2013年02月28日

富山市 富山ミュージアムバス「ぐるりん」 専用パンフレット

富山市内にある美術館・博物館を利用する客を対象とした
富山ミュージアムバス「ぐるりん」の専用パンフレットです。

富山ミュージアムバス・専用パンフレット.jpg

実物はA4版3つ折りとなっていますが、写真は「バスに関係するのみ」を
示しています(残りは、各施設の紹介)。

パンフレットは入手しましたが、実際には乗車しなかったため、
このバスのシステムが今一つわかりませんが、恐らく「各施設を訪問の際、
該当施設の日付印を受領する」ことにより、施設最寄りの停留所から
乗車出来るようになるのではないかと思いますが・・・。


2012年10月24日

千葉都市モノレール モノちゃんスタンプラリー 4絵合わせ(しあわせ)きっぷ

10月20日、恒例の「ちばモノレール祭り2012」が開催されましたが、
その際に行われていた「モノちゃんスタンプラリー」の台紙です。

スタンプ部分は、「モノちゃん」が4分割されており、4駅(千葉みなと、
千葉、都賀、千城台)を回ると完成しました。

千葉都市モノレール・モノちゃんスタンプラリー4絵合わせ(しあわせ)きっぷ.jpg

都賀駅(左下)で押印の際、ちょっと失敗しちゃったのはご愛嬌!?(笑)

台紙に記されているように「4絵合わせ(しあわせ)きっぷ」という
名称があり、フリーきっぷを貼ると出来上がり・・・とありますが、
もったいなくて、フリーきっぷは貼らずに保存しています。

2012年08月08日

日東交通 三井アウトレットパーク木更津 無料シャトルバス利用券

三井アウトレットパーク木更津から海ほたるへ、無料のシャトルバスが
運行されています。

写真は、往路利用の際に手渡される復路の「利用券」で、裏面には
アンケートが印刷されています。

日東交通・三井アウトレットパーク木更津 無料シャトルバス利用券.jpg

利用当日は、三井アウトレットパーク木更津まで戻るつもりで
シャトルバスに乗車しましたが、よくよく考えてみると、
そのまま海ほたるから帰った方が、どう見積っても「近い」こともあり、
申し訳ないと思いましたが、「復路の乗車を放棄」してしまいました…。

で、この「利用券」を返却しようにも、海ほたる側には案内係員なども
配置されていなかったようで、手元に残ってしまった次第です…。

2012年07月13日

JR東日本 新幹線振替乗車票

去る7月7日、JR宇都宮線・野木〜間々田間で発生した信号装置の故障で、
JR宇都宮線・上野〜宇都宮間が一時運転を見合わせたため、東北新幹線への
振替乗車を行っていました。

その際に手渡されたのが、写真の「新幹線振替乗車票」です。

JR東日本・新幹線振替乗車票.jpg

宇都宮駅では、1枚ずつ切り離すのが面倒だったのか、いわゆる「耳付き」の
状態にバラして配布していました。

2012年06月19日

東日本高速道路 高速道路通行止め乗継証明書

6月16日午前5時40分頃、上信越自動車道下り線で発生した
「大型トラック2台とタンクローリーとの追突事故」により、
松井田妙義IC−碓氷軽井沢IC間の下り線が約5時間半、
通行止めとなりました。

運が良いのか悪いのか、ちょうど長野方面へ行く途中に
「松井田妙義IC流出渋滞」に遭ってしまい、1時間半以上掛かって
料金所にたどり着きました。

そして、料金所で松井田妙義ICまでの料金を払った後、領収書と共に
手にしたものが、写真の証明書です。

東日本高速道路・高速道路通行止め乗継証明書.jpg

この証明書があると、再度高速道路を利用した際、最初に入ったICからの
調整料金となるそうですが、今回はそのまま一般道を利用したため、
この証明書が手元に残っています。

2011年12月14日

神奈川中央交通 株主優待乗車券

神奈川中央交通が発行する「株主優待乗車券」です。

残念ながら同社の株式を所持しておりませんので、入手先は言わずと知れた
「金券ショップ」であります(笑)。

写真上が2006年、写真下が今年入手したものになります。

神奈川中央交通・株主優待乗車券.jpg

「KANAGAWA CHUO KOTSU」地紋の常備券で、半硬券並の紙厚となっており、
収集意欲をそそられます。

オリジナルは10枚綴りのため、右上には左上の券番に対する枝番が丸数字で
記されています。

基本的な様式に差はありませんが、今年入手したものには「コピーガード」が
入っています。

2011年07月09日

羽田空港(国際線⇔国内線)乗り継ぎ乗車票

羽田空港国内線・国際線ターミナルの各案内カウンターにて、
京浜急行電鉄または東京モノレールの「国内線と国際線駅間」を利用出来る
「乗り継ぎ乗車票」が、無料で配布されています。

但し、ハードルの高〜い発行条件があり、パスポートと搭乗する(または、
搭乗した)航空券(EチケットでもOK)等の掲示が必要となります。

こちらが、その「乗り継ぎ乗車票」です。

羽田空港(国際線⇔国内線)乗り継ぎ乗車票.jpg

「大人:1名」と記されていることから、恐らく「小児用」も存在すると
予測されますが、今回は確認し忘れました・・・(汗)。

2010年01月14日

万葉線 第24回日本海高岡なべ祭り 電車乗車票

先週末の1月9〜10日、富山県高岡市のJR高岡駅周辺にて、
「第24回日本海高岡なべ祭り」が開催されました。
これに先立ち、万葉線のホームページには開催両日、「乗車票」が配布されるという
記事が掲載されていたこともあり、なべ祭り初体験も兼ねて、現地訪問してきました。

訪問したのは2日目の1月10日のみでしたが、写真に示す2種類の乗車票を
確認することが出来ました。

万葉線・第24回日本海高岡なべ祭り電車乗車票.jpg





まず、写真上に示す乗車票は、後述の2電停以外から乗車し、片原町もしくは末広町、
高岡駅前の各電停で降車する人に配布されていた「お帰りの電車乗車票」です。

「1月10日(日)限り有効」と記されていることから、前日の9日にも、
専用の乗車票が配布されていたと思われます。

一方、写真下の乗車票は、志貴野中学校前と広小路の各電停付近で配布されていた
「往復電車乗車票」となります。

こちらの方は、有効期限が2日間にまたがっており、前日の9日にも
同じものが配布されていたと思われます。

「パーク・アンド・ライド」利用者が対象のようでしたが、駐車場を利用して
いない場合でも、上記2電停からの利用者に配布していました。

いずれの乗車票も「無地黄緑」の用紙を使用した「コピー仕様」のお手製です。

2009年04月03日

ジェイアールバス関東 証明書

先日、JRバス関東の高速バスを利用した際、乗車当日に都合により乗車出来なくなった1名分の不乗証明を要求したところ、写真のような証明書をいただきました。

JRバス関東・証明書.jpg






MV999さんのブログ「叩け!マルス2」にて「JRバス関東の証明書」が紹介されていますが、JRB青地紋という点は同じであるものの、そちらとは若干様式が異なっており、
・種別欄から「再購入」が削除され「遅延」が追加されている。
・券種に「WEB乗車票」が追加されている。
・有効期限が「30日」→「1年」に延びている。
などの違いが見られます。

こんな立派な証明書を手にしてしまったため・・・高速バスの運賃を犠牲にして、払い戻しをキャンセルしてしまったのは、言うまでもありません(笑)。

この記事は、MV999さんのブログ「「叩け!マルス2」の「JRバス関東の証明書」にトラックバックさせていただきました。

更に、「JRバス関東の証明書2(新券)」にもトラックバックさせていただきました。(5月17日追記)

2008年11月20日

JR横浜駅お客さま流動調査カード、横浜駅構内鉄道乗換調査

去る11月9日と12日の2日間、横浜駅にて「流動調査」「鉄道乗換調査」が行われました。
たまたま両日とも所用で横浜に居た関係で、それぞれの調査を体験することが出来ました。

先ずは「流動調査」の方ですが、こちらはJR横浜駅の5改札口(北、中央北、京急乗換、中央南、南)と京浜東北・根岸線、東海道線下り、東海道線上り、横須賀線・湘南新宿ラインの各階段(27箇所)の合計32箇所の間における利用客の移動状況を調査するものでした。

その際に配布されたのが「お客さま流動調査カード」と称するもので、写真に示す一番右列の2枚を除く33種類のカードが各場所別に使用されていました。

ちなみに、一番左列の一番下のものは、本来使用するべきカードの在庫がなくなってしまった場合に使用していました。

一方、「鉄道乗換調査」の方ですが、こちらはJRの他、横浜駅に乗り入れている各社局を含めて、各改札口を出たところから他社局の改札口または横浜駅構内出口までの利用客の移動状況を調査するもので、調査日別に一番右列の2枚のカードを使い分けていました。

いずれのカードも利用客すべてに配布していたわけではなく、「カードを差し出した際に持って行ってくれる人」だけを対象とするような状況でした。
※現物を手にしてみたら、やはり血が騒いでしまいました(笑)。カードのお持ち帰り、本当にごめんなさいm(_ _)m。


お客さま流動調査カード1.jpgお客さま流動調査カード2.jpgお客さま流動調査カード3.jpg