2014年10月29日

沖縄都市モノレール 乗車券引換券

「ドン・キホーテ」や「宮脇書店」「TOWER RECORDS」
「飲酒運転根絶キャンペーン協賛店」などで(一定額以上の)買い物や
飲食等をすると、「県庁前」「見栄橋」「牧志」の各駅にて、ゆいレールの
復路乗車券と交換することが出来る「乗車券引換券」を貰うことが出来ます。

既に、他のブログでも紹介されているネタではありますが、いずれの
ブログでも「ドン・キホーテ」発行のものを紹介しており、拙ブログでは
他店発行のものも併せて紹介したいと思います。

○ドン・キホーテ
ここは「税別2000円以上」の買い物(テナント含む)でもらうことが出来、
沖縄土産の購入で比較的入手し易い部類に入ります。
券面には、ドン・キホーテのキャラクター「ドンペン」が描かれています。

沖縄都市モノレール・乗車券引換券(ドン・キホーテ).jpg

○宮脇書店
ここは「税込1500円以上」なので、他店と比べて金額的ハードルは低いんですが、
手渡された引換券を見てちょっとガッカリ。
用紙が「普通のコピー紙」を使用しているみたいで、他店のものと異なりペラペラ!?

沖縄都市モノレール・乗車券引換券(宮脇書店).jpg

○TOWER RECORDS
ここは「税込2000円以上」ですが、ギリギリのラインで欲しいCDがなく、
結局3000円ほどの出費に・・・(汗)。
券面には、TOWER RECORDSのロゴマークが描かれています。

沖縄都市モノレール・乗車券引換券(TOWER RECORDS).jpg

○飲酒運転根絶キャンペーン協賛店(飲食店)
正直、これの入手が(今回は)一番コストがかかりました(泣)。
飲食店といっても、どちらかといえば「アルコール」が絡む店が多く、
夕飯も兼ねて飲み食いしたら、ウン千円かかってしまいました・・・。

沖縄都市モノレール・乗車券引換券(飲酒運転根絶キャンペーン協賛店).jpg

協賛店舗数は20余りあり、恐らく協賛店毎に「店名」が記載されていると
思われますが、さすがに何店も収集に・・・という訳にはいきませんでした。

この他に、「ジュンク堂書店」も配布していましたが、「税込5000円以上」と
明示されている条件としては一番ハードルが高く、こちらも収集見送りと
なりました・・・。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 証明書、乗車証、乗車票、調査票、整理券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

沖縄都市モノレール 【土日祝日限定】おでかけきっぷ

「QR乗車券」導入により、10月26日を以て制度自身が廃止となった
「【土日祝日限定】おでかけきっぷ」です。

土日祝日限定で、定期券所持者と一緒に乗車する場合に限り、区間に関係なく
合計5名まで(定期券区間外の場合、定期券所持者も含む)一人あたり
大人100円、小児50円で乗車可能な制度でした。

制度開始当時から、複写式の補充券で対応していましたが、詳細については
ゆいレールのHPでも告知されておらず、同社の制度の中でもかなり
マイナーな企画乗車券ではないかと思います。

沖縄都市モノレール・【土日祝日限定】おでかけきっぷ.jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月27日

沖縄都市モノレール 定期乗車券

「OKICA(オキカ)」の導入により、10月19日を以て取り扱いが
終了となった磁気定期券です。

「PJRてつどう地紋」などの私鉄系共通地紋だったら購入しなかったと
思いますが、「オリジナル地紋」を使用していたので、迷わず購入して
しまいました・・・。

沖縄都市モノレール・定期乗車券.jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 磁気式乗車券・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

沖縄ICカード OKICA

10月20日から使用開始となった「OKICA(オキカ)」です。

これの導入により、「定期券」と「回数券」が廃止となりました。

「無記名式」「記名式」「定期券」がありますが、今回は「記名式」で
購入しています。

ただ、残念なのは、システム開発費や運用費の負担がネックとなり、
SuicaやPASMOなど、他地域の交通系ICカードとの相互利用は
出来ないそうです。

沖縄ICカード・OKICA.jpg

報道によると、来年4月にはキーホルダー型も発売するとか。
来春に再度沖縄訪問かなぁ・・・。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | IC式乗車券・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

野岩鉄道 野岩鉄道ファンクラブ会員証、缶バッジ、優待乗車証(追加版・その3)

ファンクラブの会員証が新しいデザインになりました。

また、同送されてきた乗車証も若干様式変更があり、券面から「ファンクラブ」の
名称が消え、有効期限部分も「補充式」に戻りました。

地紋色は「緑色」ですが、初期に発行されていたものより若干鮮やかな
緑色となっています。

写真左が会員証、写真右が乗車証となります。

野岩鉄道・野岩鉄道ファンクラブ会員証(2).jpg 野岩鉄道・野岩鉄道会津鬼怒川線優待乗車証(2014).jpg



−−−−−以下は、2013年10月9日に投稿した記事です−−−−−



新しい「優待乗車証」が届きました。
今回の地紋色は「水色」となっています。

また、券面に印刷されているキャラクターが、「やがぴぃ」に替わりました。

野岩鉄道・野岩鉄道ファンクラブ優待乗車証(2013).jpg



−−−−−以下は、2012年11月7日に投稿した記事です−−−−−



野岩鉄道ファンクラブの優待乗車証の配布方法が変更となりました。

今までは、入会時に「直近の誕生日から2か月間有効」な優待乗車証が
送付され、その次の誕生日からは、「翌年の誕生日から2か月間有効」な
優待乗車証が送付されてくるという、摩訶不思議な対応となっていましたが、
やはり会員からのクレームが付いたのか? 規約を変更したとのことで、
「開業記念日の10月9日から1年間有効」の優待乗車証を今回から
送付することとなったようです。

で、送付されてきた優待乗車証は、こんな感じです。

野岩鉄道・野岩鉄道ファンクラブ優待乗車証(2012).jpg

以前のものと様式は同じですが、有効期間が記入式から常備印刷に、
また、地紋色が緑色から茶褐色となりました。



ーーーーー以下は、2010年12月24日に投稿した記事ですーーーーー



去る8月より、「野岩鉄道ファンクラブ」の会員募集が始まりました。

同社ホームページに掲載されている特典は、
・会員証発行
・入会金・年会費は無料
・入会時、会員限定缶バッジをプレゼント
・会員様へ年一回、お誕生日プレゼント
(券面記載の期間中、一回のみ乗車できる、当社線片道優待乗車証)
・会員様向けの情報配信
とあり、遅ればせながら、12月初旬に入会申込書を提出しました。

今回はこのうち、次の3点について写真を掲載したいと思います。

特記すべきは「優待乗車証」でしょうか・・・。

以前発売された「会津鬼怒川線22・2・22記念乗車券硬券セット」に
付いてきた「A型硬券」が来るのかと思いましたが、写真のように「専用券」と
なっていました(驚)。
ちなみに、券番は「会員番号」と同じでした。

正直、勿体なくて使えません・・・(笑)。

○会員証・缶バッジ・優待乗車証

野岩鉄道・野岩鉄道ファンクラブ会員証.jpg野岩鉄道・野岩鉄道ファンクラブ缶バッジ.jpg野岩鉄道・野岩鉄道ファンクラブ優待乗車証.jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東武・野岩・会津関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする