2016年06月29日

西日本鉄道 西鉄電車 企画きっぷ 引換券

去る3月15日より、京成・成田空港駅と空港第2ビル駅のライナーカウンターで、
西日本鉄道「大宰府・柳川観光きっぷ」の引換券の販売が開始されました。

なかなか成田空港まで行く機会がありませんでしたが、やっと確認が出来ました。

写真が、京成電鉄で販売している引換券となります。

西日本鉄道 西鉄電車 企画きっぷ 引換券.jpg

京成電鉄では「大宰府・柳川観光きっぷ」のみの取り扱いですが、それ以外の
企画乗車券にも対応可能な様式となっています。

他の旅行会社での取り扱いもあるのでしょうか・・・気になるところです。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

京成電鉄 スカイライナー・クーポン、バリューチケット、Tokyo Subway Ticket(追加版)

「海外で買える日本のきっぷ」としては、「JAPAN RAIL PASS」を除くと、
京成電鉄のスカイライナー関係のきっぷが、一番種類が豊富ではないかと思われます。

今回、紹介するネタも増えてきたこともあり、都度投稿した過去記事をひとつの
記事にまとめることにしました。
(この記事は、各券種毎に記事内に追加していきます。追加記事以外は、
2015年8月29日に投稿しています)

◯スカイライナー クーポン(Skyliner Coupon)
成田空港〜日暮里・京成上野間の片道運賃とスカイライナー券代がセットされた
「スカイライナー クーポン」と称する「引換券」です。

・韓国 旅行博士
こちらは、韓国・旅行博士で購入したものですが、説明文が韓国語で記載されており、
韓国での販売専用仕様となっています。

写真左が大人用、写真右が小児用です。

京成電鉄 スカイライナークーポン(韓国・旅行博士。大人).jpg 京成電鉄 スカイライナークーポン(韓国・旅行博士。小児).jpg

・タイランド H.I.S.
こちらは、タイランドのH.I.S.で購入したものですが、韓国と異なり、説明文が
英語で記載されています。

写真左が大人用、写真右が小児用です。

京成電鉄 スカイライナークーポン(タイ・HIS。大人).jpg 京成電鉄 スカイライナークーポン(タイ・HIS。小児).jpg

◯スカイライナー バリューチケット(Skyliner Value Ticket)
セット内容は「スカイライナー クーポン」と同じですが、こちらは主に
成田空港到着便の機内で販売されているものです。

・タイランド エアアジアX 機内販売
こちらは、タイランドのエアアジアX機内で販売されているものです。

バニラエアやピーチアビエーションなどのLCC機内でも販売していますが、
ハンディ端末から発行される「レシート」となっており、常備券での
発券は(今のところ)エアアジアXだけではないかと思われます。

また、説明文が日本語と英語に加え、タイ語でも記載されています。

写真左が大人用、写真右が小児用です。

京成電鉄 スカイライナーバリューチケット(タイ・エアアジアX。大人).jpg 京成電鉄 スカイライナーバリューチケット(タイ・エアアジアX。小児).jpg

・西日本鉄道:福岡(天神)駅
厳密には「海外発券」ではありませんが、内容的には差がないので、こちらに
追加したいと思います。

去る3月15日から、西鉄・福岡(天神)駅チケットカウンターにて、
発売開始されました。

「海外発券」同様、大小別建てとなっていますが、フルカラーではなく2色刷りと
なっています。

割引額から考えると、西鉄・福岡(天神)駅を経由して福岡空港へ向かう人しか
メリットはないようで、発売開始から1か月半以上経過していましたが、
大小合わせても「1桁前半」しか売れていませんでした・・・。

写真左が大人用、写真右が小児用です。

京成電鉄 スカイライナーバリューチケット(西日本鉄道。大人).jpg 京成電鉄 スカイライナーバリューチケット(西日本鉄道。小児).jpg

◯KEISEI SKYLINER & METROPASS
スカイライナーの片道券(または往復券)+東京メトロの1日券(または2日券)が
セットされたものですが、後述の「Keisei Skyliner & Tokyo
Subway Ticket」の登場により、廃止された模様です。

・韓国 旅行博士
韓国の旅行博士で購入したものですが、説明文が韓国語のみとなっています。

これを購入した時点では、旅行博士では「スカイライナーが往復券のもの」しか
取り扱っていませんでしたが、片道券の場合、券面の配色が「青系」になって
いたようです。

京成電鉄・京成スカイライナー&メトロパス 交換券.jpg

◯Keisei Skyliner & Tokyo Subway Ticket
以前販売されていた「スカイライナー & メトロパス」に替わり、
地下鉄の乗車券が東京メトロのみ→東京メトロ+都営地下鉄にリニューアル
されたものです。

・タイランド H.I.S.
タイランドのH.I.S.では、スカイライナー片道券(または往復券)+地下鉄3日券のみ
取り扱っていました。

片道用と往復用の違いは、券面中央に描かれている「ONE WAY → ROUND
TRIP」に、矢印が 「→ から ←→」に替わった程度なので、片道のみを購入しました。

写真左が大人用、写真右が小児用ですが、大小の違いも左上部分の表記のみです。

京成電鉄 keisei_Skyliner_&_Tokyo_Subway_Ticket (タイ・HIS.大人3日券).jpg 京成電鉄 keisei_Skyliner_&_Tokyo_Subway_Ticket (タイ・HIS.小児3日券).jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外で買える日本のきっぷ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

大韓民国 済州ドラえもん100秘密道具展 入場券

ソウルへ行くのを止めて「済州」へ行った理由はコレでした。

去る4月30日から10月30日までの間、「済州ミニランド」にて
「済州ドラえもん100秘密道具展」が開催されていることを、韓国への
出発数日前に(ネットで)見つけてしまいました・・・。

開催期間が約6か月あるので、「また来ればいいか・・・」とも思いましたが、
せっかく近くまで来ていることだし・・・と、計画を変更して釜山から
済州へ飛んだ訳であります(笑)。

気になる「入場券」ですが、過去に例を見ない「リストバンドタイプ」で
「配色日替わり」という状況でした。

写真がリストバンドタイプの入場券で、全部で7色ありました。

済州ドラえもん100秘密道具展 入場券(リストバンド).jpg

販売時は写真のように「帯状」で手渡され、入場時、スタッフにより手首に巻かれます。

「配色日替わり」ということで、訪問した日はとある1色が使用されていましたが、
現場スタッフのご厚意により、7色すべてを売っていただけた次第です。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

大韓民国 AIR BUSAN 搭乗券(国内線)

韓国のLCC、エアプサンの搭乗券(国内線)です。

国際線の場合は、ごく一般的なスタイルの搭乗券ですが、国内線の場合は
いわゆる「レシート券」となるようです。

写真左が金海空港カウンターでの発券、写真右が済州空港自動チェックイン
機での発券となります。

AIR BUSAN 搭乗券(国内線。カウンター発券).jpg AIR BUSAN 搭乗券(国内線。自動チェックイン機発券).jpg

コスト削減で白無地レシートの多い中、オリジナルデザインのレシートで、
それも発券方法(もしくは空港毎?)により配色が異なるというのは
非常に珍しいと思われます。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外:大韓民国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

大韓民国 KNN月石アートホール ジオラマワールド 入館券

釜山にあるKNN月石(ウォルソク)アートホールで催されている
「ジオラマワールド」の入館券です。

かつての端末発券乗車券を模したデザインとなっています。

写真左が入館券、写真右が1995年ごろの端末発券乗車券です。

KNN月石アートホール ジオラマワールド 入館券.jpg 大韓民国鉄道庁 乗車券(運賃料金領収証)(窓口端末発券).jpg

恐らく、この時代のきっぷが、デザイン的に一番近いのではないかと思います。

左右に「スプロケットホール」がありますが、実際には穴が開いておらず、
「描かれた穴」となっています(笑)。

券面自身には半券のようなものがないので、入館してもそのまま残せるかと
思いきや、「日付部分」が記された左側1/4程度をハサミでバッサリと
切られてしまいました・・・(泣)。
収集用にもう1枚購入したのは、言うまでもありません。

ちなみに、内容は韓国では珍しい「鉄道模型のジオラマ」が多数展示されて
いましたが、入場料大人12000ウォン(約1200円)は、ちーと
高いような気がします。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外:大韓民国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする