2017年09月01日

上田電鉄 精算済証(追加版・その3)

下り線用の精算済証について、上田駅改札外で販売するものには、
「着駅名ハンコ押し」で対応していますが、「上田わっしょい」と
「信州上田大花火大会」に対応する精算済証に、「上田→(着駅名ハンコ
押し)」のような「区間表記」式のものが登場しています。

写真左が「上田わっしょい」、写真右が「信州上田大花火大会」の
「区間表記」式精算済証となります。

上田電鉄_上田わっしょい精算済証(下り線用)201708.jpg 上田電鉄_信州上田大花火大会精算済証(下り線用)201708.jpg

いずれも、着駅となる駅名については、同一運賃の最遠駅名が押されていました。



−−−−−以下は、2015年10月1日に投稿した記事です−−−−−



去る9月5日に開催された「第6回・真田幸村公出陣ねぷた」に関連し、
当日の16時台の上田行き列車から、車内でのきっぷ販売が行われるとの
告知があったことから、恐らく例の「精算済証」ではないかと思い、
買い求めてみたところ・・・確かに上り、下り別立ての「精算済証」では
あったんですが、既存のものとは異なり、モノクロプリンター印刷による
無地紋色紙でした・・・。

○真田幸村公出陣ねぷた精算済証
上田電鉄 真田幸村公出陣ねぷた精算済証.jpg




−−−−−以下は、2015年8月8日に投稿した記事です−−−−−



去る7月18日、ほぼ1年越しで「上田祇園祭」対応の「精算済証」を確認しに、
上田へ行って来ました。

○上田祇園祭精算済証
上田電鉄 上田祇園祭 精算済証.jpg

他の催事同様「上り専用」と「下り専用」の2種類ありましたが、ヘッダー部分の
フォントの大きさについては、「フォントの大きい方」しか確認出来ませんでした。



−−−−−以下は、2014年9月8日に投稿した記事です−−−−−



7月26日開催の「上田わっしょい」と8月5日開催の「信州上田大花火大会」では、
夕方以降、臨時列車が出るほど混雑する関係から、無人駅の一部で乗車前、車内精算または
上田駅(改札内・外)で、上田までの運賃 or 上田からの運賃を支払うと、
・上田までの運賃:上り専用
・上田からの運賃:下り線用(上田駅改札外では着駅名ハンコ押し)
の精算済証を手渡されます。

印刷時期の関係からか、ヘッダー部分のフォントの大きさが2種類ありました。
地紋色の濃淡も考慮すると、恐らくフォントの大きい方が新券で、小さい方が
旧券と思われます。

○上田わっしょい精算済証
上田電鉄・上田わっしょい精算済証(1).jpg 上田電鉄・上田わっしょい精算済証(2).jpg

○信州上田大花火大会精算済証
上田電鉄・信州上田大花火大会精算済証(1).jpg 上田電鉄・信州上田大花火大会精算済証(2).jpg

駅員さんの話では、7月開催の「上田祇園祭」でも同様な扱いがあるとのことでした。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 信州関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック