2016年09月24日

長崎電気軌道 電車のりつぎ券

長崎電気軌道ののりつぎ券です。

築町電停において、「1号系統→5号系統」もしくは「5号系統→1号系統」に
乗り換える際、運転士に乗換を申し出ると、写真のような「電車のりつぎ券」を
手渡されます。

○電車のりつぎ券(写真左:築町→石橋・蛍茶屋/写真右:築町→赤迫・正覚寺下)
長崎電気軌道 電車のりつぎ券(築町→石橋・蛍茶屋).jpg 長崎電気軌道 電車のりつぎ券(築町→赤迫・正覚寺下).jpg

ところで、2015年10月に発生した「公会堂前」交差点での
脱線事故による運休は、去る5月23日に運転再開したのも
つかの間、6月2日に再び同じ場所で脱線事故が発生しました。

現在、3号系統については、赤迫→蛍茶屋方面行きのみ運行しており、
蛍茶屋→赤迫方面行きについては、築町を迂回する「2号系統」として
運行しています。

その影響で、「4号系統(正覚寺下〜蛍茶屋)」が減便されたことから、
再び、西浜町電停において「2・5号系統→1号系統」
「1号系統→2・5号系統」ののりつぎ券が発行されています。

○電車のりつぎ券(写真左:西浜町→正覚寺下/写真右:西浜町→蛍茶屋)
長崎電気軌道 電車のりつぎ券(西浜町→正覚寺下).jpg 長崎電気軌道 電車のりつぎ券(西浜町→蛍茶屋).jpg

また、脱線した「公会堂前」電停を始発とする桜町経由赤迫方面行きが、
平日(月〜金)の朝夕ラッシュアワーのみ運転されており、
運転時間帯に限り、「公会堂前」電停でのりかえ券が発行されています。

○電車のりつぎ券(公会堂前→赤迫)
長崎電気軌道 電車のりつぎ券(公会堂前→赤迫).jpg

ところで、「公会堂前」交差点での脱線事故は今回のみならず、
2007年にも2度発生しており、結果的に、脱線に対する恒久的な
対策がなされていなかったと言わざるを得ません。

一時的とはいえ、人の命を預かる訳ですから、もっと「安全」には
本腰を入れて対応して欲しいところです・・・。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗継券・乗換券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

広島電鉄 市内線電車乗換券

去る1月16日より、今までのカードタイプの「電車乗換カード」から
「市内線電車乗換券」と称する「常備軟券」に切り替わりました。

恐らく、車内に設置されている「カードリーダー」の老朽化に伴う
処置と思われますが、一部の見本が広島電鉄のホームページにも
掲載されており、これは収集しに行かねば・・・と、とある日に
現地訪問してきました。

「常備軟券」化に伴い、「電車乗換カード」に記録されていた
情報は載せられなくなったこともあり、今までの「乗り換え時間
30分以内」の条件は撤廃されたようですが、その代わりに?
券面には「発地表示」がされており、乗って来た方向には戻れない
ような対策はされているようです。

そのため、8路線×2方向→16種類に加え、追加運賃が必要となる
「白島線:八丁堀乗換」と「宮島線:広電西広島乗換」はそれぞれ
別様式が設備されており、合計18種類となります。

○1号線
広島電鉄 市内線電車乗換券(広島駅発・1−5).jpg 広島電鉄 市内線電車乗換券(広島港発・1−5).jpg

○2号線
広島電鉄 市内線電車乗換券(広島駅発・2−5).jpg 広島電鉄 市内線電車乗換券(広電宮島口発・2−5).jpg 広島電鉄 市内線電車乗換券(広電西広島乗換・2−5).jpg

○3号線
広島電鉄 市内線電車乗換券(広電西広島発・3−5).jpg 広島電鉄 市内線電車乗換券(広島港/宇品二丁目発・3−5).jpg

○5号線
広島電鉄 市内線電車乗換券(広島駅発・5−5).jpg 広島電鉄 市内線電車乗換券(広島港発・5−5).jpg

○6号線
広島電鉄 市内線電車乗換券(広島駅発・6−5).jpg 広島電鉄 市内線電車乗換券(江波発・6−5).jpg

○7号線
広島電鉄 市内線電車乗換券(横川駅発・7−5).jpg 広島電鉄 市内線電車乗換券(広電本社前発・7−5).jpg

○8号線
広島電鉄 市内線電車乗換券(横川駅発・8−5).jpg 広島電鉄 市内線電車乗換券(江波発・8−5).jpg

○9号線
広島電鉄 市内線電車乗換券(江波発・9−5).jpg 広島電鉄 市内線電車乗換券(白島発・9−5).jpg 広島電鉄 市内線電車乗換券(白島線乗換・9−5).jpg

券面右下に表示されている丸数字は「号線番号」、角数字は「枝番」と、
「電車旅客営業規則」には記されており、日によって「枝番」を
変えて発行しているようです。

ちなみに、平日朝や終電時間帯の「0号線:広電本社前」ゆきについては、
独自の「市内線電車乗換券」は設備されていないようで、同一区間を
走る路線のものを手渡されます。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗継券・乗換券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

会津乗合自動車、他 高速バス 会津若松〜郡山〜いわき線専用 乗継乗車券

今まで、郡山駅止まりのバスに乗車した場合、郡山駅より先まで行く時の運賃は、
郡山駅での打ち切り計算となり、「会津若松〜いわき」間を通しで乗車する場合との
差額が発生していましたが、この4月1日より、郡山駅止まりのバス下車時に
通し運賃を支払うことにより「乗継乗車券」が発券されるようになりました。

写真がその「乗継乗車券」となります。

会津乗合自動車、他 高速バス 会津若松〜郡山〜いわき線専用 乗継乗車券.jpg

地紋は「あいづのりあいじどうしゃ」となっており、会津乗合自動車が
調製会社のようです。

券種はこの1種類のみで、大小兼用となっています。

取り扱いは郡山駅止まりの「バス車内」のみで、「会津若松〜郡山〜いわき」間
のみではなく、「会津若松〜郡山〜小野インター」間の乗継でも対応とのことです。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗継券・乗換券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

函館バス 乗継乗車券

函館バスにも乗継券があり、目的地までの直通系統がない場合、指定停留所で
「乗継料金50円」を加算して運賃精算すると、乗継先のバスまたは市電の
「210円区間までは追加運賃が不要」となる、写真のような乗継券が
発行されます。

○大人用乗継乗車券(写真左:午前用/写真右:午後用)
函館バス 乗継乗車券(午前。大人).jpg 函館バス 乗継乗車券(午後。大人).jpg

○小児用乗継乗車券(写真左:午前用/写真右:午後用)
函館バス 乗継乗車券(午前。小児).jpg 函館バス 乗継乗車券(午後。小児).jpg

函館バスの場合も、日にち毎の常備券が設備されていますが、それに加えて
大小別色違いなのと、「午前・午後」の区別があるようです。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗継券・乗換券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

函館市企業局交通部 函館市電 電車乗換乗車券、乗継乗車券

直通電車のない区間同士(宝来町〜谷地頭、末広町〜函館どつく前)を乗降する場合、
乗換停留所となる「十字街」で乗換の際、最終目的地までの運賃精算をすると、
写真のような乗換券が発行されます。

○電車乗換乗車券(写真左:函館どつく前方面から/写真右:谷地頭方面から)
函館市企業局交通部 電車乗換乗車券(函館どつく前方面から).jpg 函館市企業局交通部 電車乗換乗車券(谷地頭方面から).jpg

日にち毎に常備券が設備されているようです。

また、「函館どつく前方面から」の乗換券は、発行元が「函館市交通局」となっています。

一方、目的地まで電車だけで行けない場合、指定停留所(函館駅前、五稜郭公園前、
湯の川、深堀町)で「乗継料金50円」を加算して運賃精算すると、乗継先の
「函館バス210円区間までは追加運賃が不要」となる、写真のような乗継券が
発行されます。

○乗継乗車券(市電→函館バス)(写真左:大人用/写真右:小児用)
函館市企業局交通部 乗継乗車券(市電→函館バス。大人).jpg 函館市企業局交通部 乗継乗車券(市電→函館バス。小児).jpg

こちらも日にち毎に常備券が設備されているようですが、それに加えて
大小色違いとなっています。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗継券・乗換券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする