2016年04月29日

函館市企業局交通部 函館市電 電車乗換乗車券、乗継乗車券

直通電車のない区間同士(宝来町〜谷地頭、末広町〜函館どつく前)を乗降する場合、
乗換停留所となる「十字街」で乗換の際、最終目的地までの運賃精算をすると、
写真のような乗換券が発行されます。

○電車乗換乗車券(写真左:函館どつく前方面から/写真右:谷地頭方面から)
函館市企業局交通部 電車乗換乗車券(函館どつく前方面から).jpg 函館市企業局交通部 電車乗換乗車券(谷地頭方面から).jpg

日にち毎に常備券が設備されているようです。

また、「函館どつく前方面から」の乗換券は、発行元が「函館市交通局」となっています。

一方、目的地まで電車だけで行けない場合、指定停留所(函館駅前、五稜郭公園前、
湯の川、深堀町)で「乗継料金50円」を加算して運賃精算すると、乗継先の
「函館バス210円区間までは追加運賃が不要」となる、写真のような乗継券が
発行されます。

○乗継乗車券(市電→函館バス)(写真左:大人用/写真右:小児用)
函館市企業局交通部 乗継乗車券(市電→函館バス。大人).jpg 函館市企業局交通部 乗継乗車券(市電→函館バス。小児).jpg

こちらも日にち毎に常備券が設備されているようですが、それに加えて
大小色違いとなっています。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗継券・乗換券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

函館市企業局交通部 函館市電 箱館ハイカラ號専用乗車券

今年の「箱館ハイカラ號」の定期運行は4月15日からですが、3月26日の
北海道新幹線開業を記念し、3月26日と27日に特別運行されました。

「箱館ハイカラ號」には車掌さんが乗務し、「箱館ハイカラ號専用乗車券」による
運賃収受を行っています。

写真が「箱館ハイカラ號専用乗車券」です。
左側部分には、「箱館ハイカラ號」と同車掌である鉄道むすめ「柏木ゆの」が
デザインされています。

函館市企業局交通部 箱館ハイカラ號専用乗車券.jpg

通常、右側の乗車券部分は回収され、左側部分のみが乗客には手渡されますが、
収集目的など「実使用以外の購入」の場合には、右側の乗車券部分は回収せず、
そのまま販売してもらうことが出来ます。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 常備券(硬券、軟券) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

函館市企業局交通部 函館市電 トワイライトパス

去る3月31日までの期間限定で、18時以降、市電が乗り放題となった
「函館市電 トワイライトパス」です。

函館市企業局交通部 函館市電トワイライトパス.jpg

大人300円/小児150円で、「2回乗れば元が取れる」という破格な
料金設定でした。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

道南いさりび鉄道 領収証

道南いさりび鉄道 乗車券((ム)木古内券売機).jpg

写真は、木古内駅で購入した木古内〜函館間の自動券売機券ですが、
この券売機には「領収証発行機能」がなかったことから、函館到着後、
道南いさりび鉄道本社まで出向いて、領収証の発行をお願いしました。

その結果、写真のような領収証を手渡されました。

道南いさりび鉄道 領収証.jpg

JR北海道が発行する領収書のように、「道南いさりび鉄道株式会社」ロゴが
地紋のように印刷されています。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 領収書・領収証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

道南いさりび鉄道 (企)千年北海道手形オプションきっぷ

ごく一部の企画乗車券は、端末発券ではなく「常備券」として設備されていますが、
それが「(企)千年北海道手形オプションきっぷ」となります。

写真左が大人用、写真右が小児用となります。

道南いさりび鉄道 (企)千年北海道手形オプションきっぷ(大人).jpg 道南いさりび鉄道 (企)千年北海道手形オプションきっぷ(小児).jpg

ただ、この企画乗車券は単独購入は出来ず、単に収集目的で購入するには、
懐には非常に優しくない値段の「江差・松前周遊フリーパス 〜千年北海道手形〜」を
購入し、その提示により購入可能となります。

写真がその「江差・松前周遊フリーパス 〜千年北海道手形〜」となります。

函館バス、他 江差・松前周遊フリーパス 〜千年北海道手形〜.jpg

ところで、情報によりますと、本社扱いのオプション券が「端末発券」になって
しまったとのことです・・・。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする