代のものには、(写真ではわかりませんが)京浜急行電鉄の
社紋である「○ケ」や「京浜急行」「K.H.K」が「透かし」として入っていましたが、
京浜急行バスのものには、「透かし」が入っておらず、その替わりに表面両端に
「橙色のライン」を入れて、偽造防止対策としています。
posted by 僕ドラ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 京急関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする