2017年06月06日

東武鉄道 駅名式車内補充券(追加版・その2)

「車内ご案内センター(ト)」と「車内ご案内センター(ビ)」発行の
車内補充券です。

東武鉄道_駅名式車内補充券(車内ご案内センター(ト))201705.jpg 東武鉄道_駅名式車内補充券(車内ご案内センター(ビ))201705.jpg

いずれも発行箇所補充式のものに「ハンコ押し」となっています。

「車内ご案内センター(ビ)」については、「車内ご案内センター(ト)」同様、
車内特急券の他に車内補充券も携帯していますが、「車内ご案内センター(ト)」が
特急券の乗り越し精算の他、「特急券単独での販売」も行うようになったのに対し、
「車内ご案内センター(ビ)」は「特急券の乗り越し精算のみ」での対応のようです。

ただ、「りょうもう」の乗り越し精算は、「区間毎に区切った方が安くなる」
ケースもあり、三角表とよーくにらめっこした上で「原券仕込み」を行う
必要があります(笑)。



−−−−−以下は、2017年5月16日に投稿した記事です−−−−−



4月1日の「松原団地→獨協大学前」駅名改称、および4月21日の
ダイヤ改正による新栃木乗務管区の南栗橋乗務管区への統合、ならびに
「下今市機関区」とリバティ会津号車内(下今市〜新藤原間)添乗の
コンシェルジュが担当する「車内ご案内センター(ト)」新設により、
駅名式車内補充券が改版、新規設備されました。

東武鉄道_駅名式車内補充券(下今市機関区)201704.jpg

写真は、4月21日に新設された下今市機関区乗務員発行の車内補充券となります。

これにより、本線系の乗務管区は5か所(業平橋、春日部、南栗橋、七光台、
館林)、それに「下今市機関区」と「車内ご案内センター(ト)」が加わって、
発行箇所別に7か所の車内補充券が存在することなります。

このうち「車内ご案内センター(ト)」については、発行箇所補充式のものに
「ハンコ押し」となっていることを確認していますが、リバティ会津号車内
(下今市〜新藤原鬼怒川公園間)添乗のコンシェルジュは「乗車券の販売、
乗り越し等の運賃精算」は行っておらず、入手にはちょっとコツが必要です。

なお、「新栃木センター」と「館林センター」については、無人駅における
「特別改札」の廃止により、設備廃止と思われます。



−−−−−以下は、2012年3月26日に投稿した記事です−−−−



2003年3月に、本線系統の車内補充券が、それまでの
「地図式(入鋏式)から駅名式(○付け式)」へと大きく様式変更が
なされましたが、今回の「とうきょうスカイツリー駅」への改称により、
9年ぶりに対象発行箇所の車内補充券が一新されました。

写真に示すものは、館林乗務管区を除く、今回一新された
乗務管区版と新栃木センター、館林センターの車内補充券です。

○乗務管区版(業平橋、春日部、南栗橋、新栃木、七光台)
東武鉄道・駅名式車内補充券(業平橋乗務管区).jpg 東武鉄道・駅名式車内補充券(春日部乗務管区).jpg 東武鉄道・駅名式車内補充券(南栗橋乗務管区).jpg 東武鉄道・駅名式車内補充券(新栃木乗務管区).jpg 東武鉄道・駅名式車内補充券(七光台乗務管区).jpg

○新栃木センター、館林センター
東武鉄道・駅名式車内補充券(新栃木センター).jpg 東武鉄道・駅名式車内補充券(館林センター).jpg

ちなみに、新栃木センターと館林センターは、今回の改編で
「○委」の文言が削除されています。

ところで、この間に何回か改編が行われていますが、そのすべてが
順番に行われたのが「館林乗務管区(車掌区)」のみとなっています。

また、乗務管区(車掌区)毎に改編状況をまとめると、表に示した
ようになります。

東武車補改編内容.jpg

あくまでも独自の調査によるものなので、間違いなどありましたら
ご教示いただけると幸いです。


以下に、改編毎の館林乗務管区(車掌区)発行の車内補充券を示します。

○館林乗務管区(車掌区)版(様式変更〜とうきょうスカイツリー駅名改称)
東武鉄道・駅名式車内補充券(館林車掌区1).jpg 東武鉄道・駅名式車内補充券(館林車掌区2).jpg 東武鉄道・駅名式車内補充券(館林車掌区3).jpg 東武鉄道・駅名式車内補充券(館林乗務管区1).jpg 東武鉄道・駅名式車内補充券(館林乗務管区2).jpg

ところで、館林駅と太田駅の中間改札には、駅名配列の異なる
車内補充券が設備されていましたが、中間改札の廃止とともに
設備廃止されてしまったようです。

今回の「とうきょうスカイツリー駅」への改称の際に、両駅を
訪問してみましたが、かつてあった中間改札には、駅員さんの姿は
ありませんでした・・・。

○館林センター(館林駅)、太田駅(いずれも設備廃止)
東武鉄道・駅名式車内補充券(○委 館林センター(館林駅)).jpg 東武鉄道・駅名式車内補充券(太田駅).jpg
posted by 僕ドラ at 06:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 東武・野岩・会津関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

東武鉄道 特別急行券(マルチ端末&券売機発券を除く軟券・リバティ運行開始)(追加版)

(この記事については、内容を下に追加していきます)

4月21日のダイヤ改正より、26年ぶりの新車特急「リバティ」の運行が
開始されましたが、今回のダイヤ改正により特別急行券(マルチ端末&券売機
発券を除く軟券)に関係する内容として、下記のような内容が挙げられます。
・リバティけごん、きぬ、会津、りょうもう運行開始
(下今市機関区、車内ご案内センター(ト)新設)
・けごん、きぬの南栗橋乗務管区の担当追加
・けごん、きぬ下りの板倉東洋大前駅停車廃止
(リバティの一部が停車化。上りの一部は停車)
・けごん、きぬの新高徳駅停車廃止
・けごん、きぬ割引時間帯の鬼怒川公園駅、新藤原駅発着廃止
・けごん、きぬ下りの杉戸高野台駅一部停車化
・きりふり、しもつけの南栗橋乗務管区担当一本化(?)
・しもつけ下りの杉戸高野台駅停車化
・スカイツリーライナー、アーバンパークライナー運行開始
・とうきょうスカイツリー駅における特急列車乗車時の特急券確認廃止

既存の「りょうもう」と「JR連絡特急」については、詳細には確認が
取れていませんが、恐らく変化なしと思われますので、以下、確認の取れた
特別急行券についてのみ紹介したいと思います。
※「りょうもう」で「発行箇所」が増えたようなので、確認出来次第、
追加します。

なお、紹介するきっぷの数が多いことから、以前記事化している
東武鉄道 特別急行券(マルチ端末&券売機発券を除く軟券・消費税率8%化)(追加版)
とは、記事を分離いたします。
(以上、2017年5月15日初投稿)

「りょうもう」で「発行箇所」が増えた分を確認し、「5.りょうもう」として
追加しました。

「車内ご案内センター(ビ)」・・・夕方以降に運行される「りょうもう」の
一部で、「東武動物公園(または久喜)〜館林」の間に乗務し、特急券の販売等を
行う「東武ビルマネジメント」のおにーさん達です。

特急券自体は、渡瀬駅などで扱っている「発行箇所補充式」であり、今回の
ダイヤ改正での券面改編はありませんので、特に目新しさはありませんが・・・。
(以上、2017年6月5日追記)

1.リバティけごん・きぬ・会津・りょうもう
・業平橋乗務管区、春日部乗務管区、南栗橋乗務管区、下今市機関区
東武鉄道_リバティ特別急行券(業平橋乗務管区)201704.jpg 東武鉄道_リバティ特別急行券(春日部乗務管区)201704.jpg 東武鉄道_リバティ特別急行券(南栗橋乗務管区)201705.jpg 東武鉄道_リバティ特別急行券(下今市機関区)201704.jpg

・車内ご案内センター(ト)
東武鉄道_リバティ特別急行券(車内ご案内センター(ト))201704.jpg

車掌さんとは別に、下今市駅〜新藤原駅間にコンシェルジュが添乗して、
車内での案内と併せて特急券の販売も行っています(乗車券販売は行わず)。

・(委)浅草駅
東武鉄道_リバティ特別急行券((委)浅草駅)201705.jpg

・春日部駅下り、上り
東武鉄道_リバティ特別急行券(春日部駅下り)201704.jpg 東武鉄道_リバティ特別急行券(春日部駅上り)201704.jpg

・東武動物公園駅下り(リバティりょうもう43号/リバティけごん47号)
東武鉄道_リバティ特別急行券(東武動物公園駅下り前)201705.jpg 東武鉄道_リバティ特別急行券(東武動物公園駅下り後)201705.jpg

取り扱っているきっぷは同じものですが、前3両と後3両の行き先が
異なることから、券面は予め該当列車に〇印と便数がハンコ押しされており、
特にりょうもう43号については該当列車停車駅(=館林まで)までの
販売となっているようです。

・久喜駅下り
東武鉄道_リバティ特別急行券(久喜駅下り)201704.jpg

2.けごん・きぬ(平日/休日/割引)
・業平橋乗務管区
東武鉄道_けごん、きぬ(平)特別急行券(業平橋乗務管区)201704.jpg 東武鉄道_けごん、きぬ(休)特別急行券(業平橋乗務管区)201704.jpg 東武鉄道_けごん、きぬ(割)特別急行券(業平橋乗務管区)201704.jpg

・春日部乗務管区
東武鉄道_けごん、きぬ(平)特別急行券(春日部乗務管区)201704.jpg 東武鉄道_けごん、きぬ(休)特別急行券(春日部乗務管区)201704.jpg 東武鉄道_けごん、きぬ(割)特別急行券(春日部乗務管区)201705.jpg

・南栗橋乗務管区
東武鉄道_けごん、きぬ(平)特別急行券(南栗橋乗務管区)201705.jpg 東武鉄道_けごん、きぬ(休)特別急行券(南栗橋乗務管区)201704.jpg 東武鉄道_けごん、きぬ(割)特別急行券(南栗橋乗務管区)201705.jpg

・(委)浅草駅
東武鉄道_けごん、きぬ(平)特別急行券((委)浅草駅)201704.jpg 東武鉄道_けごん、きぬ(休)特別急行券((委)浅草駅)201705.jpg 東武鉄道_けごん、きぬ(割)特別急行券((委)浅草駅)201704.jpg

・春日部駅下り
東武鉄道_けごん、きぬ(平)特別急行券(春日部駅下り)201705.jpg 東武鉄道_けごん、きぬ(休)特別急行券(春日部駅下り)201704.jpg 東武鉄道_けごん、きぬ(割)特別急行券(春日部駅下り)201704.jpg

・端末未設置駅(写真は野州大塚駅)
東武鉄道_けごん、きぬ(平)特別急行券((委)浅草駅)201704.jpg 東武鉄道_けごん、きぬ(休)特別急行券(野州大塚駅)201704.jpg 東武鉄道_けごん、きぬ(割)特別急行券(野州大塚駅)201704.jpg

3.きりふり・ゆのさと・しもつけ
・南栗橋乗務管区
東武鉄道_きりふり他特別急行券(南栗橋乗務管区)201704.jpg

・(委)浅草駅
東武鉄道_きりふり他特別急行券((委)浅草駅)201704.jpg

・春日部駅下り
東武鉄道_きりふり他特別急行券(春日部駅下り)201704.jpg

・端末未設置駅(写真は、野州大塚駅)
東武鉄道_きりふり他特別急行券(野州大塚駅)201704.jpg

4.スカイツリーライナー、アーバンパークライナー
・業平橋乗務管区、春日部乗務管区、七光台乗務管区
東武鉄道_ライナー特別急行券(業平橋乗務管区)201704.jpg 東武鉄道_ライナー特別急行券(春日部乗務管区)201704.jpg 東武鉄道_ライナー特別急行券(七光台乗務管区)201704.jpg

・(委)浅草駅
東武鉄道_ライナー特別急行券((委)浅草駅)201704.jpg

・春日部駅上り
東武鉄道_ライナー特別急行券(春日部駅上り)201704.jpg

・大宮駅
東武鉄道_ライナー特別急行券(大宮駅下り)201704.jpg

5.りょうもう(通常/割引)
・車内ご案内センター(ビ)
東武鉄道_りょうもう号特別急行券(車内ご案内センター(ビ))201705.jpg 東武鉄道_りょうもう号(割)特別急行券(車内ご案内センター(ビ))201705.jpg

今回のダイヤ改正により、乗務員交代のパターンが今までより細分化されており、
特に乗務管区版の収集にあたっては、自分一人では追うことが出来ず、その一部の
収集に同好の趣味を持つ方々のご協力を賜りました。
この場を借りてお礼申し上げます。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東武・野岩・会津関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

東武鉄道 下今市機関区開設記念乗車券

このところ、記念乗車券乱発気味の東武鉄道ですが・・・(笑)。
4月21日に新設された「下今市機関区」の開設を記念した記念乗車券が、
5月2日から販売されています。

東武鉄道_下今市機関区開設記念乗車券201705.jpg

SLが運行される下今市〜鬼怒川温泉間の「A型硬券往復乗車券」となっています。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東武・野岩・会津関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

東武ステーションサービス 三仏堂券(自動券売機)

「東武日光駅ツーリストセンター」には、「日光東照宮・日光山輪王寺拝観券」の
自動券売機も設置され、こちらも1枚購入してみました。

東武ステーションサービス_三仏堂券(自動券売機)201704.jpg

東武バス日光の企画乗車券と異なり、白無地の券紙を使用していますが、
少なくとも2色の印刷が可能のようです。

一番安い拝観券は写真の「三仏堂券」となりますが、拝観券の種類により
場所毎に半券を切り取るケースがあるためか、予め最大で3片分の切り取り線が
付いています。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東武・野岩・会津関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

東武バス日光 世界遺産フリーパス(自動券売機)

東武日光駅構内にある東武ステーションサービス「東武日光駅ツーリストセンター」に、
東武バス日光の企画乗車券専用自動券売機が新設されたので、1枚購入してみました。

東武バス日光_世界遺産フリーパス(自動券売機)201704.jpg

感熱印刷ではあるものの、「TBCとーぶばす」地紋の専用券紙を使用しています。

一番安い企画乗車券は、写真に示す「世界遺産フリーパス」となりますが、
カウンターでも従来様式のものを引き続き販売しているようです。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東武・野岩・会津関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする