2014年12月29日

東武鉄道 車内補充券MEMO

去る12月7日に開催された、「2014東武ファンフェスタ」会場で
販売されていた「車内補充券MEMO」です。

ホームページに載っていた告知には、販売に関する宣伝は特になく、
現地で初めて知った次第です。

まずは表紙です。
本物同様、使用期間や氏名などを記載する欄があります。

○表紙
東武鉄道・車内補充券MEMO−1.jpg

次はメモ部分です。
本物は車内補充券が出てくる訳ですが、一応「メモ」として販売されているので、
表向きはコチラが主役です(笑)。

○メモ部分
東武鉄道・車内補充券MEMO−2.jpg

そして、裏面の車内補充券部分です。
「東上線系統」と「本線系統」が、交互に綴じられています。

現在、実際の車内補充券は「駅名式」となっており、久しぶりの「地図式」ですが、
描かれている地図は「社線内のみ」で、他社線部分は省略されています。

また、地紋は「TRCとぶてつ」ではなく、「TOBU」CIロゴが地紋と
なっています。

○裏面の車内補充券部分(写真左:東上線系統/写真右:本線系統)
東武鉄道・車内補充券MEMO−3.jpg 東武鉄道・車内補充券MEMO−4.jpg

ちなみに、「地図式」が現役の頃は「とうきょうスカイツリー」も「押上」もなく、
「とうきょうスカイツリー」はまだ「業平橋」でしたが、この「地図式」は
「とうきょうスカイツリー(押上)」と表記され、曳舟から半蔵門線方面に
向かう線は省略されています。

○「とうきょうスカイツリー(押上)部分拡大」
東武鉄道・車内補充券MEMO−5.jpg

最後は、本物の車内補充券です。
地図部分は恐らくこれらの「地図式」がベースとなっていると思われます。

○地図式車内補充券(写真左:東上線系統/写真右:本線系統)
東武鉄道・車内補充券(志木).jpg 東武鉄道・車内補充券(新栃木).jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東武・野岩・会津関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

東武鉄道 第1回日光ハイウェイマラソン大会記念乗車券

11月29日に開催された、「第1回日光ハイウェイマラソン大会」を
記念して発売された記念乗車券です。

東武鉄道・第1回日光ハイウェイマラソン大会記念乗車券.jpg

「TRCとぶてつ茶褐色地紋のB型硬券」ですが、ここ最近の記念モノでは
「金額式」が多い中、「相互式」という、ちょっと珍しい様式となっています。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東武・野岩・会津関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月25日

上信電鉄 佐野のわたし駅開業

去る12月22日、上信電鉄に「佐野のわたし」駅が開業しました。

当日は平日ということもあり、出勤前に行くか? 終業後に行くか?
迷った結果、仕事を始めたら「定時間で上がれる保証はない」と判断し、
出勤前に「高崎駅だけ」を覗いてきました。

きっぷ関係は、高崎発の初乗り最遠駅が「南高崎→佐野のわたし」に変わることから、
「佐野のわたし ゆき」が新設され、精算券についても「佐野のわたし から」を新設、
また、入場券については高崎駅扱いで新設となりました。

一方、記念モノについては、「硬券入場券」と「初乗り区間の硬券乗車券」2方向が
セットとなったものが発売されていましたが、硬券入場券については、
通常販売のものと「駅名フォントが異なる」という、その筋を狙ったとしか思えない
様式となっています。

◯硬券乗車券(高崎から佐野のわたしゆき)
上信電鉄・硬券乗車券(高崎から佐野のわたしゆき).jpg

◯硬券精算券(佐野のわたしから高崎ゆき)
上信電鉄・硬券精算券(佐野のわたしから高崎ゆき).jpg

◯硬券入場券(高崎駅取り扱い)
上信電鉄・硬券入場券(佐野のわたし駅).jpg

◯佐野のわたし駅開業記念切符(台紙の裏表)
上信電鉄・佐野のわたし駅開業記念切符−1.jpg 上信電鉄・佐野のわたし駅開業記念切符−2.jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北関東関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

香港 香港鐵路 成人遊客全日通、小童遊客全日通

「機場快綫」など、一部路線を除く「香港鐵路」が一日乗り放題となる、
「遊客全日通」です。

大小とも券面デザインは同じですが、背景色を変えています。

◯遊客全日通(写真左:成人票/写真右:小童票)
香港鐵路・成人遊客全日通.jpg 香港鐵路・小童遊客全日通.jpg

2014年12月21日

香港 香港鐵路 成人單程票、特惠單程票

香港鐵路の單程票です。

以前は磁気カードだったようですが、現在は「ICカード式」となっているようです。

赤色が「成人票」、青色が「特惠票」となりますが、一部路線では「ファーストクラス」が
あることから、券面に「1 FIRST CLASS 頭等」と表記されたカードを
扱っています。

◯單程票(写真左:成人票/写真右:特惠票)
香港鐵路・成人單程票.jpg 香港鐵路・特惠單程票.jpg

◯單程票(頭等)(写真左:成人票/写真右:特惠票)
香港鐵路・成人單程票(頭等).jpg 香港鐵路・特惠單程票(頭等).jpg

2014年12月20日

香港 香港鐵路 機場快綫 單程票

シンセン出張の往復とも香港経由でしたが、往路では時間が取れなかったことから、
復路=日本帰国前の数時間、少しだけ鉄分補給をしてみました。

先ずは、香港鐵路「機場快綫」です。

きっぷは、窓口と自動券売機で販売していましたが、窓口が混んでいたんで、
自動券売機でのみ購入しました。

空港・博覧館側から香港へ向かう場合と香港側から空港・博覧館へ向かう場合で、
券面デザインに相違が見られるようです。

ただ、機場站では行き先に関係なく、空港ターミナル側の自動券売機は「往市區」、
博覧館方面行きホーム上の自動券売機では「往機場/博覽館」の券紙を
使用していました。

◯單程票(往市區)(写真左:成人票/写真右:小童票)
香港鐵路・機場快綫 成人票(往市區).jpg 香港鐵路・機場快綫 小童票(往市區).jpg

◯單程票(往機場/博覽館)(写真左:成人票/写真右:小童票)
香港鐵路・機場快綫 成人票(往機場/博覽館).jpg 香港鐵路・機場快綫 小童票(往機場/博覽館).jpg

いずれも、感熱印刷による「紙券」ではありますが、自動改札機に対応するように
透かすと「アンテナとコイル」が見えます。

一方、單程票には、予め機場站を起(終)点とした、青衣站〜香港站間各駅を
着(発)駅とした「ICカード式」の駅名常備カードもあります。

◯單程票(駅名常備カード)(写真左から右へ、青衣站、九龍站、香港站)
香港鐵路・機場快綫 單程票(青衣站).jpg 香港鐵路・機場快綫 單程票(九龍站).jpg 香港鐵路・機場快綫 單程票(香港站).jpg

この他に、「來回票(=往復乗車券)」もありましたが、手持ちの「香港ドル」も
あまり残っていなかったので、購入を見送りました・・・次回訪問時の案件に!?

2014年12月19日

中国 シンセン軌道交通 定額発票

今年2月、個人旅行で広州を訪問した際にシンセンへも行きましたが、
先日、香港経由でシンセンへ出張する機会がありました。

前回訪問時、地下鉄の定額発票を入手していたので、特に収集活動はないなぁと
思いつつも、地下鉄に乗った際に定額発票を要求したところ・・・何と、
「ヘッダーの公司名が違う!」ことが判明しました。

ネットで調べてみると、シンセンを走る地下鉄の運営は、路線により3公司が
運営しているとのことで、とりあえず「初乗り2元分」の定額発票のみを
入手しました。

「シンセン市地鉄集団有限公司定額発票」同様、各運賃毎に定額発票があったようで、
前回訪問の際の「下調べ甘かった」ことが悔やまれます・・・。

○港鉄軌道交通(シンセン)有限公司定額発票(2元分)
港鉄軌道交通(シンセン)有限公司定額発票.jpg

○シンセン市地鉄三号線投資有限公司運菅分公司客運定額発票(2元分)
シンセン市地鉄三号線投資有限公司運菅分公司客運定額発票.jpg



−−−−−以下は、2014年2月28日に投稿した記事です−−−−−
(旧タイトル:中国 シンセン市地鉄集団有限公司定額発票)



単程票購入の際に領収書を要求してみたところ、広州地鉄と同じような様式の
「シンセン市地鉄集団有限公司定額発票」を手渡されました。

広州地鉄の場合、額面「2元分」と 「3元分」の2種類しか確認出来ませんでしたが、
シンセン地鉄の場合、2元分から「1元刻み」で設備されていました。

ただ、時間の都合で入手出来たのは写真の4種類のみで、全ての運賃に対応しているのか
までは確認が取れませんでした。

○シンセン市地鉄集団有限公司定額発票(写真左:2元分/写真右:3元分)
シンセン市地鉄集団有限公司定額発票1.jpg シンセン市地鉄集団有限公司定額発票2.jpg

○シンセン市地鉄集団有限公司定額発票(写真左:4元分/写真右:6元分)
シンセン市地鉄集団有限公司定額発票3.jpg シンセン市地鉄集団有限公司定額発票4.jpg

2014年12月15日

阪急電鉄、他 HANKYU TOURIST PASS、阪急ツーリストパス用リムジンバス乗車券

こちらも、海外で買える日本のきっぷ・・・「HANKYU TOURIST PASS」と
「阪急ツーリストパス用リムジンバス乗車券」となります。

写真左がHANKYU TOURIST PASS、写真右が阪急ツーリストパス用
リムジンバス乗車券となります。

阪急電鉄・HANKYU TOURIST PASS.jpg 関西空港交通、他・阪急ツーリストパス用リムジンバス乗車券.jpg

こちらも「旅行博士(ヨヘンパクサ)」での購入です。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外で買える日本のきっぷ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

京浜急行電鉄 京急羽田空港エアポートアクセスきっぷ[往復]

海外で買える日本のきっぷです。
京浜急行電鉄の「京急羽田空港エアポートアクセスきっぷ[往復]」となります。

発売当初は韓国の「ハナツアー」でバウチャー(引換券)を購入し、
羽田空港国際線ターミナルのハナツアーカウンターで実券と交換するように
なっていましたが、今現在は「ビコトリップ(ホテルジャパン・ドットコム)」が
直接販売を行っているようです。

京浜急行電鉄・京急羽田空港エアポートアクセスきっぷ[往復].jpg 京浜急行電鉄・京急羽田空港エアポートアクセスきっぷ[往復](裏).jpg

表面は日本語のみとなっていますが、裏面には韓国語が表記されており、
海外とはいえ「韓国のみでの販売」を想定しているようです。

ちなみに、地紋は「PJRてつどう」ではなく、一時期手売りの企画乗車券で
採用されていた「KEIKYU けいきゅう きっぷ」地紋となっています。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 京急関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月11日

大韓民国 仁川国際空港空港リムジン リムジンバス乗車券(追加版)

仁川国際空港のリムジンバスきっぷ売り場で購入した、
端末発券のリムジンバス乗車券です。

仁川国際空港空港リムジン・リムジンバス乗車券(端末発券2).jpg

以前のものは「TICKET MAGAZINE」という名称がありましたが、
今回入手したものには特に記されてなく、パンフレットのページ数も
少なくなっていました。

ちなみに、券面右側の広告企業は日本の「楽天」ではなく、中国語(簡体字)表記の
「楽天世界=ロッテワールド」となっています。



−−−−−以下は、2012年9月18日に投稿した記事です−−−−−


仁川国際空港のリムジンバスきっぷ売り場で購入した、
端末発券のリムジンバス乗車券です。

仁川国際空港空港リムジン・リムジンバス乗車券(端末発券).jpg

手にした際、「何か分厚いなぁ・・・」と思ったところ、
折りたたみ式のパンフレット様式になっており、裏表紙にあたる部分が
乗車券になっていました。

表紙には、「TICKET MAGAZINE」という名称が
記されています。

写真は、表紙部分となります。

仁川国際空港空港リムジン・リムジンバス乗車券(チケットマガジン表紙).jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外:大韓民国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする