2016年07月31日

東京急行電鉄 電車とバスの博物館 入館券

「電車とバスの博物館」の入館券が大きく変わっていました。

今までは、自動改札機対応の「A型感熱磁気券」でしたが、カードサイズの
「QRコード券」となっていました。

これに伴い、上半分に写真が採用されており、他の入館者が持っている券を
見たところ、自分が持っているものと写真が異なっていました。

1枚目は、実際に使用した入館券ですが、果たして「何種類」あるのか、
続けて購入してみたのは言うまでもありません(笑)。

東京急行電鉄 電車とバスの博物館 入館券1.jpg

その結果、4枚目に1枚目と同じ写真の入館券が出てきたので、全部で3種類の
写真があるようです。

東京急行電鉄 電車とバスの博物館 入館券2.jpg 東京急行電鉄 電車とバスの博物館 入館券3.jpg 東京急行電鉄 電車とバスの博物館 入館券4.jpg

で、なぜ「電車とバスの博物館」へ足を運んだのか・・・詳細は後日に。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 施設入場券、入館券、アトラクション券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

ピーナッツ65周年記念イベント 入場券(半券)(追加版・その2)

さる4月29日〜5月8日の間、そごう大宮店で開催された際の入場券(半券)です。

ジェイアール名古屋タカシマヤ開催時のものと同じデザインですが、「65周年」の
ロゴマークが復活しています。

ピーナッツ65周年記念イベント・入場券(大宮・そごう大宮店。半券).jpg




−−−−−以下は、2015年5月12日に投稿した記事です−−−−−



横浜と池袋の2か所だけでの開催かと思っていたところ、このゴールデンウィーク以降、
全国を回るようで、そのトップが名古屋で開催されました。

写真は、ジェイアール名古屋タカシマヤ開催時の入場券(半券)です。

ピーナッツ65周年記念イベント・入場券(名古屋・JR島屋。半券).jpg

横浜の半券と異なり、券面上部が風船の形に添ってカットされていたり、
その風船やウッドストックの被っている三角帽の色が異なっていたりと、
もしかして「開催場所により微妙にデザインが異なる」のか???

今後は、そごう広島店、そごう神戸店、そごう千葉店で開催が予定されています。



−−−−−以下は、2015年2月27日に投稿した記事です−−−−−



ピーナッツ65周年イベント「スヌーピーと仲間たち大集合!」が、
去る1月1日〜9日までの間、そごう横浜店8階特設会場で開催されていました。

写真は、入場券の半券となります。

ピーナッツ65周年記念イベント・入場券(半券).jpg

全国を回るのかと思ったら、横浜の前に西武池袋本店で開催されたのみで、
これだけのイベントを2か所だけで開催とは、何かもったいないような
気がします・・・。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 施設入場券、入館券、アトラクション券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月06日

ありがとう45周年!みんなのサザエさん展 入場券(半券)

アニメ「サザエさん」の放映開始45周年を記念して開催されている
「ありがとう45周年!みんなのサザエさん展」の入場券(半券)です。

9月下旬に札幌へ行った際に、JRタワープラニスホールにて開催していました。

使用前のものは、下面に入場券が付いており、料金毎に色が異なっていました。

この展示会は全国各地を回っているようで、11月8日からは長崎で
開催されるようです。

ありがとう45周年!みんなのサザエさん展・入場券(半券).jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 施設入場券、入館券、アトラクション券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

浅草花やしき 入園券

今年は開園160周年(→1853年開園!!)だそうで、期間限定で
入園券も「160周年記念きっぷ」にリニューアルされています。

写真左が大人用、写真右が小人用となります。

浅草花やしき・入園券(大人).jpg 浅草花やしき・入園券(小人).jpg

半券部分に使用されている写真は、
・大人用:開園当時の入園口
・小人用:昭和初期のメリーゴーランド
だそうです。

2013年10月27日

京王電鉄 京王れーるランド入館券

10月10日にリニューアルされた「京王れーるランド」ですが、入館券がどのような
ものなのか気になったので、「鉄道フェスティバル」の後に訪問してみました。

その結果、自動券売機発券による「マルス券サイズの磁気券」となっていました。

ただ、地紋については、「KEIO RAIL−LAND 京王れーるランド」と
なっており、オリジナル地紋が採用されています。

京王電鉄・京王れーるランド入館券.jpg