2016年01月18日

横浜くりこ庵 蒲田店オープン記念 「京急電車焼き」1匹引換券

昨年12月11日、京急蒲田駅に「ウィングキッチン京急蒲田」がオープン
しましたが、1階食物販ゾーンにある「横浜くりこ庵」にて、オープン3日間
限定で、たい焼き5匹以上を購入すると、「京急電車焼き」1匹引換券を
プレゼントするキャンペーンを行っていました。

写真が引換券となりますが、結局たい焼きには引き換えず、コレクション入り
してしまったのは、言うまでもありません・・・(笑)。

横浜くりこ庵 「京急電車焼き」1匹引換券.jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 京急関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

しなの鉄道 片道乗車券(篠ノ井▶上田)

地図式の車内補充券とは別に、「篠ノ井→上田」専用の片道乗車券を
車掌さんが携帯し始めたようです。

しなの鉄道 片道乗車券(篠ノ井▶上田).jpg

様式は、以前、信濃追分駅で販売されていた「信濃追分→軽井沢」専用の
片道乗車券と同様ですが、矢印が「右向きの▶」になっているなど、
微妙な違いがあります。

正式な設備理由は不明ですが、車掌さんに聞いた限りでは、
「特急しなの号からの乗り換え客対応」とのことでしたが・・・。
posted by 僕ドラ at 14:00| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 信州関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

上田市 信州上田 まちなか循環バス 1日フリー乗車券

昨年10月1日より運行開始となった「信州上田 まちなか循環バス」の
1日フリー乗車券です。

信州上田 まちなか循環バス 1日フリー乗車券.jpg

カードサイズの大小兼用券となっています。

posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 信州関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

上田電鉄 北条まどか誕生10周年記念乗車券

昨年12月2日の「北条まどか誕生10周年」を記念して、記念乗車券が
2種類発売されました。

D形硬券7枚組(乗車券6枚+入場券1枚)で、「上田駅販売分」と
「別所温泉販売分」でデザインが異なり、図柄は過去販売された
北条まどかがデザインされた「マイレールチケット」7種類から、
・上田駅販売分:表表紙の図柄(=等身大まどか)
・別所温泉駅販売分:裏表紙の図柄(=SDまどか)
がそれぞれ使用されています。

○北条まどか誕生10周年記念乗車券(写真左:上田駅販売分/写真右:別所温泉駅販売分)
上田電鉄 北条まどか誕生10周年記念乗車券(上田駅).jpg 上田電鉄 北条まどか誕生10周年記念乗車券(別所温泉駅).jpg

また、12月11日には、「北条まどか誕生10周年記念イベント」が
開催されました。

きっぷ関連は「イベント参加証」のみでしたが、「生・北条まどか」と
「生・八木沢まい」に会えた上に、バースデーケーキまでいただけ、
楽しいひと時を過ごせました。

○北条まどか誕生10周年記念イベント参加証
上田電鉄&別所線電車存続期成同盟会 北条まどか誕生10周年記念イベント参加証.jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 信州関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

江ノ電+平溪線 乗車券の相互交流:共同送客(追加版)

久しぶりに、「平溪線 一日週遊券」を「のりおりくん」と交換してみたところ、
手渡された台紙に変化がありました。

以前の台紙は、二つ折りA6版サイズ(→広げるとA5版)でしたが、
今回のものは「A6版(折り目なし)」で、以前の台紙の「表面のみ」が
デザインされたような形になっていました。

○台紙(写真左:表面/写真右:裏面)
江ノ島電鉄 共同送客交換用台紙3.jpg 江ノ島電鉄 共同送客交換用台紙4.jpg

なお、写真は省略しますが、「のりおりくん」についてはデザイン的な
変更はありませんでした(表記されている金額が替わった程度です)。



−−−−−以下は、2013年10月6日に投稿した記事です−−−−−



先に紹介しました「臺灣鐵路管理局 平溪線一日週遊券」の記事で、
江ノ電と平溪線で「乗車券の相互交流:共同送客」が始まったことを
紹介していますが、今回の台湾出張にあたり、出張前に入手した
「のりおりくん」を持って、帰国直前の台北站にて、交換をしてみました。

その結果、「臺灣鐵路管理局 平溪線一日週遊券」の記事で紹介したものと、
手渡されたきっぷには、特に違いはありませんでした。

一方、出張から帰国した翌週、「平溪線一日週遊券」を持って江ノ電の
藤沢駅へ行き、「のりおりくん」との交換をお願いしたところ、手渡された
「のりおりくん」は、委託販売所で取り扱っているものと同じ「磁気カード式」でした。

○交換後の「のりおりくん」
江ノ島電鉄・のりおりくん(共同送客交換用・大人用).jpg

ただ、購入したものと区別するためか、カードの右下に「パンチ穴」が
大きく開いていました(赤枠部分)。

しかしながら、江ノ電の場合、今回の「共同送客」に合わせて専用の
台紙を作成しており、「のりおりくん」はその台紙にセットされていました。

○台紙(写真左:外面/写真右:内面)
江ノ島電鉄・共同送客交換用台紙1.jpg 江ノ島電鉄・共同送客交換用台紙2.jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする