2016年06月29日

西日本鉄道 西鉄電車 企画きっぷ 引換券

去る3月15日より、京成・成田空港駅と空港第2ビル駅のライナーカウンターで、
西日本鉄道「大宰府・柳川観光きっぷ」の引換券の販売が開始されました。

なかなか成田空港まで行く機会がありませんでしたが、やっと確認が出来ました。

写真が、京成電鉄で販売している引換券となります。

西日本鉄道 西鉄電車 企画きっぷ 引換券.jpg

京成電鉄では「大宰府・柳川観光きっぷ」のみの取り扱いですが、それ以外の
企画乗車券にも対応可能な様式となっています。

他の旅行会社での取り扱いもあるのでしょうか・・・気になるところです。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

中国ジェイアールバス ひろしまめいぷる〜ぷ1日乗車券

中国ジェイアールバスが運行する「めいぷる〜ぷ」の1日乗車券です。

大小別建てですが、大人用については「以前は小児用と同様式」でしたが、
「スクラッチ式」に変更されたようです。

写真左が大人用、写真左が小児用となります。

中国ジェイアールバス ひろしまめいぷる〜ぷ1日乗車券(大人).jpg 中国ジェイアールバス ひろしまめいぷる〜ぷ1日乗車券(小児).jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

埼玉高速鉄道 イオンモール浦和美園お買物きっぷ

開店10周年を迎えたイオンモール浦和美園とのタイアップで、
ゴールデンウィーク期間中、「イオンモール浦和美園お買物きっぷ」が
数量限定で発売されました。

通常、浦和美園〜東川口間は大人210円/小児110円ですが、
今回発売された企画乗車券は大人150円/小児80円と、超破格な
運賃設定となっていました。

写真左が大人用、写真右が小児用となります。

埼玉高速鉄道 イオンモール浦和美園お買物きっぷ(大人).jpg 埼玉高速鉄道 イオンモール浦和美園お買物きっぷ(小児).jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

えちぜん鉄道 相互直通運転開業記念1日フリーきっぷ

福井鉄道との相互直通運転開始に伴い、えちぜん鉄道側は直通運転用に
「ki−bo(キーボ)」という愛称の低床車を導入しましたが、
その「ki−bo(キーボ)」がデザインされた1日フリーきっぷを
3月27日の当日限定で発売しました。

共通1日フリーきっぷと異なり、こちらは大人用とこども用がありました。

写真左が大人用、写真右がこども用となります。

えちぜん鉄道 相互直通運転開業記念1日フリーきっぷ(大人).jpg えちぜん鉄道 相互直通運転開業記念1日フリーきっぷ(こども).jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

えちぜん鉄道、福井鉄道 相互直通運転開業記念共通1日フリーきっぷ

北海道新幹線開業翌日の3月27日、田原町を接続駅としたえちぜん鉄道と
福井鉄道の相互直通運転が開始されました。

それに伴い、写真のような「共通1日フリーきっぷ」が3月27日の
当日限定で、大人用のみ発売されました。

えちぜん鉄道、福井鉄道 相互直通運転開業記念共通1日フリーきっぷ.jpg

写真のきっぷはえちぜん鉄道で購入しましたが、ホームページに載っていた
告知写真を見る限り、福井鉄道側で購入しても、デザインは同じだったようです。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

函館市企業局交通部 函館市電 トワイライトパス

去る3月31日までの期間限定で、18時以降、市電が乗り放題となった
「函館市電 トワイライトパス」です。

函館市企業局交通部 函館市電トワイライトパス.jpg

大人300円/小児150円で、「2回乗れば元が取れる」という破格な
料金設定でした。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

道南いさりび鉄道 (企)千年北海道手形オプションきっぷ

ごく一部の企画乗車券は、端末発券ではなく「常備券」として設備されていますが、
それが「(企)千年北海道手形オプションきっぷ」となります。

写真左が大人用、写真右が小児用となります。

道南いさりび鉄道 (企)千年北海道手形オプションきっぷ(大人).jpg 道南いさりび鉄道 (企)千年北海道手形オプションきっぷ(小児).jpg

ただ、この企画乗車券は単独購入は出来ず、単に収集目的で購入するには、
懐には非常に優しくない値段の「江差・松前周遊フリーパス 〜千年北海道手形〜」を
購入し、その提示により購入可能となります。

写真がその「江差・松前周遊フリーパス 〜千年北海道手形〜」となります。

函館バス、他 江差・松前周遊フリーパス 〜千年北海道手形〜.jpg

ところで、情報によりますと、本社扱いのオプション券が「端末発券」になって
しまったとのことです・・・。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

台東区循環バスめぐりん 一日乗車券(追加版)

「ぐるーりめぐりん」の運行開始に伴い、一日乗車券にも「ぐるーりめぐりん」の
イラストが追加されました。

台東区循環バスめぐりん 一日乗車券3.jpg



−−−−−以下は、2015年3月7日に投稿した記事です−−−−−



ここ数年の間、全く乗車する機会のなかった「めぐりん」ですが、
一日乗車券が「カードサイズ」に変更されていました。

それに伴い、券面に描かれている「めぐりん」についても、
意匠変更されていました。

写真左が最新版、写真右が旧版となります。

台東区循環バスめぐりん・一日乗車券2.jpg 台東区循環バスめぐりん・一日乗車券1.jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

西日本鉄道 福岡市動植物園きっぷ

西日本鉄道の企画乗車券のひとつである、「福岡市動植物園きっぷ」です。

西日本鉄道の発行する企画乗車券は、以前は印刷済みのものが主流でしたが、
最近のものは「A6版の端末発券」となるケースが多いようです。

端末発券といえば「改札補充券」が有名ですが、企画乗車券の場合、それとは
使用する券紙が別になっており、券片部分には切り取りが出来るようミシン目が
入っています。

写真左が大人用、写真右が小児用となります。

西日本鉄道 福岡市動植物園きっぷ(大人).jpg 西日本鉄道 福岡市動植物園きっぷ(小児).jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

江ノ電+平溪線 乗車券の相互交流:共同送客(追加版)

久しぶりに、「平溪線 一日週遊券」を「のりおりくん」と交換してみたところ、
手渡された台紙に変化がありました。

以前の台紙は、二つ折りA6版サイズ(→広げるとA5版)でしたが、
今回のものは「A6版(折り目なし)」で、以前の台紙の「表面のみ」が
デザインされたような形になっていました。

○台紙(写真左:表面/写真右:裏面)
江ノ島電鉄 共同送客交換用台紙3.jpg 江ノ島電鉄 共同送客交換用台紙4.jpg

なお、写真は省略しますが、「のりおりくん」についてはデザイン的な
変更はありませんでした(表記されている金額が替わった程度です)。



−−−−−以下は、2013年10月6日に投稿した記事です−−−−−



先に紹介しました「臺灣鐵路管理局 平溪線一日週遊券」の記事で、
江ノ電と平溪線で「乗車券の相互交流:共同送客」が始まったことを
紹介していますが、今回の台湾出張にあたり、出張前に入手した
「のりおりくん」を持って、帰国直前の台北站にて、交換をしてみました。

その結果、「臺灣鐵路管理局 平溪線一日週遊券」の記事で紹介したものと、
手渡されたきっぷには、特に違いはありませんでした。

一方、出張から帰国した翌週、「平溪線一日週遊券」を持って江ノ電の
藤沢駅へ行き、「のりおりくん」との交換をお願いしたところ、手渡された
「のりおりくん」は、委託販売所で取り扱っているものと同じ「磁気カード式」でした。

○交換後の「のりおりくん」
江ノ島電鉄・のりおりくん(共同送客交換用・大人用).jpg

ただ、購入したものと区別するためか、カードの右下に「パンチ穴」が
大きく開いていました(赤枠部分)。

しかしながら、江ノ電の場合、今回の「共同送客」に合わせて専用の
台紙を作成しており、「のりおりくん」はその台紙にセットされていました。

○台紙(写真左:外面/写真右:内面)
江ノ島電鉄・共同送客交換用台紙1.jpg 江ノ島電鉄・共同送客交換用台紙2.jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする