2012年09月17日

大韓民国 韓国鉄道公社、JR九州 韓日共同乗車券(追加版・その2)

ゴールデンウィークに訪韓した際には、船舶なしのものを購入しましたが、
JR九州以外のJR着にするか、船舶付きのものにするか迷った結果、
今夏訪韓の際には、「釜関フェリー」の乗船券付きのJR九州着を
購入してみました。

先ずは、表紙です。

韓国鉄道公社・韓日共同乗車券(新券・フェリー)1.jpg

表紙については、船舶なしのものと変わりありません。

次は、控え片です。

韓国鉄道公社・韓日共同乗車券(新券・フェリー)2.jpg

今回は、船舶付きのものなので、KTXとJRの間に
「釜関FERRY・関釜FERRY」の記入欄があります。

次は、韓国鉄道区間の乗車券です。

韓国鉄道公社・韓日共同乗車券(新券・フェリー)3.jpg

前回購入した船舶なしのものと、差はありません。

次は、釜関フェリー・関釜フェリーの乗船券です。

韓国鉄道公社・韓日共同乗車券(新券・フェリー)4.jpg

水色地紋のきっぷで、中央部には「釜関フェリーのシンボルマーク」が
記されています。

最後は、JR区間の乗車券です。

韓国鉄道公社・韓日共同乗車券(新券・フェリー)5.jpg

「釜関フェリー・関釜フェリー」は博多港ではなく下関港に着くことから、
博多発ではなく「下関」発となっています。

船舶付きのものを購入する際、日本側は、船舶を含めての予約すべてが
購入の際に可能ですが、韓国側の場合、船舶の予約のみ「購入者自身」が
予め必要があります。

ちなみに、韓国側から見た船舶付きの復路券(日本→韓国)は、オープンで
購入可能ですが、それでも船舶の「予約番号」が必要なようです・・・。



−−−−−以下は、2012年5月20日に投稿した記事です−−−−−



約6年ぶりに、韓国側発券の「韓日共同乗車券」を購入しました。

この間、取扱代理店が「興益旅行社」から「KORAIL観光開発」に
変更され、また、購入方法についても、店舗での直接販売から、
「ネットで予約→指定口座への代金振り込み→店舗で受領または宅配」と
なっていました。

また、一部については、「韓国鉄道庁→韓国鉄道公社(KORAIL)名義」の
ものに切り替わっていました。

今回は、その「韓国鉄道公社(KORAIL)名義」の新券を紹介したいと
思いますが、発券区間等は、以前投稿した記事に合わせています。

先ずは、表紙です。

韓国鉄道公社・韓日共同乗車券(新券)1.jpg

基本的なデザインに変更はありませんが、色の使い方は全く異なっています。

以前は、JR会社毎に色を変えていましたが、新券もそうなっているのかは
未確認です。

次は、控え片です。

韓国鉄道公社・韓日共同乗車券(新券)2.jpg

韓国鉄道の着駅から「慶州」が削除され、列車名が「セマウル号→KTX」に
変わりました。

次は、韓国鉄道区間の乗車券です。

韓国鉄道公社・韓日共同乗車券(新券)3.jpg

中心部に描かれているロゴマークが、韓国鉄道庁のマークから
「KORAIL」ロゴに変わると共に、今まで「JR地紋」だったのが
新地紋になっています(JR券で拡大写真)。


最後は、JR区間の乗車券です。

韓国鉄道公社・韓日共同乗車券(新券)4.jpg

韓国鉄道区間の乗車券同様、地紋が「JR地紋」ではありません。

地紋を拡大し確認しましたが、「何をデザインしたものだろう・・・」と
小一時間・・・あくまでも推測ですが、「KORAIL」ロゴマークにある
「O」の文字を地紋化しているようです。

また、アルファベット「K」については、「JR地紋」時代は
九州の「K」でしたが、果たして新券も同じなのかは、今後、
JR他社着のものを購入して確かめたいと思います。



−−−−−以下は、2006年2月3日に投稿した記事です−−−−−
※過去記事を一部編集しました(記載内容に変更なし)。



韓国鉄道公社・韓日共同乗車券(旧券)1.jpg

「日韓共同きっぷ」をご存じでしょうか?

詳細は、「JR時刻表」の「ピンクのページ」を参照していただくとして、
「韓日共同乗車券」はその韓国側発券版となります。

韓国国内の鉄道は、日本側発券の場合「ソウル−釜山」間または
「ソウル−慶州(キョンジュ)」間の2ルートしかありませんが、
韓国側発券の場合は、「ソウル−釜山」間の他、「大田(テジョン)−釜山」間、
「東大邱(トンデグ)−釜山」間を選択できます。

韓国鉄道公社・韓日共同乗車券(旧券)2.jpg

一方、日本国内の鉄道(JR)は、日本側発券の場合、札幌市内からの
発券も可能ですが、韓国側発券の場合の最遠地は、東京都区内までとなります。

韓国と日本の間は、「関釜フェリー」または「JR九州高速船」を
選択しますが、これらを選択しない「日韓の鉄道のみ」の発券も可能です。

韓国鉄道公社・韓日共同乗車券(旧券)3.jpg

で、今回の韓国旅行では、韓国側発券の最安値である「東大邱(トンデグ)−
釜山」+「博多−小倉」のルート(船なし)を購入しました。

写真上から、
(1)表紙
(2)控え
(3)東大邱(トンデグ)→釜山間、KTX乗車券
(4)博多→小倉間、JR乗車券
となります。

韓国鉄道公社・韓日共同乗車券(旧券)4.jpg

注目すべきところは、(4)のJR会社線別に(3)(4)の地紋が異なることで、
今回の券は「JR九州地紋」券となっています(表紙の色も変わります)。
【関連する記事】
posted by 僕ドラ at 20:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 海外:大韓民国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 はじめまして。
 価格はどんなもんでしょうか?
Posted by K at 2007年04月17日 20:59
Kさん、おはようございます。

お返事が遅くなり、申し訳ありません。
掲載写真の区間は、ウォン高の影響からか?昨年11月に料金が改定され、
現在17200ウォンです。

また、HONGIK TOURのHPに、区間別料金表があります。
但し、すべて韓国語表記ですが・・・。
http://www.7788tour.co.kr/jptour/pay.asp

Posted by 僕ドラ at 2007年04月21日 07:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

韓国遠征用のメモ
Excerpt:  基本の要件: 手元に、8/28まで有効のNGO−ICN特典航空券(ANA)がある。 現在、8/18(土)の座席指定をしている。 ただ、8/18にシステムの切替があるとの噂も?! 問題は、どうやって韓..
Weblog: KAMMY'SHOMEPAGE写真館(試行運用中)
Tracked: 2007-07-10 23:30