2017年04月28日

江ノ島電鉄 のりおりくん(委託販売用。追加版・その2)

江ノ電沿線にあるホテルなどの委託販売所で取り扱っている
「のりおりくん」の券面デザインが、いつの間にか替わっていました。

写真左が大人用、写真右が小児用となります。

江ノ島電鉄 のりおりくん(委託販売・大人用。消費税率8%−2).jpg 江ノ島電鉄 のりおりくん(委託販売・小児用。消費税率8%−2).jpg



−−−−−以下は、2014年6月8日に投稿した記事です−−−−−



消費税率8%化に伴い、料金変更後の新券が登場しましたが、
それ以外のデザイン等に変更はないようです。

写真左が大人用、写真右が小児用となります。

江ノ島電鉄・のりおりくん(委託販売・大人用。消費税率8%).jpg 江ノ島電鉄・のりおりくん(委託販売・小児用。消費税率8%).jpg



−−−−−以下は、2013年1月11日に投稿した記事です−−−−−



江ノ電沿線にあるホテルなどの委託販売所で取り扱っている
「のりおりくん」が、紙式から「磁気カード式」に変更されたようです。

写真左が大人用、写真右が小児用となります。

江ノ島電鉄・のりおりくん(カード式委託販売用・大人用).jpg 江ノ島電鉄・のりおりくん(カード式委託販売用・小児用).jpg

江ノ電の路線図と沿線の名所が描かれています。

「磁気カード式」なので、自動改札機に投入すると、日付が印字される
はずですが、無人駅から乗車し、下車の際に(はじめて)自動改札機に
投入すると、次に(自動改札機のある駅から)乗車しても、日付が
印字されないようです(バグか?)。
※本来は、稲村ケ崎の右斜め下に印字される。

江ノ電では、
・2012年4月1日〜「鎌倉・江の島アフタヌーンパス」
・2012年4月28日〜「鉄道開業110周年&バス開業85周年記念のりおりくん」
をそれぞれ発売開始しており、「磁気カード式」への切り替えは、
この辺りの時期と同じではないかと考えられます。

ちなみに、従来の「紙式」は、下の写真に示すものですが、大きさは
「ハガキ大」であり、発売の際に「日付を押印」する手間もありましたので、
販売側の手間が減り、かつ購入日以外でも使用可能となりましたが、
やはり「紙式」の方が良かったなぁ・・・と思うのは、私だけでは
ないでしょう(笑)。

江ノ島電鉄・のりおりくん(紙式委託販売用).jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 磁気式乗車券・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

江ノ島電鉄 パーク&ライドパス、パーク&レールライドパス

ブログ開設当時に一度記事にしていますが、当時のサーバー容量の関係で
該当記事を削除してしまったため、改めて「現在」の状況を記事にしました。

江ノ電では現在、「由比ガ浜」「七里ガ浜」「江ノ島」「稲村ガ崎」の
4か所で、「パーク&ライド」もしくは「パーク&レールライド」を行っており、
それぞれで「フリーきっぷ」の設定があります。

「稲村ガ崎」については、当初から端末磁気券での対応でしたが、
他の3か所については、10年ほど前は「常備券」だったものの、現在は
「由比ガ浜」のみが常備券で、「七里ガ浜」は磁気カード化、「江ノ島」は
端末磁気券化されています。

基本は「駐車料金」プラス「大人2名分のフリーきっぷ」ですが、
大人、小児とも、フリーきっぷの追加購入が可能です。

ただ、フリーきっぷ入手のためには、該当駐車場の「駐車券」が必要で、
きっぷだけを目当てにするには、ちーとハードルが高い案件と思われます。

○由比ガ浜パーク&ライドパス
江ノ島電鉄 由比ガ浜パーク&ライドパス(大人用).jpg 江ノ島電鉄 由比ガ浜パーク&ライドパス(小児用).jpg
(小児用は追加購入分)

○七里ガ浜パーク&レールライドパス
江ノ島電鉄 七里ガ浜パーク&レールライドパス(大人用).jpg 江ノ島電鉄 七里ガ浜パーク&レールライドパス(小児用).jpg
(小児用は追加購入分)

○江ノ島パーク&レールライドパス
江ノ島電鉄 江ノ島パーク&レールライド(大人用).jpg
(大人用がもう1枚と案内文がセットになります)

○稲村ガ崎パーク&レールライドパス
江ノ島電鉄 稲村ガ崎パーク&レールライド(大人用).jpg
(大人用がもう1枚と案内文がセットになります)

3月中旬に訪問していますが、その後、4月1日から「江ノ島」の
フリーきっぷ区間が、「江ノ島〜鎌倉」間から「全線」に拡大されており、
恐らく端末磁気券の券面デザインが、「稲村ガ崎」と同じになったのでは
ないかと思われます。
(追加購入分は、「のりおりくん」を購入対応・・・となったようです)

ちなみに、「稲村ガ崎」の券面デザインは、端末磁気券の「のりおりくん」と
同じです。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

熊本市交通局 乗継乗車券

辛島町電停で下車する際、「A系統→B系統」もしくは「B系統→A系統」への
乗継を申告すると、写真のような「乗継乗車券」が発券されます。

写真左が「A系統→B系統」、写真右が「B系統→A系統」の乗継乗車券となります。

熊本市交通局 乗換乗車券(A→B).jpg 熊本市交通局 乗換乗車券(B→A).jpg

無地色紙で、残念ながらコピー製のようです・・・。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗継券・乗換券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

加越能バス 片道無料チケット

わくライナー利用客が、新高岡駅で「アウトレットライナー」に乗り継いで
「三井アウトレットパーク北陸小矢部」へ行く場合、下車時に申告すると、
「片道無料チケット」を貰うことが出来ました。

加越能バス 片道無料チケット.jpg

無地色紙ですが、小型常備軟券となっていました。

というのも、高岡駅・新高岡駅発のバスは利用客低迷なのか、訪問後の2月26日の
運行を以て廃止されてしまいました・・・。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 証明書、乗車証、乗車票、調査票、整理券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

加越能バス わくライナー フリーきっぷ

運行開始当初は現金払いのみでしたが、現在は発行日より2日間有効の
フリーきっぷが設備されています。

加越能バス わくライナー フリーきっぷ.jpg

大小兼用券となっています。

高岡〜氷見の往復だけでは元が取れませんが、高岡〜七尾・和倉温泉は
当日のみの往復でも、充分元が取れる設定となっています。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする