2017年04月22日

江ノ島電鉄 パーク&ライドパス、パーク&レールライドパス

ブログ開設当時に一度記事にしていますが、当時のサーバー容量の関係で
該当記事を削除してしまったため、改めて「現在」の状況を記事にしました。

江ノ電では現在、「由比ガ浜」「七里ガ浜」「江ノ島」「稲村ガ崎」の
4か所で、「パーク&ライド」もしくは「パーク&レールライド」を行っており、
それぞれで「フリーきっぷ」の設定があります。

「稲村ガ崎」については、当初から端末磁気券での対応でしたが、
他の3か所については、10年ほど前は「常備券」だったものの、現在は
「由比ガ浜」のみが常備券で、「七里ガ浜」は磁気カード化、「江ノ島」は
端末磁気券化されています。

基本は「駐車料金」プラス「大人2名分のフリーきっぷ」ですが、
大人、小児とも、フリーきっぷの追加購入が可能です。

ただ、フリーきっぷ入手のためには、該当駐車場の「駐車券」が必要で、
きっぷだけを目当てにするには、ちーとハードルが高い案件と思われます。

○由比ガ浜パーク&ライドパス
江ノ島電鉄 由比ガ浜パーク&ライドパス(大人用).jpg 江ノ島電鉄 由比ガ浜パーク&ライドパス(小児用).jpg
(小児用は追加購入分)

○七里ガ浜パーク&レールライドパス
江ノ島電鉄 七里ガ浜パーク&レールライドパス(大人用).jpg 江ノ島電鉄 七里ガ浜パーク&レールライドパス(小児用).jpg
(小児用は追加購入分)

○江ノ島パーク&レールライドパス
江ノ島電鉄 江ノ島パーク&レールライド(大人用).jpg
(大人用がもう1枚と案内文がセットになります)

○稲村ガ崎パーク&レールライドパス
江ノ島電鉄 稲村ガ崎パーク&レールライド(大人用).jpg
(大人用がもう1枚と案内文がセットになります)

3月中旬に訪問していますが、その後、4月1日から「江ノ島」の
フリーきっぷ区間が、「江ノ島〜鎌倉」間から「全線」に拡大されており、
恐らく端末磁気券の券面デザインが、「稲村ガ崎」と同じになったのでは
ないかと思われます。
(追加購入分は、「のりおりくん」を購入対応・・・となったようです)

ちなみに、「稲村ガ崎」の券面デザインは、端末磁気券の「のりおりくん」と
同じです。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック