2014年12月20日

香港 香港鐵路 機場快綫 單程票

シンセン出張の往復とも香港経由でしたが、往路では時間が取れなかったことから、
復路=日本帰国前の数時間、少しだけ鉄分補給をしてみました。

先ずは、香港鐵路「機場快綫」です。

きっぷは、窓口と自動券売機で販売していましたが、窓口が混んでいたんで、
自動券売機でのみ購入しました。

空港・博覧館側から香港へ向かう場合と香港側から空港・博覧館へ向かう場合で、
券面デザインに相違が見られるようです。

ただ、機場站では行き先に関係なく、空港ターミナル側の自動券売機は「往市區」、
博覧館方面行きホーム上の自動券売機では「往機場/博覽館」の券紙を
使用していました。

◯單程票(往市區)(写真左:成人票/写真右:小童票)
香港鐵路・機場快綫 成人票(往市區).jpg 香港鐵路・機場快綫 小童票(往市區).jpg

◯單程票(往機場/博覽館)(写真左:成人票/写真右:小童票)
香港鐵路・機場快綫 成人票(往機場/博覽館).jpg 香港鐵路・機場快綫 小童票(往機場/博覽館).jpg

いずれも、感熱印刷による「紙券」ではありますが、自動改札機に対応するように
透かすと「アンテナとコイル」が見えます。

一方、單程票には、予め機場站を起(終)点とした、青衣站〜香港站間各駅を
着(発)駅とした「ICカード式」の駅名常備カードもあります。

◯單程票(駅名常備カード)(写真左から右へ、青衣站、九龍站、香港站)
香港鐵路・機場快綫 單程票(青衣站).jpg 香港鐵路・機場快綫 單程票(九龍站).jpg 香港鐵路・機場快綫 單程票(香港站).jpg

この他に、「來回票(=往復乗車券)」もありましたが、手持ちの「香港ドル」も
あまり残っていなかったので、購入を見送りました・・・次回訪問時の案件に!?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック