2015年01月26日

天然温泉 平和島 バス利用券

京急平和島駅またはJR大森駅から「ワンコインバス」に乗車して、
「天然温泉 平和島」を利用する場合、100円がキャッシュバック
されるそうで、その際に必要なのがこの「バス利用券」となります。

乗車したバスは運賃箱の横に備えてありました。

天然温泉 平和島・バス利用券.jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 京急関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

相模鉄道 横浜瀬谷八福神めぐり往復割引乗車券、記念入場券(追加版・その2)

今シーズンも、着駅となる瀬谷を除く全24発駅分×大小=48口座が発売されました。

表面は、消費税8%化に伴う運賃変程度の違いですが、裏面には八福神ではなく、
昨年登場したキャラクター「そうにゃん」が描かれています。

○表面(写真左:大人用/写真右:小児用)
相模鉄道・横浜瀬谷八福神めぐり往復割引乗車券(2014年・大人用).jpg 相模鉄道・横浜瀬谷八福神めぐり往復割引乗車券(2014年・小児用).jpg

○裏面(大小共通)
相模鉄道・横浜瀬谷八福神めぐり往復割引乗車券(2014年・裏面).jpg



−−−−−以下は、2014年1月14日に投稿した記事です−−−−−



前シーズンと運賃も様式も変わっていないので、購入しないつもりでしたが・・・
今シーズンも購入してしまいました(笑)。

表面は、全体の地紋と「改札印押印欄」の地紋の濃淡に余り差がなくなった
程度でしたが・・・裏面は、昨シーズンにあった「八福神の絵」がなくなっており、
今シーズンのものは、新たに印刷し直したようです!?

○今シーズンの表面(写真左:大人用/写真右:小児用)
相模鉄道・横浜瀬谷八福神めぐり往復割引乗車券(2013年・大人用).jpg 相模鉄道・横浜瀬谷八福神めぐり往復割引乗車券(2013年・小児用).jpg

○裏面(写真左:今シーズン/写真右:昨シーズン)
相模鉄道・横浜瀬谷八福神めぐり往復割引乗車券(2013年・裏面).jpg 相模鉄道・横浜瀬谷八福神めぐり往復割引乗車券(2012年・裏面).jpg

この4月に消費税が8%に引き上げられますが、それに伴い来シーズンの運賃も
引き上げられる訳であり、新たに印刷し直したのは何故か???



−−−−−以下は、2013年1月2日に投稿した記事です−−−−−



2009年末から「絵馬型」に変更となった「横浜瀬谷八福神めぐり
往復割引乗車券」ですが、2012年末から発売されたものは、何と
D型硬券となりました!


写真右が「横浜瀬谷八福神めぐり往復割引乗車券」の大人用、写真右が
同小児用となります(三ツ境〜瀬谷の場合)。

相模鉄道・横浜瀬谷八福神めぐり往復割引乗車券(2012年・大人用).jpg 相模鉄道・横浜瀬谷八福神めぐり往復割引乗車券(2012年・小児用).jpg

それに加えて、今回(から?)は、着駅となる瀬谷駅にて、
「横浜瀬谷八福神めぐり記念入場券」が併せて発売されています。

相模鉄道・横浜瀬谷八福神めぐり記念入場券.jpg

「横浜瀬谷八福神めぐり往復割引乗車券」は「PJRてつどう」地紋で、
券面左側に「往路用」、右側に「復路用」の「改札印押印欄」が設けられており、
その押印欄にもうっすらと「地紋」が印刷されています。

また、今までは「発駅補充式」だったものが、このD型硬券では全発駅が「常備式」と
なっており、瀬谷駅を除く24駅48口座が新設されたこととなります。

一方の「横浜瀬谷八福神めぐり記念入場券」もD型硬券で、券面左側に「八福神」が
描かれています。

やはり、その筋の需要も狙った様式変更でしょうか・・・(笑)。
※2013年1月7日、写真を差し替え、一部記事を編集し、タイトルを変更しました。



−−−−−以下は、2009年12月28日に投稿した記事です−−−−−
(旧タイトル:相模鉄道 横浜瀬谷八福神めぐり往復割引乗車券)



ここ数年、12月末〜1月31日の間、相鉄線各駅〜瀬谷駅を着駅とする
往復乗車券が発売されています。
今シーズンも、きょう12月28日から発売開始となりました。

タイトルにある「横浜瀬谷八福神」とは、瀬谷駅周辺の八寺院が祀っている
「七福神+ダルマ大師」のことだそうです。

今シーズンは従来のものとは異なり、「絵馬型」となっています。

相模鉄道・横浜瀬谷八福神めぐり往復割引乗車券1.jpg










ちなみに、今まで発行されたきっぷは、こちらです。
写真上が2004年末〜のもの、写真下が2007年末〜のものです。

相模鉄道・横浜瀬谷八福神めぐり往復割引乗車券2.jpg













ところで、今シーズンの「絵馬型」中心部に描かれている「八福神と宝船」は、
2007年末〜のものと変わっていないようですが、よ〜く見てみると、
帆に描かれている車両が「10000系→11000系」になっているようです・・・。
※パッと見、「ヘッドライトが欠けてるぞ!」って思っちゃいました(笑)。
posted by 僕ドラ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

伊豆箱根バス 道了尊初詣り会員券(追加版・その3)

消費税8%化以上の運賃値上げをした「道了尊初詣り会員券」ですが、
それ以上にショックだったのは、片道、往復とも地紋がなくなり、
券紙が「色紙化」されてしまいました・・・。

○片道券(写真左:大人用/写真右:小児用)
伊豆箱根バス・道了尊初詣り会員券(2015年片道・大人用).jpg 伊豆箱根バス・道了尊初詣り会員券(2015年片道・小児用).jpg

○往復券(写真左:大人用/写真右:小児用)
伊豆箱根バス・道了尊初詣り会員券(2015年往復・大人用).jpg 伊豆箱根バス・道了尊初詣り会員券(2015年往復・小児用).jpg



−−−−−以下は、2014年1月に投稿した記事です(更新日付失念)−−−−−



今年は、残りの小児用「片道券」が変わるかと思ったところ・・・
大人用「片道券」「往復券」双方に変化がありました。

残念なことに、「地紋入り券紙」から「無地紋色紙」となってしまいました(泣)。

写真右が大人用「片道券」、写真左が大人用「往復券」となります。

伊豆箱根バス・道了尊初詣り会員券(2014年片道・大人用).jpg 伊豆箱根バス・道了尊初詣り会員券(2014年往復・大人用).jpg

券面レイアウトは「地紋入り」のものと変わりありませんが、収集意欲が
低下してしまったことは否めません(買っちゃいましたが・・・笑)。



−−−−−以下は、2013年1月15日に投稿した記事です−−−−−



今年の正月に、辻下グラウンドを訪問したところ、昨年の往復券に続き、
片道券の「大人用」についても、オリジナル地紋である「社紋」の間隔が
「若干詰まった感じのもの」に替わっているのを確認しました。

伊豆箱根バス・道了尊初詣り会員券(2013年片道・大人用).jpg



−−−−−以下は、2012年1月14日に投稿した記事です−−−−−



元日に、きっぷ収集仲間が辻下グラウンドを訪問し、購入した会員券の写真を
見せてくれたんですが、既に紹介している会員券と見比べて、往復券の地紋が
微妙に異なっていることがわかり、翌2日に確認がてら現地訪問して来ました。

その結果、往復券の大小とも、オリジナル地紋である「社紋」の間隔が若干詰まった
感じになっていました。

伊豆箱根バス・道了尊初詣り会員券(2012年往復).jpg

きっぷ収集仲間の元日訪問に、感謝、感謝であります!



−−−−−以下は、2010年1月7日に投稿した記事です−−−−−



道了尊(大雄山最乗寺)の間を、有料の会員制バス(観光バス使用)が走っていました。

写真は、そのバスで使用する会員券で、写真左列が片道用、写真右列が往復用、
写真上段が大人用、写真下段が小児用となります。

伊豆箱根バス・道了尊初詣り会員券(2010年).jpg






いずれも「オリジナル地紋」となっていますが、鉄道やバスで使用されている
地紋とは、微妙に異なります。

同様に、大雄山駅〜道了尊間をバスが走っていましたが、こちらは路線バス使用で、
大雄山駅前で乗車券を発売していましたが、おなじみの「金額式乗車券」での
対応でした・・・。
posted by 僕ドラ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 箱根・伊豆・富士関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

インドネシア 100 Doraemon Secret Gadgets Expo Indonesia 入場券(追加版)

「My Ticket」での取り扱いが、いつの間にかe−チケットによる対応に
変更されていたので、どんなものかと購入してみました。

100 Doraemon Secret Gadgets Expo Admission Ticket(Indonesia, e-ticket).jpg

基本的な部分(チケット部分)の様式は、マレーシア開催時と大差ありませんが、
それ以外の部分が「クリスマスシーズンのキャンペーン告知」となっていました。

ちなみに、オンライン購入したのは、既に年が明けてから・・・。



ーーーーー以下は、2015年1月3日に投稿した記事ですーーーーー



マレーシア滞在日程を変更出来なかった理由の一つがこれでした。

11月28日から、インドネシア・ジャカルタの「Ancol Beach City」で、
「100 Doraemon Secret Gadgets Expo Indonesia」が
開催されるのを知ってしまい、「日本からは遠いけど、マレーシアからは飛行機で
2時間程度」の距離だったので、マレーシアから「日帰り旅行」で行って来た次第です。

写真が入場券となりますが、バーコード等は感熱印刷の「大小兼用」となっていました。

100 Doraemon Secret Gadgets Expo Admission Ticket(Indonesia).jpg

マレーシア同様、「My Ticket」でのオンライン購入が可能でしたが、
e−チケットではなく「現地で実券を受領する」方式で、現地で受け取ったものは、
写真と同じデザインのものでした。

ただ、「My Ticket」でのオンライン購入の場合、券面右下の方に
印字されている「Cash」のところが、「購入者氏名」に替わるようです。
posted by 僕ドラ at 22:00| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月10日

インドネシア BLUE BIRD GROUP DRIVER’S TICKET、PASSENGER’S TICKET

インドネシアでも「鉄ヲタ仕事」と思いましたが、ジャカルタの
「Ancol Beach City」から最も近い「Ancol」駅に
行ってみたところ、1日に数本の列車に加え「無人くん」だったことと、
空港までの移動時間が読めなかったことから、更なる探索は断念!

結局、インドネシアでは「ドラ仕事」だけとなってしまいました・・・。

で、写真のきっぷは、スカルノハッタ国際空港のターミナル3からタクシーに乗った際に、
乗り場の係員から受け取ったもので、唯一の「ヲ仕事」物件です(笑)。

運転手用にはゾーン毎のサーチャージが書かれており、旅客用には乗車日や行き先、
タクシーNo.などを記入する欄があります。

運転手用部分は、本来運転手さんに渡すものなのかもしれませんが、タクシーから
降りる際に、運転手さんからは何も言われなかったため、そのまま持ち帰りました。

BLUE BIRD GROUP DRIVER'S TICKET & PASSENGER'S TICKET.jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外:インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする