2016年10月29日

鉄道博物館 開館9周年記念硬券

開館9周年を迎えた鉄道博物館が、去る10月7日〜16日までの間、
「ありがとう9周年!秋のてっぱく満喫9デイズ」というイベントを
開催していましたが、その中で「9周年記念硬券きっぷ押印体験」という、
「記念硬券きっぷ」配付と「ダッチングマシーン」体験のイベントが
行われていました。

写真は、そのイベントで配布されていた「記念硬券きっぷ」になりますが、
「THE RAILWAY MUSEUM 鉄博 てつどうはくぶつかん」
オリジナル地紋となっていました。

○開館9周年記念硬券(写真左:表面/写真右:裏面)
鉄道博物館 開館9周年記念硬券(表面).jpg 鉄道博物館 開館9周年記念硬券(裏面).jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 模擬きっぷ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

鉄道博物館 「駅員さんのきっぷ切り体験」実施時配布のきっぷ

鉄道博物館・1Fラボラトリーのリニューアルに伴い、9月17日〜
10月2日の間、色々なイベントが企画されていましたが、その中の
ひとつに「駅員さんのきっぷ切り体験」というイベントが9月18日限定で
企画されており、どんなものかと覗いてきました。

大昔、現役できっぷを入鋏されていたと思われる方が、改札鋏で入鋏を
行っており、改札鋏は何種類か用意されていました。

で、肝心のきっぷですが、写真のようなきっぷが無料配布されていました。

写真左が「自動券売機」発券、写真右が「みどりの窓口」発券となります。

鉄道博物館 自動券売機発券 乗車券.jpg 鉄道博物館 みどりの窓口発券 乗車券・新幹線特急券.jpg

きっぷについては、通常、「駅構内ラボ」で開催されている
「自動券売機体験」や「みどりの窓口業務体験」で発券されている
いわゆる「感熱券」で、残念ながら「硬券」ではありませんでした・・・。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 模擬きっぷ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

横浜マリンタワー 入場券

横濱ベイサイドライン「午後コース」の遊覧先のひとつである
「横浜マリンタワー」の場合、入場時に入場券を手渡されますが、
観覧後、チケットカウンターで確認したところ、右側の半券は
料金区分別に「色違い」となっていることがわかりました。

写真左から右へ大人用、中高生用、小学生用、幼児用の入場券となります。

横浜マリンタワー 入場券(大人).jpg 横浜マリンタワー 入場券(中高生).jpg 横浜マリンタワー 入場券(小学生).jpg 横浜マリンタワー 入場券(幼児).jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

三渓園保勝会 三渓園 入園券、小学生回数券

横濱ベイサイドライン「午後コース」の遊覧先のひとつである
「三渓園」の入園券と小学生用回数券です。

横浜ランドマークタワー「スカイガーデン」入場時と異なり、
「三渓園」への入園の際には、特に入園券は渡されずに入園したため、
案内所での手売り券と自動券売機発券を購入してみました。

◯当日券(写真左から右へ、案内所手売り大人用、自動券売機発券(小学生用)、案内所手売り小学生用)
三渓園保勝会 三渓園 入園券(料金補充式).jpg 三渓園保勝会 三渓園 入園券(自動券売機).jpg 三渓園保勝会 三渓園 入園券(小学生常備).jpg

案内所手売り大人用と自動券売機発券(小学生用)は、券面デザインが
ほぼ同じですが、案内所手売り券大人用は「汎用タイプ」となっており、
種別、料金などはハンコ押しとなっています。

一方の案内所手売り小学生用は、券面デザインが異なる常備券となっています。

◯前売券(大人用)
三渓園保勝会 三渓園 入園券(前売用).jpg

大人用のみ前売券があり、当日券より100円割引となっていますが、
当日券と券面デザインが全く異なっています。

◯小学生回数券
三渓園保勝会 三渓園 小学生回数券.jpg

大人用と小学生用の回数券も設備されていました。

券紙色が異なったり、地紋入りだったら、大人用も購入するところですが、
今回は小学生用のみを購入しました。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

横浜ランドマークタワー スカイガーデン入場券

横濱ベイサイドライン「午後コース」の遊覧先のひとつである
横浜ランドマークタワーの「スカイガーデン」展望台は、
同所の入場券を周辺施設で提示すると、「割引特典」を受けられる
ことから、参加者には、写真左のような「常備券」を手渡されました。

今までに、何度か「スカイガーデン」展望台へは行っていますが、
写真右のような「自動券売機発券」のきっぷしかないと思っていたため、
新たな発見でした。

横浜ランドマークタワー スカイガーデン入場券(常備券).jpg 横浜ランドマークタワー スカイガーデン入場券(自動券売機).jpg

ツアー当日は時間が取れなかったので、後日確認したところ、
「常備券」は料金区分別に設備されていることを確認しましたが、
写真部分は1種類のみとのことでした。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

横浜市交通局 横浜市内遊覧バス「横濱ベイサイドライン」乗車券(追加版)

去る9月30日を以て、横浜市内遊覧バス「横濱ベイサイドライン」の
運行が終了し、横浜市交通局による市内遊覧80年の歴史に幕を閉じました。

運行終了時には、
・午前コース:まるごと早まわり=スカイガーデン〜港の見える丘公園〜大さん橋、他
・午後コース:開港ものがたり=三渓園〜マリンタワー〜赤レンガ倉庫、他
・夜景コース:横濱夜景=横浜三塔〜大さん橋〜スカイガーデン
の3コースがあり、夜景コースが土曜日のみの運行で、他の2コースは
毎日運行していましたが、夜景コースについては一足先に、9月24日に
運行終了となっています。

私自身「横浜市出身」ゆえ、3年前に1度利用したことはあるものの、
その後は特にお世話になった機会はありませんでしたが、お名残乗車と
なる最終月の9月に、3コースを制覇してきました。

拙ブログでは、きっぷ関係のみ紹介したいと思います。

○乗車券(写真左から右へ:午前コース、午後コース、夜景コース)
横浜市交通局 横濱ベイサイドライン 乗車券(午前コース).jpg 横浜市交通局 横濱ベイサイドライン 乗車券(午後コース).jpg 横浜市交通局 横濱ベイサイドライン 乗車券(夜景コース).jpg

乗車券はコース別に設備されており、終了後も特に回収されません。

写真は省略しますが、裏面は座席表となっています。

また、上記コースに加え、中華街やみなとみらい地区のホテルでの食事が
セットになったプランもあり、その場合は乗車券の下側に、その利用券が
付いていました(他の方が所持している乗車券で確認)。

○横浜夜景バスツアー ドリンク引換券
横浜市交通局 横浜夜景バスツアー ドリンク引換券.jpg

「夜景コース」の場合、最終目的地が「横浜ランドマークタワー69階」と
なっていましたが、同階にある「スカイガーデン」で利用出来るドリンク
引換券が配布されていました。

券面を見ると「オリジナルデザイン」だったことから、引き換えずに
そのまま「コレクション」にしたのは、言うまでもありません(笑)。

○パズル型記念乗車券
横浜市交通局 横濱ベイサイドライン さよならキャンペーン 記念乗車券(表).jpg 横浜市交通局 横濱ベイサイドライン さよならキャンペーン 記念乗車券(裏).jpg

運行終了に伴い、9月1日から30日まで「さよならベイサイドライン」と
称するキャンペーンが始まり、期間中の乗客を対象とした先着1500名に、
観光バスをモチーフにした「パズル型記念乗車券」を配布していました。

ところで、10月1日からは「あかいくつ」の増便と、新たにラッピングバス
・ぶらり三渓園BUS
・ぶらり赤レンガ倉庫BUS
・ぶらり野毛山動物園BUS
の各路線が新設されるとのことで、「横濱ベイサイドライン」が巡っていた
主な観光スポットへは、これらのバスに乗って・・・ということになります。
※但し、新設路線の運行は土休日のみのようです。



−−−−−以下は、2013年8月22日に投稿した記事です−−−−−



8月中の土、日と10日〜18日の14日間限定で、横浜市内の
観光スポットを駆け足で巡る、横濱ベイサイドラインの夏限定コース
「かけあし de まるかじり」が運行されるとのことで、一応、
横浜市出身ではありますが「きっぷ」が気になったので、
盆休みの帰省の際に験してきました。

こちらが「かけあし de まるかじり」の乗車券となります。

横浜市交通局・横濱ベイサイドライン乗車券(かけあしdeまるかじり).jpg

期間限定でありながら、専用乗車券となっています。

横浜駅東口を出発(終着)とし、赤レンガ倉庫や横浜三塔、横浜ベイブリッジなど、
基本「車窓から楽しむ」という内容で、唯一「港の見える丘公園」のみ下車
見学となっていますが、2時間という短時間ではあるものの、横浜のポイントとなる
名所は押さえていると思いました。
posted by 僕ドラ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

埼玉高速鉄道 しらこばと往復割引セット乗車券(追加版・その6)

今夏も例年どおり販売されました。

あと数日で販売終了というタイミングでしたが、浦和美園駅で手にした
きっぷは、発駅常備式(発行箇所補充式)でした(他の駅は未確認)。

よく見ると、今まで券番が「3桁」だったのが「4桁」に増えており、
印刷枚数を増やしたのかもしれません・・・

写真左から右へ大人用、中学生用、小学生用となります。

埼玉高速鉄道 しらこばと往復割引セット乗車券(大人用2016年・発駅常備).jpg 埼玉高速鉄道 しらこばと往復割引セット乗車券(中学生用2016年・発駅常備).jpg 埼玉高速鉄道 しらこばと往復割引セット乗車券(小学生用2016年・発駅常備).jpg



−−−−−以下は、2015年9月6日に投稿した記事です−−−−−



昨夏、様式変更後の「発駅補充式」に初めて遭遇しましたが、8月1日時点で
「発駅補充式」のものが、浦和美園駅に設備されていました。

○発駅常備式(写真左から右へ:大人用、中学生用、小学生用)
埼玉高速鉄道 しらこばと往復割引セット乗車券(大人用2015年・発駅常備).jpg 埼玉高速鉄道 しらこばと往復割引セット乗車券(中学生用2015年・発駅常備).jpg 埼玉高速鉄道 しらこばと往復割引セット乗車券(小学生用2015年・発駅常備).jpg

○発駅補充式(写真左から右へ:大人用、中学生用、小学生用)
埼玉高速鉄道 しらこばと往復割引セット乗車券(大人用2015年・発駅補充).jpg 埼玉高速鉄道 しらこばと往復割引セット乗車券(中学生用2015年・発駅補充).jpg 埼玉高速鉄道 しらこばと往復割引セット乗車券(小学生用2015年・発駅補充).jpg



−−−−−以下は、2014年9月12日に投稿した記事です−−−−−



既に販売終了となっていますが、今シーズンのデザインは、
「昨シーズンとデザインは同じの色違い」となっていました。

また、今シーズンは購入時期が販売終了直前だったため、
「発駅常備式」のものの在庫がなくなったようで、「発駅補充式」で
対応するケースに(様式変更後)初めて遭遇しました。

来年以降は、販売開始直後と終了直前の2回チェックしなければ・・・。

写真左から右へ、浦和美園駅発行の東川口発着分となる大人用、中学生用、
小人用です。

埼玉高速鉄道・しらこばと往復割引セット乗車券(大人用2014年・発駅補充).jpg 埼玉高速鉄道・しらこばと往復割引セット乗車券(中学生用2014年).jpg 埼玉高速鉄道・しらこばと往復割引セット乗車券(小学生用2014年).jpg


−−−−−以下は、2013年7月27日に投稿した記事です−−−−−



今夏も発売開始されました。

昨夏同様、「しらこばと水上公園入場券」を含めて、1枚にまとまっており、
券面デザインも大きく変わっています。

また、昨夏発売分までは発行箇所常備となっていましたが、今夏販売分は、
赤羽岩淵発着分のみ発行箇所常備(浦和美園駅発行)で、川口元郷〜東川口の各駅
販売分は発行箇所補充(ハンコ押し)となりました。

写真左から右へ、浦和美園駅発行の東川口発着分となる大人用、中学生用、
小人用です。

埼玉高速鉄道・しらこばと往復割引セット乗車券(大人用2013年).jpg 埼玉高速鉄道・しらこばと往復割引セット乗車券(中学生用2013年).jpg 埼玉高速鉄道・しらこばと往復割引セット乗車券(小人用2013年).jpg



−−−−−以下は、2012年7月27日に投稿した記事です−−−−−



今夏も発売開始されました。

昨夏同様、「しらこばと水上公園入場券」を含めて、1枚にまとまって
いますが、券面デザインは大きく変わっています。

写真左から右へ大人用、中学生用、小人用となります。

埼玉高速鉄道・しらこばと往復割引セット乗車券(大人用2012年).jpg 埼玉高速鉄道・しらこばと往復割引セット乗車券(中学生用2012年).jpg 埼玉高速鉄道・しらこばと往復割引セット乗車券(小人用2012年).jpg



−−−−−以下は、2011年7月17日に投稿した記事です−−−−−



きのう7月16日より8月31日までの期間限定で、今年もセット乗車券が
発売開始されました。

今年のモノは、昨年までのデザインとは大きく変更され、また、従来は
別添となっていた「しらこばと水上公園入場券」を含めて、1枚にまとまりました。

写真左から右へ大人用、中学生用、小人用となります。

埼玉高速鉄道・しらこばと往復割引セット乗車券(大人用2011年).jpg 埼玉高速鉄道・しらこばと往復割引セット乗車券(中学生用2011年).jpg 埼玉高速鉄道・しらこばと往復割引セット乗車券(小人用2011年).jpg

鉄道とバスの運賃部分は小学生までが小人、中学生以上は大人ですが、
「しらこばと水上公園の入場料」が中学生までは小人、高校生以上が
大人となっていることから、中学生用のモノが存在しています。

昨年までは、浦和美園駅到着後に購入する場合に対応している「発行駅名の他、
発駅名、運賃、有効期限などが記入式」となるバージョンありましたが、
今年は、こちらも「浦和美園駅発行の発駅名常備」となり、記入式は
設備されていないとのことです。



−−−−−以下は、2010年8月10日に投稿した記事です−−−−−



8月31日までの毎年この時期恒例で、
・埼玉高速鉄道各駅〜浦和美園駅間往復乗車券
・国際興業バス浦和美園駅〜しらこばと水上公園間往復乗車券
・しらこばと水上公園入場券
がセットになった企画乗車券が発売されています。

昨年まで、埼玉高速鉄道のホームページで紹介されていた乗車券は、発行駅名の他、
発駅名、運賃、有効期限などが記入式となるバージョンでしたが、今年は発行日以外が
「印刷済み」のものになっています。

写真上が大人用(中学生以上)、写真下が小児用です。

埼玉高速鉄道・しらこばと往復割引セット乗車券(東川口駅).jpg

小児用の左下には、小児断片と思われる部分がありますが、運賃額は小児運賃が
印刷済みとなっていることから、単に「小児」を示しているだけと思われます。

有効期限が「印刷済み」となったことから、毎年、その年専用として印刷を
行うのでしょうか???

ちなみに、赤羽岩淵駅発のものは、浦和美園駅でのみ取り扱っており、
発行駅名が赤羽岩淵駅ではなく浦和美園駅となります。

また、発行駅名の他、発駅名、運賃、有効期限などが記入式となるバージョンは
大人用、小児用共に存在し、赤羽岩淵駅を除く各駅発で、浦和美園駅到着後に
購入する場合に対応しているようです。

購入の際には、実際にはこの他に「しらこばと水上公園入場券」が付きますが、
色紙の味気ないものなので、省略します(笑)。
posted by 僕ドラ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

伊豆急行 踊り子号特急券、スーパービュー&リゾート踊り子号特急グリーン券、普通・快速グリーン券(JR伊東駅)

伊豆クレイルの運行開始に伴い、同列車を伊豆急線内のみ利用する際に
発券される「普通・快速グリーン券」が、JR伊東駅に設備されました。

伊豆急行 普通・快速グリーン券(伊東駅).jpg

伊豆クレイルは「全車両指定席の快速列車」であることから、既存の
料金券では対応出来ないため、今回新設されたと思われます。

また、グリーン料金については「大小区別がない」ので、設備された
口座は1つのみとなっていますが、グリーン券なのに地紋色が
「緑色じゃない」のが、ちょっと残念です・・・。



−−−−−以下は、2014年9月18日に投稿した記事です−−−−−
(旧タイトル:伊豆急行 踊り子号特急券、スーパービュー&リゾート
踊り子号特急グリーン券(JR伊東駅)(追加版))



JR伊東駅で扱っている、伊豆急行線内完結の「踊り子号」関連の特急券と
グリーン券に、消費税率8%化対応の新券が登場しています。

8%化後の5月に訪問した際には、旧券の料金訂正で対応していましたので、
それ以降に登場したようです。

今回の新券登場で、
・大小別口座化
・B特急踊り子号特急グリーン券の新設
となり、取り扱い口座数が合計6口座となりました。

写真はいずれも、左側が大人用、右側が小児用となります。

○踊り子号特急券
伊豆急行・踊り子号特急券(伊東駅)5(大人).jpg 伊豆急行・踊り子号特急券(伊東駅)5(小児).jpg

○A特急 踊り子号 特急グリーン券
伊豆急行・A特急踊り子号特急グリーン券(伊東駅)1(大人).jpg 伊豆急行・A特急踊り子号特急グリーン券(伊東駅)1(小児).jpg

○B特急 踊り子号 特急グリーン券
伊豆急行・B特急踊り子号特急グリーン券(伊東駅)1(大人).jpg 伊豆急行・B特急踊り子号特急グリーン券(伊東駅)1(小児).jpg




−−−−−以下は、2013年12月9日に投稿した記事です−−−−−



JR伊東駅で発売される伊豆急行線内完結の「踊り子号」関連の特急券は、
「指のみ券」+料金券に当たる「常備軟券または出札補充券」の組み合わせと
なりますが、このうち桃色地紋の常備軟券である「踊り子号特急券」について、
購入時期により券面に「微妙な変化」があることに気付きました。

<踊り子号特急券>
○2007年購入
伊豆急行・踊り子号特急券(伊東駅)1.jpg

○2009年購入:区間表記のフォントサイズ変更
伊豆急行・踊り子号特急券(伊東駅)2.jpg

○2012年購入:片矢式(→)から相互式(←→)へ
伊豆急行・踊り子号特急券(伊東駅)3.jpg

○2013年購入:伊豆急線内→伊豆急行線内、券番フォント変更
伊豆急行・踊り子号特急券(伊東駅)4.jpg

一方、緑色地紋の「スーパービュー&リゾート踊り子号特急グリーン券」については、
約9年の間がありますが、特に変化はないようです。

恐らく、伊豆急線内のみグリーン車を利用する客が少ないのでしょう・・・。

<スーパービュー&リゾート踊り子号特急グリーン券>
○写真左:2004年購入/写真右:2013年購入
伊豆急行・スーパービュー&リゾート踊り子号特急券(伊東駅)1−1.jpg 伊豆急行・スーパービュー&リゾート踊り子号特急券(伊東駅)1−2.jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 箱根・伊豆・富士関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

伊豆急行 「リゾート21・フェスタ」

「アルファ・リゾート21」のリニューアル化、「リゾートドルフィン」号の
カラーリング変更に伴い、去る8月21日に「リゾート21・フェスタ」が
開催されました。

伊豆高原駅構内では、「リゾート21・3編成撮影会」が催され、参加者には
D型硬券記念入場券とポストカードが配布されました。

○D型硬券記念入場券とポストカード
伊豆急行 「リゾート21・フェスタ」撮影会 記念入場券.jpg 伊豆急行 「リゾート21・フェスタ」撮影会 ポストカード.jpg

D型硬券記念入場券の地紋は、「東急グループ統一マーク」に加え、
「Alpha Resort21」のロゴマークと
「IZUKYU CORPORATION」が記されています。

また、事前申し込みで「アルファ・リゾート21 特別運転」が行われ、
乗車券はオリジナルデザインのD型硬券が発行され、乗車証明書と記念品
(手ぬぐい)がプレゼントされました。
※手ぬぐいの写真は省略。

○ありがとう!アルファ・リゾート21「特別運転」乗車券と乗車証明書
伊豆急行 ありがとう!アルファ・リゾート21「特別運転」乗車券.jpg 伊豆急行 アルファ・リゾート21「特別運転」乗車証明書.jpg

D型硬券乗車券は「号車補充」となっています。
一方、記念乗車証はポストカードサイズでしたが、こちらもD型硬券の
方が良かったなぁ・・・と思ったのは、私以外にもいらっしゃるのでは?

その他、「アルファ・リゾート21 特別運転」を記念した記念乗車券の
先行販売がありました。

○記念乗車券
伊豆急行 ありがとう!アルファ・リゾート21「特別運転」記念乗車券1.jpg 伊豆急行 ありがとう!アルファ・リゾート21「特別運転」記念乗車券2.jpg

こちらの地紋は先の記念入場券、乗車券と異なり、「伊豆急行・旧地紋」と
なっています。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 箱根・伊豆・富士関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

東京急行電鉄 振替乗車票

8月16日、田園都市線・桜新町駅で発生した信号トラブルは、
運転再開後もなかなか正常運転に復帰することが出来ず、長時間
「振替輸送」を行っていました。

ちょうど、渋谷界隈にいたことから、東急渋谷駅で「振替乗車票」を
貰ってみました。

東京急行電鉄 振替乗車票(渋谷駅長).jpg 東京急行電鉄 振替乗車票((田)渋谷駅長).jpg 東京急行電鉄 振替乗車票((新)渋谷駅長).jpg

改札口により、発行駅長名の「駅名記載方法」に違いがありました。

恐らく、写真左のものが最新版と思われ、写真中は副都心線開業以前の
「田園都市線・渋谷駅」、写真右は社名が「東京急行」であることから、
「新玉川線(or新線)・渋谷駅」を意味するのではないかと思われます・・・。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 証明書、乗車証、乗車票、調査票、整理券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする