2017年02月21日

伊予鉄道 伊予鉄バス乗車券

JR松山駅構内にある観光案内所で取り扱っている、伊予鉄バス乗車券です。

取り扱い口座は「松山観光港」までと「松山空港」までの、大人用2口座のみと
なっています。

○伊予鉄バス乗車券(写真左:松山観光港⇔JR松山駅前/写真右:JR松山駅前⇔松山空港)
伊予鉄道 伊予鉄バス乗車券(松山観光港⇔JR松山駅前).jpg 伊予鉄道 伊予鉄バス乗車券(JR松山駅前⇔松山空港).jpg

かつては、松山観光港の案内所でも数口座取り扱っていたようですが、
バス乗り場付近に自動券売機が設置された関係で、取り扱いは終了して
しまったようです・・・。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 常備券(硬券、軟券) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

伊予鉄道 イヨテツバス臨時乗車券

伊豫豆比古命神社の神事で、旧暦正月7日〜9日に行われる「椿まつり」では、
伊予鉄道が「椿前」までの臨時バスを運行していますが、一部乗り場にて、
「バス臨時乗車券」という金額式の軟券を販売しています。

運賃設定区間としては、
(1)JR松山駅〜椿前:大人350円/小児180円
(2)松山市駅〜椿前:大人310円/小児160円
(3)河原町、立花駅前〜椿前:大人210円/小児110円
となっており、JR松山駅前では(1)のみを、松山市駅では(2)のみを
椿前では(1)〜(3)のすべてを取り扱っています。

写真は、今シーズン椿前で購入した小児110円券ですが、前述のとおり
すべての口座が金額式であることから、金額部分以外の相違はありません。

伊予鉄道 イヨテツバス臨時乗車券(110円).jpg

今シーズン購入した「小児用」については、いずれも券面に何の表記も
ありませんでしたが、約10年前に購入したものについては、2枚目の
写真のように「小児」の表記があるとともに、印刷も「活版印刷」っぽい
感じで、どことなく時代を感じさせる雰囲気があります。

伊予鉄道 イヨテツバス臨時乗車券(100円).jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 常備券(硬券、軟券) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

横浜市交通局協力会 横浜市電保存館 入場券

1月28日、横浜市電保存館がリニューアル・オープンしました。

これに伴い、入館料金が改定され、
・大人(高校生以上):100円 → 300円
・小、中学生:50円 → 3歳〜中学生:100円
となり、優待制度料金も見直されました。

また、入館券については、「入場券」と名称が変わると共に、今まで
「優待制度料金」では発券されなかった「入場券」も、今回新たに
設備されました。

○大人(高校生以上)用入場券(写真左:通常料金/写真右:優待制度料金)
横浜市交通局協力会 横浜市電保存館 入場券(大人300円).jpg 横浜市交通局協力会 横浜市電保存館 入場券(大人200円).jpg

○3歳〜中学生用入場券(写真左:通常料金/写真右:優待制度料金)
横浜市交通局協力会 横浜市電保存館 入場券(3歳から100円).jpg 横浜市交通局協力会 横浜市電保存館 入場券(3歳から50円).jpg

横型の入館券から縦型となり、写真はいずれも「市電」を・・・と思ったところ、
「3歳〜中学生」用の「優待制度料金」券のみ、どこを見ても「市電」の
姿が見えません!!

ここはやはり、他の入場券同様、「市電」の写真を採用すべきだろう・・・と
思ったのは、言うまでもありません。



−−−−−以下は、2016年6月8日に投稿した記事です−−−−−
(旧タイトル:横浜市交通局協力会 横浜市電保存館 入館券)



実に約40年ぶりに「横浜市電保存館」を訪問しました。

その当時はまだ、今のような展示内容ではなく、入館料金も無料でしたが、
今は、大人100円/小中学生50円となっています。

ネットで検索してみると、何年か前までは、機械発券の入館券のようでしたが、
今は、「大人用」「小中学生用」別デザインの「しおりタイプ」と
なっているようです。

写真左が大人用、写真右が小中学生用の入館券となります。

横浜市交通局協力会 横浜市電保存館 入館券(大人).jpg 横浜市交通局協力会 横浜市電保存館 入館券(小中学生).jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

東野交通 東野バス前売乗車券

JR黒磯駅前の東野交通黒磯営業所の出札窓口で販売している
「東野バス前売乗車券」です。

1月7日に運行された「風っこストーブ那須野号」の黒磯駅折り返しの間に、
同所を訪問したところ、
・「とうやこうつう」旧地紋券
・「New108」CI地紋券
に加えて1口座のみですが、明らかに「地紋色の異なる券」があり、窓口氏に
見せてもらったところ、2016年2月9日より使用開始された新しい
「ロゴマーク」を使用した
・「TOYA」新ロゴマーク地紋券
でした。

順次「TOYA」新ロゴマーク地紋に切り替わると思われますが、かなりの
時間がかかるのではないかと・・・。

写真左から右へ、「とうやこうつ」旧地紋、「New108」CI地紋、
「TOYA」新ロゴマーク地紋の乗車券となります。

東野交通 東野バス前売乗車券(旧地紋).jpg 東野交通 東野バス前売乗車券(NEW108地紋).jpg 東野交通 東野バス前売乗車券(TOYA地紋).jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北関東関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

JR東日本 風っこストーブ日光号、那須野号、烏山号 乗車記念硬券

1月7、8日、「風っこストーブ日光号」「風っこストーブ那須野号(7日のみ)」
「風っこストーブ烏山号(8日のみ)」が運行されました。

車内では、カラーコピー製の「乗車記念カード(コピー紙)」や「缶バッジ」
「パンフレット」「チーズケーキ(烏山号下り)」などが配布されましたが、
以前乗車した「風っこ日光号」と異なり、今回はそれぞれの区間に対応した
「乗車記念硬券」も配布されました。

B型赤地紋の一般式で、よーく見ると「JNRこくてつ」地紋だったりします。
往路、復路の区間毎に準備されており、気になる「券番」については、
各列車の「運行日(月日の4桁)」となっています。

ネット検索したところ、「乗車記念硬券」については、昨夏、烏山線で運行された
「風っこ烏山夕涼み号」でも配布されていたようです・・・。

◯風っこストーブ日光号 乗車記念硬券(表面)
JR東日本 風っこストーブ日光号 乗車記念硬券(宇都宮→日光).jpg JR東日本 風っこストーブ日光号 乗車記念硬券(日光→宇都宮).jpg

◯風っこストーブ日光号 乗車記念硬券(裏面)
JR東日本 風っこストーブ日光号 乗車記念硬券(裏面。1月7日).jpg JR東日本 風っこストーブ日光号 乗車記念硬券(裏面。1月8日).jpg

◯風っこストーブ那須野号 乗車記念硬券(表面)
JR東日本 風っこストーブ那須野号 乗車記念硬券(宇都宮→黒磯).jpg JR東日本 風っこストーブ那須野号 乗車記念硬券(黒磯→宇都宮).jpg

◯風っこストーブ那須野号 乗車記念硬券(裏面)
JR東日本 風っこストーブ那須野号 乗車記念硬券(裏面).jpg

◯風っこストーブ烏山号 乗車記念硬券(表面)
JR東日本 風っこストーブ烏山号 乗車記念硬券(宇都宮→烏山).jpg JR東日本 風っこストーブ烏山号 乗車記念硬券(烏山→宇都宮).jpg

◯風っこストーブ烏山号 乗車記念硬券(裏面)
JR東日本 風っこストーブ烏山号 乗車記念硬券(裏面).jpg



−−−−−以下は、2015年7月4日に投稿した記事です−−−−−
(旧タイトル:JR東日本 風っこ日光号乗車記念カード)



去る6月13,14日の2日間、JR日光線:宇都宮〜日光間で運行された、
快速「風っこ日光号」の車内で配布された乗車記念カードです。

JR東日本 風っこ日光号乗車記念カード(2015年6月).jpg

DD51に牽引されている「キハ48系びゅうコースター」の写真を使用していますが、
私が乗車した6月13日は、キハ40に牽引されていました。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 証明書、乗車証、乗車票、調査票、整理券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする