2014年12月06日

大韓民国 KORAIL空港鉄道 KTX連係乗車券(出入証)(追加版・その2)

KORAIL(韓国鉄道公社)発券による扱いについては変更はありませんが、
手渡される「連係乗車券」の記載内容が変更され、日本語を含む4か国語で
表記されていました。

ちなみに、日本語はここでも「中国語の後」になっています。

KORAIL空港鉄道・KTX連携乗車券(Pass)2.jpg



−−−−−以下は、2013年8月4日に投稿した記事です−−−−−



KORAIL(韓国鉄道公社)発券によるKORAIL空港鉄道の
「直通列車」乗車券の場合の扱いは、「KTX連係乗車券(出入証)」を
渡される点には変わりありませんが、座席指定が1〜3号車となり、
また、その「KTX連係乗車券(出入証)」の表面にあった乗車区間や
乗車日等も記載がなくなり、カードも青色のものから橙色のものに
替わりました。

写真左がKTX連係乗車券(出入証)、写真右がKORAIL(韓国鉄道公社)
発券によるKORAIL空港鉄道の「直通列車」乗車券となります。

KORAIL空港鉄道・KTX連携乗車券(出入証)2.jpg 韓国鉄道公社・列車乗車券(空港鉄道).jpg




−−−−−以下は、2012年9月16日に投稿した記事です−−−−−



A’REX空港鉄道がKORAIL空港鉄道に変わってから、KTXとの
連係乗車券(日本で言う連絡乗車券)が購入可能となっています。

今回、仁川国際空港からソウルを経由して釜山まで移動する際に、
どんなものかと購入してみました。

写真は、仁川国際空港の到着ロビーにあるカウンターにて購入した乗車券です。

韓国鉄道公社・列車乗車券(空港鉄道−KTX).jpg

KORAILで、2列車を乗り継ぐ際に発券される様式と同様でした。

ところで、KORAILは自動改札機を撤廃しているため、この乗車券でも
何ら問題がありませんが、KORAIL空港鉄道では、入出場の際に
自動改札機を通る必要があり、改札口で写真のようなカードを手渡されました。

KORAIL空港鉄道・KTX連携乗車券(出入証).jpg

「KTX連係乗車券(出入証)」と称するカードで、これを使用して
KORAIL空港鉄道は出入りするとのことでした。

本来なら、出場の際に自動改札機に回収されてしまいますが、
「記念に欲しい」旨を申し出て、手元に残った次第です…。
【関連する記事】
posted by 僕ドラ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外:大韓民国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック