2014年11月27日

東京都交通局 都営まるごときっぷ(記念バージョン)

都営地下鉄の自動券売機で販売している「都営まるごときっぷ」は、
通常バージョンの他、枚数限定の「記念バージョン」がありますが、
去る11月15日に開催された「都営フェスタ2014in三田線」開催に
関連して、11月10日より「記念バージョン」が販売されています。

地下鉄4路線の車両がデザインされ、一部を除く各駅で該当路線の
車両をデザインしたものが販売されていますが、浅草線を除いて
「なぜこのような場面の写真が使用されたんだろうか?」と・・・。

東京都交通局・都営まるごときっぷ(浅草線).jpg 東京都交通局・都営まるごときっぷ(三田線).jpg 東京都交通局・都営まるごときっぷ(新宿線).jpg 東京都交通局・都営まるごときっぷ(大江戸線).jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 記念もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

東京都交通局 11月11日はチンアナゴの日 記念一日乗車券

すみだ水族館とタイアップし、「11月11日はチンアナゴの日」にちなんだ
特別デザインのバス一日乗車券が販売されています。
※S−1系統の他、合計9つの系統のバス車内でのみ販売。

今まで、バス車内で販売されている一日乗車券等は「紙式」と思っていましたが、
この一日乗車券は「磁気カード」となっています。

発券の際は運賃箱から出て来ましたので、どうやら「運賃箱が更新」され、
バス車内販売の一日乗車券が「磁気カード」化されたようです。

東京都交通局・11月11日はチンアナゴの日 記念一日乗車券.jpg

東京都交通局のHPによると、在庫がある間はバス車内で販売する
「都営まるごときっぷ」についても、このデザインでの販売となるそうです。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 記念もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

名古屋鉄道 車内精算券<特別車>

消費税率8%化に伴い、料金が360円に改定されたものが登場しましたが、
それに併せて「車内精算券<特別車>」と名称が変更になったことに加え、
回数券を車内で提示した場合の引換用バージョンが2種類追加されました。
※従来は、料金額が表示されているものと兼用でした。

これにより、車内で常用される「車内精算券<特別車>」は合計3種類となりました。

写真左から右へ、「現金払い時用」、「回数μ等引換用」、「時差土休μ引換用」と
なります。

名古屋鉄道・車内精算券<特別車>.jpg 名古屋鉄道・車内精算券<特別車>(回数μ等引換).jpg 名古屋鉄道・車内精算券<特別車>(時差土休μ引換).jpg



−−−−−以下は、2014年3月28日に投稿した記事です−−−−−
(旧タイトル:名古屋鉄道 精算券<特別車>、割引精算券<特別車>(追加版・その3))


半年毎に「地紋色が変わる」のかと思ったところ、昨秋あたりから出たものは、
地紋色は「黄色」のままで、一部券面レイアウトが変わったものとなりました。

名古屋鉄道・特別車精算券10(名古屋車掌計算センター).jpg 名古屋鉄道・特別車精算券01(犬山乗務区).jpg

4月1日からの消費税8%化により、料金が360円になるようなので、
恐らく「新券」が登場するものと思われます。



−−−−−以下は、2013年2月9日に投稿した記事です−−−−−




割引のない通常の「精算券<特別車>」の地紋色が、黄色から水色へと
変更されています。

名古屋鉄道・特別車精算券01−2(名古屋乗務区).jpg 名古屋鉄道・特別車精算券02−2(名古屋乗務区).jpg 名古屋鉄道・特別車精算券−1(犬山乗務区).jpg

昨年12月に購入していますが、「○名」については、既に「循環符号02」が
登場するほど券番が進んでいます。

(2013年2月10日追記)
「通行人さん」に投稿いただいたコメントによりますと、「○名」は
「名古屋乗務区」の略ではなく、「名古屋車掌計算センター」の略とのことです。
ご指摘ありがとうございました。


−−−−−以下は、2012年7月20日に投稿した記事です−−−−−



既に、コーちゃんさんのブログ「気まぐれ切符収集日誌」の記事、
名鉄・特別車おためしキャンペーン」にて紹介されており、
二番煎じになりますが・・・写真に示すものは、名古屋鉄道が
行っているキャンペーンである「特別車おためしキャンペーン」
期間中、割引券を使用した特別車の車内精算の際に発券される
「割引精算券<特別車>」です。

写真左が「名古屋乗務区」発行、写真右が「犬山乗務区」発行となります。

名古屋鉄道・特別車割引精算券(名古屋乗務区).jpg 名古屋鉄道・特別車割引精算券(犬山乗務区).jpg

タイトルに「割引」が追加され、地紋色が「赤色(桃色?)」と
なりました。

ところで、割引のない通常の「精算券<特別車>」にも、ちょっとした
変化が見られました。

券面左下には「No.×××××」と5桁の券番が記されますが、その左側に
「循環符号」らしき数字が記されるようになったようです。

去る7月14日に訪問した際に確認出来たのは写真の2種類で、
赤枠で示した箇所に、それぞれ「01(写真左)」「02(写真右)」と
記されています。
※この時点では、名古屋乗務区のみ確認。

名古屋鉄道・特別車精算券01(名古屋乗務区).jpg 名古屋鉄道・特別車精算券02(名古屋乗務区).jpg

この記事は、コーちゃんさんのブログ「気まぐれ切符収集日誌」の記事、
名鉄・特別車おためしキャンペーン」にトラックバックさせて
いただきました。



−−−−−以下は、2012年5月24日に投稿した記事です−−−−−
(旧タイトル:名古屋鉄道 精算券<特別車>)



4月6日付で名古屋鉄道のホームページに掲載された、「列車内での乗車券に
関する取扱い停止について」というお知らせを読まれた方も多いかと思われます。

「車内券発行機廃止に伴う処置」とのことで、5月1日(一部4月30日)から、
「特急特別車両券(ミューチケット)の精算」を除き、列車内での乗車券に
関する取扱いが停止されました。

んじゃ、車内における「特急特別車両券(ミューチケット)はどうなるの?」
という疑問が発生する訳です・・・既に一部のブログにて紹介されている
ようですが、「紙券による精算券の復活」という予期せぬ結果に、思わず顔が
ほころんだのは言うまでもありません・・・(笑)。

で、遅ればせながら5月19日に現地訪問をしてきました。

こちらがその「精算券」です。

写真左が「名古屋乗務区」発行、写真右が「犬山乗務区」発行となります。

名古屋鉄道・特別車精算券(名古屋乗務区).jpg 名古屋鉄道・特別車精算券(犬山乗務区).jpg

料金額の下に記されている乗務区を示す「○名」「○犬」以外は、
どちらの乗務区版も違いはありません。

特急を担当する乗務区は、この他に「神宮前」と「知立」がありますが、
車掌さんに尋ねてみたところ、写真に示す2種類の乗務区版しかない
とのことでした・・・。
posted by 僕ドラ at 20:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 補充券(硬券、軟券) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月19日

神奈川中央交通 一日フリー乗車券

神奈中バスの一日フリー乗車券です。

数年前にスクラッチ式のものが設備廃止され、久しぶりに端末発券の
ものを購入しましたが、現在発行中のものには、同社のキャラクターである
「かなみん」が印刷されるようになっていました。

写真左が現行のもの、写真右が2007年に購入したものです。

神奈川中央交通・一日フリー乗車券(2).jpg 神奈川中央交通・一日フリー乗車券(1).jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

上田電鉄 7253編成ラストラントレイン

去る9月26日に開催された「7253編成ラストラントレイン」に
応募したところ、見事に当選したので、参加してきました。

参加記念品等もありましたが、本記事では紙もの(つまり、きっぷ)のみ
紹介したいと思います。

先ずは、「当選通知」です。

往復はがきによる事前応募制でしたが、返信はがきの裏面は、写真のような
文面が印刷されていました。

このはがきは、当日受付の際に回収されたため、残念ながら手元には
残っていません。

上田電鉄・7253編成ラストラントレイン当選通知.jpg

次は、「参加証」です。

受付時に「名札ケース」と共に渡され、ラストラン終了まで胸にぶら下げていました。

上田電鉄・7253編成ラストラントレイン参加証.jpg

次は、「7253編成ラストラントレイン普通片道乗車券」です。

下之郷〜上田間の往復のため、片道毎に乗車券が製作されましたが、残念ながら
カラーコピー製でした。

上田電鉄・7253編成ラストラントレイン普通片道乗車券(下之郷→上田).jpg 上田電鉄・7253編成ラストラントレイン普通片道乗車券(上田→下之郷).jpg

また、車内では「電車乗車券(いわゆる車補)」の実演販売が行われ、
任意の区間で購入出来ました(但し、170円区間)。

上田交通・電車乗車券.jpg

ただ、ヘッダーの社名がまだ「上田交通」でした・・・。

という訳で、きっぷ関連はどちらかというと「ハズレ」でした。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 信州関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする