2018年02月06日

東京空港交通&港区コミュニティバスちぃばす 乗継券(運賃収受証明)

昨年3月1日から開始された企画で、下記のように乗り継ぐ場合に「乗継券」が
発行されます。
・成田空港 or 羽田空港から「東京ガーデンテラス紀尾井町」までリムジンバスを
利用し、ちぃばす「赤坂ルート、青山ルート」に乗り継ぐ場合。
・ちぃばす「赤坂ルート、青山ルート」で赤坂見附駅まで利用し、「東京ガーデン
テラス紀尾井町」から成田空港 or 羽田空港までリムジンバスを利用する場合。

前者の場合は「東京ガーデンテラス紀尾井町」バス停係員が、後者の場合は
「ちぃばす乗務員」がそれぞれ発行しますが、後者の場合は、
「東京ガーデンテラス紀尾井町」バス停係員に渡すと、ちぃばす代の
100円を払い戻してくれるため、厳密には()書きの「運賃収受証明」と
なります。

写真左がリムジンバス発券、写真右がちぃばす発券となりますが、
リムジンバス発券の券面には「羽田線用」というハンコが押されており、
「発地管理」をしているようです。

東京空港交通&港区コミュニティバスちぃばす_乗継券201712.jpg 港区コミュニティバスちぃばす&東京空港交通_乗継券(運賃収受証明)201712.jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 乗継券・乗換券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

北区コミュニティバス 乗継券

東京都北区を走る「北区コミュニティバス」の乗継券です。

当初は「カラー印刷」、その後「モノクロ印刷」となり、どちらのルートから
乗り継いでも同じものを発行していましたが、久しぶりに乗車したところ、
「ルート別の乗継券」になっていました。

ただ、どちらも「モノクロ印刷」のため、「王子・駒込循環ルート」版の両端を
「赤インク」で色付けしています。

○北区コミュニティバス乗継券(写真左:田端循環ルート/写真右:王子・駒込循環ルート)
北区コミュニティバス_乗継券(田端循環ルート)201712.jpg 北区コミュニティバス_乗継券(王子・駒込循環ルート)201712.jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 乗継券・乗換券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

長崎電気軌道 電車のりつぎ券(追加版)

「公会堂前」交差点で発生した脱線事故に関連し、同所の改良工事のため、
去る10月23日〜11月28日の間は、2号系統で運行していた
「蛍茶屋→赤迫」を早朝、深夜の一部を残して廃止して、3号系統を
「公会堂前〜赤迫」間で運行していました。

その際、公会堂前電停にて「電車のりつぎ券」が発行されましたが、
既に、平日(月〜金)の朝夕ラッシュアワーのみ運転時間帯に限り、
「公会堂前→赤迫」方面ののりつぎ券が設備されていたことから、
「公会堂前→蛍茶屋」方面ののりつぎ券が新設されると思っていたところ、
既存ののりつぎ券は設備廃止となり、新たに「公会堂前→赤迫、蛍茶屋」の
のりつぎ券が設備されました。

○電車のりつぎ券(公会堂前→赤迫、蛍茶屋)
長崎電気軌道_電車のりつぎ券(公会堂前→赤迫、蛍茶屋)201711.jpg

今回の改良工事により、同所での脱線事故が起こらないことを祈るばかりです・・・。



−−−−−以下は、2016年9月24日に投稿した記事です−−−−−



長崎電気軌道ののりつぎ券です。

築町電停において、「1号系統→5号系統」もしくは「5号系統→1号系統」に
乗り換える際、運転士に乗換を申し出ると、写真のような「電車のりつぎ券」を
手渡されます。

○電車のりつぎ券(写真左:築町→石橋・蛍茶屋/写真右:築町→赤迫・正覚寺下)
長崎電気軌道 電車のりつぎ券(築町→石橋・蛍茶屋).jpg 長崎電気軌道 電車のりつぎ券(築町→赤迫・正覚寺下).jpg

ところで、2015年10月に発生した「公会堂前」交差点での
脱線事故による運休は、去る5月23日に運転再開したのも
つかの間、6月2日に再び同じ場所で脱線事故が発生しました。

現在、3号系統については、赤迫→蛍茶屋方面行きのみ運行しており、
蛍茶屋→赤迫方面行きについては、築町を迂回する「2号系統」として
運行しています。

その影響で、「4号系統(正覚寺下〜蛍茶屋)」が減便されたことから、
再び、西浜町電停において「2・5号系統→1号系統」
「1号系統→2・5号系統」ののりつぎ券が発行されています。

○電車のりつぎ券(写真左:西浜町→正覚寺下/写真右:西浜町→蛍茶屋)
長崎電気軌道 電車のりつぎ券(西浜町→正覚寺下).jpg 長崎電気軌道 電車のりつぎ券(西浜町→蛍茶屋).jpg

また、脱線した「公会堂前」電停を始発とする桜町経由赤迫方面行きが、
平日(月〜金)の朝夕ラッシュアワーのみ運転されており、
運転時間帯に限り、「公会堂前」電停でのりかえ券が発行されています。

○電車のりつぎ券(公会堂前→赤迫)
長崎電気軌道 電車のりつぎ券(公会堂前→赤迫).jpg

ところで、「公会堂前」交差点での脱線事故は今回のみならず、
2007年にも2度発生しており、結果的に、脱線に対する恒久的な
対策がなされていなかったと言わざるを得ません。

一時的とはいえ、人の命を預かる訳ですから、もっと「安全」には
本腰を入れて対応して欲しいところです・・・。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗継券・乗換券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

東急バス、他 渋谷区コミュニティバス「ハチ公バス」乗継乗車券(追加版)

渋谷区役所の仮庁舎への移転に伴い、渋谷区役所仮庁舎前利用者に対し、
「渋谷区役所仮庁舎専用ハチ公バス乗継乗車券」が発行されています。

但し、発行条件は、下記のケースに限られるようです。
(1)春の小川ルートで渋谷区役所バスに到着し、夕焼けこやけルートに
乗継ぎ渋谷区役所仮庁舎前へ。
(2)渋谷区役所仮庁舎前から夕焼けこやけルートで渋谷区役所バスに到着し、
春の小川ルートまたは神宮の森ルートへ乗継ぎ。

既存ルートの乗継券より一回り大きく、利用当日の日付を記入する欄が
設けられてます(記入するかしないかは、運転手さん次第?)。

写真左が(1)、写真右が(2)の条件でそれぞれ発券された乗継乗車券となります。

ハチ公バス_渋谷区役所仮庁舎専用_ハチ公バス乗継乗車券(春の小川ルートから)201707.jpg ハチ公バス_渋谷区役所仮庁舎専用_ハチ公バス乗継乗車券(仮庁舎から)201707.jpg


−−−−−以下は、2010年7月12日に投稿した記事です−−−−−



渋谷区コミュニティバス「ハチ公バス」は、東急バス、京王バス東、
フジエクスプレスの3社が受託し、4路線を運行しています。
このうち3路線に「乗り継ぎ制度」があり、もちろん「乗継乗車券」が
発行されています。

乗継乗車券が発行される路線(停留所)は、次のとおりです。
・東急バス:夕やけこやけルート(恵比寿区民施設)
・京王バス東:春の小川ルート(幡ヶ谷不動尊)
・京王バス東:上原・富ヶ谷ルート(富ヶ谷)

で、肝心の乗継乗車券は、写真のとおりです。

ハチ公バス乗継乗車券1.jpg








写真上から下へ、
・夕やけこやけルート:代官山駅・渋谷駅方面への乗り継ぎ時に発券
・夕やけこやけルート:恵比寿駅東口方面への乗り継ぎ時に発券
・春の小川ルート:西新宿四丁目方面への乗り継ぎ時に発券
となります。

東急バス運行の夕やけこやけルートのものは、券番も入った印刷色違いと
なっていますが、京王バス運行の春の小川ルートのものは、カラーコピー製と
なっています・・・(汗)。

そして、この7月から新たに加わった京王バス東運行の上原・富ヶ谷ルートのものは、
・上原・富ヶ谷ルート:渋谷区役所方面への乗り継ぎ時に発券
となりますが、水色無地紋の用紙に黒一色コピーとなり、春の小川ルートのものより、
明らかに収集意欲を欠くものとなってしまいました・・・(ガッカリ)。

ハチ公バス乗継乗車券2.jpg





おまけに、上原・富ヶ谷ルート専用と思いきや、春の小川ルートと兼用となっており、
春の小川ルート専用のカラーコピー製も、お蔵入りとなる可能性があります。

一方、乗継乗車券と比べると、「回数乗車券」の方がはるかに収集意欲を沸かせる
デザインとなっています。

ハチ公バス回数乗車券.jpg








3社共通の回数乗車券ですが、3枚綴りが7セット一組になっています。
そしてハチ公だけに、何と地紋が「肉球」になっていたりします・・・(笑)。
posted by 僕ドラ at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 乗継券・乗換券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

熊本市交通局 乗継乗車券

辛島町電停で下車する際、「A系統→B系統」もしくは「B系統→A系統」への
乗継を申告すると、写真のような「乗継乗車券」が発券されます。

写真左が「A系統→B系統」、写真右が「B系統→A系統」の乗継乗車券となります。

熊本市交通局 乗換乗車券(A→B).jpg 熊本市交通局 乗換乗車券(B→A).jpg

無地色紙で、残念ながらコピー製のようです・・・。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗継券・乗換券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする