2017年03月23日

富山地方鉄道 ほっと♨うなづき号往復きっぷ(追加版)

知らぬ間に、今シーズンも発売開始していましたが、小人用のきっぷの
地紋色が「緑色」に替わっていました。

写真左が大人用、写真右が小人用となります。

富山地方鉄道 ほっと♨うなづき号往復きっぷ(2016。大人).jpg 富山地方鉄道 ほっと♨うなづき号往復きっぷ(2016。小人).jpg



−−−−−以下は、2015年12月26日に投稿した記事です−−−−−



毎年、冬の閑散期に運行されていた「宇奈月温泉謝恩号」が廃止され、今シーズンは
12月1日から「ほっと♨うなづき号」が運行されています。

ただ、無料の「宇奈月温泉謝恩号」と異なり、この「ほっと♨うなづき号」には、
この列車専用の有料の専用往復乗車券が設備されました。
単純往復運賃よりは割引にはなるものの、宇奈月温泉までの往復が大人3000円、
小児1500円となり、往路・復路とも、途中下車前途無効のようです。

それにしても、割引になっているとはいえ、今まで往復「無料」だった運賃が
どの駅から乗車しても「3000円」もかかるとは!?
日帰りなら「1日フリーきっぷ」、年末年始は「年末年始ふりーきっぷ」が
安く、更に、あいの風富山鉄道・富山〜新魚津経由なら、往復でも3000円を
切るという・・・かなり強気な戦略に出たなあという印象です。

恐らく、北陸新幹線の開業により、運賃が有料でも観光客が見込めると
読んだんでしょうか???

写真が、「ほっと♨うなづき号往復きっぷ」となります。

富山地方鉄道 ほっと♨うなづき号往復きっぷ.jpg

写真は小児用ですが、大人用との違いは「運賃部分だけ」でした。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

京成バス Tokyo Shuttle成田空港発専用乗車引換券

ジェットスターの成田空港着便の機内で販売されている
「Tokyo Shuttle成田空港発専用乗車券」が、早くもその
使用方法を変えました。

今までは、バス停に直接向かってそのまま乗車出来ましたが、今現在
販売されているきっぷでは、夜遅く到着する一部の便を除き、成田空港に
到着後、カウンターにて「時間指定」を受けないと乗車出来なくなっています。

そのため、券面ヘッダーも「Tokyo Shuttle成田空港発専用乗車券」から
「Tokyo Shuttle成田空港発専用乗車引換券」に変更されています。

京成バス Tokyo Shuttle 成田空港発専用乗車引換券.jpg



−−−−−以下は、2016年6月25日に投稿した記事です−−−−−
(旧タイトル:京成バス Tokyo Shuttle成田空港発専用乗車券)



ジェットスターの成田空港着便の機内で販売されている、
「Tokyo Shuttle成田空港発専用乗車券」です。

嬉しいことに、LCCにありがちな「レシート発券(引換券)」ではなく、
専用の「常備軟券」を直接販売しています。

京成バス Tokyo Shuttle成田空港発専用乗車券.jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

ジェイアール四国バス 久万高原線一日乗り放題きっぷ

3月31日を以て、ジェイアール四国バス・久万高原線の「久万高原〜落出」間が
廃止となりますが、平日用は3月31日まで、土日祝日用は3月26日までの
1日に限り有効な、「久万高原線一日乗り放題きっぷ」が販売されています。

写真左が平日用、写真右が土日祝日用となります。

JR四国バス 久万高原線一日乗り放題きっぷ(平日限定).jpg JR四国バス 久万高原線一日乗り放題きっぷ(土日祝限定).jpg

平日用と土日祝日用では販売額が異なっていますが、大小同額設定となっており、
券面デザインについても、平日用と土日祝日用で異なっています(一部写真は同じ)。

4月以降は「松山駅〜久万高原」間の運行となる訳ですが、今までと同様に
「一日乗り放題きっぷ」が販売されるのか、気になるところです・・・。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

伊予鉄道 松山城らくトクセット券

昨年10月1日の坊っちゃん列車乗車料金の改定と共に、大幅に
値上げされた「松山城らくトクセット券」です。

また、坊っちゃん列車乗車券については、「市内電車1日乗車券」としての
選択利用が出来ましたが、それが出来なくなってしまったようです。

写真左が大人用、写真右が小児用となります。

伊予鉄道 松山城らくトクセット券(大人1700円).jpg 伊予鉄道 松山城らくトクセット券(小児740円).jpg



−−−−−以下は、2016年11月16日に投稿した記事です−−−−−



松山城観覧(松山城ロープウェイ・リフト往復+松山城天守観覧券)と
坊ちゃん列車乗車券がセットされた、「松山城らくトクセット券」です。

きっぷの部分には地紋があり、大小で地紋色が異なっています。

写真左が大人用、写真右が小児用となります。

伊予鉄道 松山城らくトクセット券(大人1300円).jpg 伊予鉄道 松山城らくトクセット券(小児500円).jpg

こちらの企画乗車券は、10月1日から
・大人1300円→1700円/小児500円→740円
に大幅な値上げをしています。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

岳南電車(旧・岳南鉄道) 全線1日フリー乗車券(追加版・その5)

毎年恒例の干支柄「全線1日フリー乗車券」ですが、今年も大小別口座で
発売されました。

拙ブログでは、干支柄は発売当初から数シーズン分を紹介していませんが、
岳南鉄道時代を含めて、今シーズンで干支が一巡したことになります。

ただ、「小児用」が加わったのが午年からなので、大小セットでの干支一巡は
まだまだ先の話しに・・・。

○干支柄:酉年版(写真左:大人用/写真右:小児用)
岳南電車 前線1日フリー乗車券(2017年酉年。大人用).jpg 岳南電車 前線1日フリー乗車券(2017年酉年。小児用).jpg



−−−−−以下は、2016年1月24日に投稿した記事です−−−−−



毎年恒例の干支柄「全線1日フリー乗車券」ですが、今年も大小別口座で
発売されました。

昨年7月に「全線1日フリー乗車券」の料金が改訂されましたが、
その際に発券されたものと同様、地紋色が緑色から赤色に替わっています。

○干支柄:申年版(写真左:大人用/写真右:小児用)
岳南鉄道 全線1日フリー乗車券(2016年申年・大人用).jpg 岳南鉄道 全線1日フリー乗車券(2016年申年・小児用).jpg



−−−−−以下は、2015年10月13日に投稿した記事です−−−−−



去る7月1日より、平日と休日の「全線1日フリー乗車券」が統合され、
実質的には「休日用の料金値上げ」という形となりました。

これにより、「全線1日フリー乗車券」の新券が登場しました。

写真左が大人用、写真右が小児用となります。

岳南電車 全線1日フリー乗車券(大人).jpg 岳南電車 全線1日フリー乗車券(小児).jpg

また、今まで夏休みのみ販売されていた「こどもフリーパス」についても
リニューアルされ、夏休みのほか、冬休みと春休みが利用対象期間となりました。

岳南電車 夏休み・冬休み・春休み こどもフリーパス.jpg



−−−−−以下は、2015年1月22日に投稿した記事です−−−−−



毎年恒例の干支柄「全線1日フリー乗車券」ですが、今年も大小別口座で
発売されました。

昨年同様、今年も「ヘッドマーク」をデザインしたとのことです。

○干支柄:未年版(写真左:大人用/写真右:小児用)
岳南鉄道・全線1日フリー乗車券(2015年未年・大人用).jpg 岳南鉄道・全線1日フリー乗車券(2015年未年・小児用).jpg



−−−−−以下は、2014年1月に投稿した記事です(更新日付失念)−−−−−



毎年恒例の干支柄「全線1日フリー乗車券」が発売されました。

今年は「午年」ですが、午の図柄については「ヘッドマーク」をデザインしたとのことです。
また、今年は初めて?「小児用」も設備さてれいます。

○干支柄:午年版(写真左:大人用/写真右:小児用)
岳南鉄道・全線1日フリー乗車券(2014年午年・大人用).jpg 岳南鉄道・全線1日フリー乗車券(2014年午年・小児用).jpg

ところで、9月5日に投稿した「休日用全線1日フリー乗車券(大人用)」ですが、
よーく確認すると、フッターの社名が「岳南鉄道」のままのミス券だったようで、
ヘッダー・フッター共に「岳南電車」に修正されたものが出ていました。

岳南鉄道・全線1日フリー乗車券(岳南電車地紋)2.jpg

また、小児用もありましたが、こちらについては、フッターの社名が「岳南鉄道」の
ままのミス券となっています。

岳南鉄道・全線1日フリー乗車券(岳南電車地紋・小児用).jpg



−−−−−以下は、2013年9月5日に投稿した記事です−−−−−



岳南電車への社名変更後、「全線1日フリー乗車券」は社名を訂正した
状態で旧社名のものを販売していましたが、先日訪問した際、何気に
窓口氏に聞いてみたところ、写真に示す1種類のみ、社名が「岳南電車」に
なっているとのことでした。

もちろん、地紋も「新地紋」となっています。

岳南鉄道・全線1日フリー乗車券(岳南電車地紋).jpg



−−−−−以下は、2013年1月13日に投稿した記事です−−−−−
(旧タイトル:岳南鉄道 全線1日フリー乗車券(追加版・その7))



毎年恒例の干支柄「全線1日フリー乗車券」が発売されました。

今年は「巳年」ですが、巳の図柄については、富士急行で発売された
・干支イラスト入り寿駅入場券(台紙付き)
と同じものを使用しています。

岳南鉄道・全線1日フリー乗車券(2013年巳年).jpg



−−−−−以下は、2012年10月29日に投稿した記事です−−−−−



静岡朝日テレビの「ピエール瀧のしょんないTV」とのコラボ企画で、
ラッピング列車が運行されていますが、それと併せて1日フリー
乗車券が発売されています。

岳南鉄道・全線1日フリー乗車券(ピエール瀧のしょんないTV).jpg

ホームページによりますと、限定2000枚となっていましたが、
購入時点ではまだまだ余裕で買える枚数しか売れていませんでした。



−−−−−以下は、2012年9月1日に投稿した記事です−−−−−



7月20日より、「平日用」の全線1日フリー乗車券が
発売開始されました。

写真上が大人用、写真下が小児用となります。

岳南鉄道・平日用全線1日フリー乗車券(大人).jpg
岳南鉄道・平日用全線1日フリー乗車券(小児).jpg

基本的な様式は、既存の「土休日用」と同じですが、写真部分には
「岳鉄車両シリーズNo.1(小児用はNo.2)」と記されており、
今後、「土休日用」のように種類が増えていくのかもしれません・・・。



−−−−−以下は、2012年1月12日に投稿した記事です−−−−−



毎年恒例の干支柄「全線1日フリー乗車券」が発売されました。

今年は「辰年」ですが、龍の図柄については、例年ですと富士急行で
発売された「干支イラスト入り寿駅入場券」の図柄と同じモノを
使用することが多いのですが、今年は何故か上信電鉄で発売された
寿・ワンコイン1日全線フリー乗車券」と同じ図柄を採用しています。

岳南鉄道・全線1日フリー乗車券(2012年辰年).jpg



−−−−−以下は、2011年1月7日に投稿した記事です−−−−−



毎年恒例の干支柄「全線1日フリー乗車券」が発売されました。

今年は「卯年」ですが、うさぎの図柄については、富士急行で発売された
・干支イラスト入り寿駅入場券(台紙付き)
と同じものを使用しています。

岳南鉄道・全線1日フリー乗社券(2011年卯年).jpg






−−−−−以下は、2010年12月19投稿した記事です−−−−−



きのう12月18日、「電車機関車祭り」が開催されました。

そのイベントのひとつに、「機関車乗車体験教室」がありましたが、
「全線1日フリー乗車券」付きという内容で、参加者にはED501の写真が
デザインされた「機関車乗車体験参加記念」のものが配られました。

参加は「親子」となっていることから、大小別口座となっており、写真上が大人用、
写真下が小児用となります。

岳南鉄道・全線1日フリー乗車券(機関車乗車体験参加記念).jpg








ちなみに、この日は「ミステリー電車(臨時特別ダイヤ列車)」も運行され、
そちらでも参加者に「全線1日フリー乗車券」が配られましたが、
A列車では「7000形車両・新赤がえる」がデザインされた既存仕様のものでした・・・。



−−−−−以下は、2010年1月5日投稿した記事です−−−−−



毎年恒例の干支柄「全線1日フリー乗車券」が発売されました。

今年は「寅年」ですが、寅の図柄については、富士急行で発売された
・初詣記念干支イラスト入り寿駅入場券
と同じものを使用しています。

岳南鉄道・全線1日フリー乗車券(2010年寅).jpg







−−−−−以下は、2009年5月17日投稿した記事です−−−−−



結局、静岡グランシップ・トレインフェスタまで、足を伸ばしてしまいました(笑)。

もちろん目指すは岳南鉄道のブース!
そこで目にしたものは・・・写真に示す全線1日フリー乗車券でした。
写真上が大人用、写真下が小児用です。

岳南鉄道・全線1日フリー乗車券.jpg








お題目は、「グランシップ☆2009トレインフェスタ出展記念」となっています。

確か、岳南鉄道は毎年出展していると思いますが、なぜ今年だけ「記念」としているのか???

まあ、どこぞの会社のように「小動物」「乳幼児」を対象とした
きっぷを出していない点は、今後も継続してもらいたいものですが、
そろそろ、GNR地紋で「未発売の無人駅発の乗車券」を
出してくれないかなぁ・・・と思うところです。
posted by 僕ドラ at 20:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする