2016年04月29日

函館市企業局交通部 函館市電 電車乗換乗車券、乗継乗車券

直通電車のない区間同士(宝来町〜谷地頭、末広町〜函館どつく前)を乗降する場合、
乗換停留所となる「十字街」で乗換の際、最終目的地までの運賃精算をすると、
写真のような乗換券が発行されます。

○電車乗換乗車券(写真左:函館どつく前方面から/写真右:谷地頭方面から)
函館市企業局交通部 電車乗換乗車券(函館どつく前方面から).jpg 函館市企業局交通部 電車乗換乗車券(谷地頭方面から).jpg

日にち毎に常備券が設備されているようです。

また、「函館どつく前方面から」の乗換券は、発行元が「函館市交通局」となっています。

一方、目的地まで電車だけで行けない場合、指定停留所(函館駅前、五稜郭公園前、
湯の川、深堀町)で「乗継料金50円」を加算して運賃精算すると、乗継先の
「函館バス210円区間までは追加運賃が不要」となる、写真のような乗継券が
発行されます。

○乗継乗車券(市電→函館バス)(写真左:大人用/写真右:小児用)
函館市企業局交通部 乗継乗車券(市電→函館バス。大人).jpg 函館市企業局交通部 乗継乗車券(市電→函館バス。小児).jpg

こちらも日にち毎に常備券が設備されているようですが、それに加えて
大小色違いとなっています。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗継券・乗換券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436733960
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック