2016年02月22日

台湾 台灣高速鐵路 單程票(追加版・その3)

今回は「高鐵周遊券」を使用したため、單程票は一切使用しませんでしたが、
収集用として購入してみたところ、券面右端に記載されていた自動改札機への
挿入方向を示す「背面朝上 挿入票口」の文言がなくなっていました。

ネットで調べてみると、昨年12月1日から、自動改札機が「どの方向から
乗車券を挿入しても、正常に読み取れるようになった」とのことで、
利便性が向上したようです。

台灣高速鐵路 單程票6.jpg



−−−−−以下は、2014年5月10日に投稿した記事です−−−−−



新年度早々、台湾へ出張する機会がありました。

今回は、あまり時間が取れなかったので、充分な「鉄分補給」は出来ませんでしたが、
収集したものを順次紹介したいと思います。

写真は、台灣高速鐵路の単程票ですが、クレジットカード専用の券売機で
購入したものです。

現金購入併用機と比べると、漢字やアルファベット、数字のフォントが
異なっています。

台灣高速鐵路・單程票5.jpg



−−−−−以下は、2013年5月12日に投稿した記事です−−−−−



このゴールデンウイーク期間中に、台湾旅行をしてきました。
いろいろなきっぷを購入して来ましたので、追って紹介したいと思います。

まずは、台灣高速鐵路の單程票(片道乗車券)です。
写真左が自由座車廂(自由席)、写真右が標準廂(普通車指定席)となります。

台灣高速鐵路・單程票2a.jpg 台灣高速鐵路・單程票3.jpg

昨年7月に紹介した2007年頃のものと比べると、券紙デザインが
若干変更されており、また印字レイアウトについても、列車番号や車両、
座席番号などが大きいフォントに変更されていました。

ちなみに、標準廂(普通車指定席)のみ前売り開始から8日前までに
購入すると、列車により運賃が1割引、2割引、3.5割引になる
制度があり、写真右のきっぷ左上のある「早鳥65」は、最大割引の
3.5割引であることを示しています。
※3.5割引の場合、自由座車廂(自由席)より安くなる!!



−−−−−以下は、2012年7月11日に投稿した記事です−−−−−



台湾・台灣高速鐵路の單程票(片道乗車券)です。

台灣高速鐵路・單程票1.jpg

今から5年ほど前、勤務先の先輩が台湾へ出張された際に
使用したものをいただきました。

一昔前ですと、台湾でも「硬券」が多く使われていたようですが、
台灣高速鐵路は今回紹介したもの、在来線などは様式の異なる
端末券や自動券売機券となっているようです。

残念ながら、私はまだ、台湾へ行ったことがありません・・・。


posted by 僕ドラ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外:台湾(中華民国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック