2017年01月19日

台湾 台北大衆捷運 三五好友同行票

既に、販売終了となっていますが、最大5人までのグループ単位で、
片道運賃が125元となる「三五好友同行票」です。

台北大衆捷運 三五好友同行票.jpg

あいにく、多人数での乗車の機会がなかったので、きっぷのみの購入ですが、
初乗りが20元ですので、多人数で距離の長い区間を利用する場合に
お得となったようです。

嬉しいことに「紙券」だったりします。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外:台湾(中華民国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

台湾 臺北大衆捷運 台北捷運一日票(追加版)

「2017臺北世界大學運動會」を記念したデザインの一日票が発売されていました。

臺北大衆捷運 台北捷運一日票(2017臺北世界大學運動會).jpg



−−−−−以下は、2013年5月30日に投稿した記事です−−−−−



台北捷運の一日乗車券です。

ICカード式となっています。

臺北大眾捷運・台北捷運一日票.jpg

ネットで調べたところ、以前は購入の際に「50元の保証金」が
徴収されたそうです。
posted by 僕ドラ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外:台湾(中華民国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

台湾 台灣鐵路管理局 ぁ゙元宵慶團圓 丙申年元宵紀念 紀念車票

2015年2月22日の「元宵節」の際に発行されたものと思われますが、
額面54元に対し「88元」で販売されていました。

設定区間から「吉祥語車票」のひとつと思われます。

台灣鐵路管理局 ぁ゙元宵慶團圓丙申年元宵紀念 紀念車票2.jpg 台灣鐵路管理局 ぁ゙元宵慶團圓丙申年元宵紀念 紀念車票1.jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外:台湾(中華民国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

台湾 台灣鐵路管理局 復興號乘車票(集集站発售)

越後屋さんのブログ「越後屋業務日誌」にて、既に紹介されいていますが、
集集線集集站で発券された「復興號乘車票」です。

車埕站→集集站の「回程票」として発券されています。

台灣鐵路管理局 復興號乘車票(集集站発售).jpg

「車埕站→集集站の回程票」として、出札窓口に何冊も作り置きされている状態で、
「車埕站発の列車時刻」が表記されるなど、券面は賑やかです。

この区間の運賃が最安値なので、他の区間でも発券可能か否かは確認していません。

また、「越後屋業務日誌」で紹介されているケースでは、実際に使用されて
いることもあり、集集站→車埕站の「単程票」の硬券がステープラ留め
されていますが、「収集目的」で他の区間の硬券も購入したので、硬券の
ステープラ留めは免れました。

この記事は、越後屋さんのブログ「越後屋業務日誌:集集站での補充券発売」に
トラックバックさせていただきました。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外:台湾(中華民国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

台湾 臺灣鐵路管理局 集集線一日週遊券(追加版)

集集線一日週遊券については、以前と同様、全票と半票の券面デザインが
異なりますが、特に半票が以前のものと異なるデザインになっていました。

臺灣鐵路管理局 集集線一日週遊券(半票)2.jpg



−−−−−以下は、2015年11月20日に投稿した記事です−−−−−



「集集線一日週遊券」です。
買ったものの、今回は時間の都合で未使用です(汗)。

全票と半票でデザインが異なりますが、ネット検索してみたところ、
以前は全票も半票と同じデザインだったようです。

写真左が全票、写真右が半票です。

臺灣鐵路管理局 集集線一日週遊券(全票).jpg 臺灣鐵路管理局 集集線一日週遊券(半票).jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外:台湾(中華民国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

台湾 台灣高速鐵路 Taiwan High Speed Rail One−Way Ticket(追加版)

先の上海行きより数か月前に台湾旅行を決めていたんですが、今回も
外国人向けの乗車券を利用したところ、発券方法に変化がありました。

前回利用した際は、指定席を確保した場合、いわゆる「指のみ券」を発券後、
その内容を転記していましたが、今回のは「指のみ券」を貼付するように
なっていました。

台灣高速鐵路 高鐵外国人向け單程票5.jpg

「指のみ券」の発券後、それを端末に読み込ませて、窓口側の控えとなる
レシートを発行させていたので、現時点での正規発券方法と思われます。



−−−−−以下は、2016年2月23日に投稿した記事です−−−−−



台灣高速鐵路の乗車券は、同社HPからネット予約〜オンライン決済が
可能ですが、今回の訪台前にネット検索していたところ、「外国人限定」
「片道切符25%オフ!」という内容の海外旅行業者ネット販売による
乗車券があるのを見つけました。

海外旅行業者でのネット予約〜オンライン決済後、送付されてくる
バウチャーを各站で乗車券と交換、乗車・下車の際には交換後の乗車券と
パスポートを有人改札口で提示・・・恐らく、各站で交換される乗車券は
「橙色の端末券ではない」と予測し、日本出発前に予めバウチャーを
入手しておきました。

今回、板橋站と台北站でバウチャーを乗車券に交換しましたが、
「高鐵周遊券」のような様式の乗車券を手渡されました。

また、交換後の乗車券に裏表紙に記載されている「起適用」日付により、
様式に違いが見られ、「2015/4/1起適用 OTS V.01版」は
冊子状なのに対し、「2016/1/1起適用 OTS V.01版」は
2つ折りに簡素化されています。

ちなみに、写真の乗車券とは別のものを試しに実使用してみたところ、
乗車時に「Stamp 進站戳章」欄、下車時に「Stamp 出站戳章」欄に、
それぞれ乗車・下車駅の「驗票章」を押印されるだけで、端末券同様、
実使用によるお持ち帰りは可能でした。

なお、台灣高速鐵路からのネット予約〜オンライン決済の場合、写真の
乗車券ではなく「橙色の端末券」となります。

○2015/4/1起適用 OTS V.01版(左:表裏表紙/右:使用者名、有効期限等記載ページ)
台灣高速鐵路 高鐵外国人向け單程票1.jpg 台灣高速鐵路 高鐵外国人向け單程票2.jpg

○2016/1/1起適用 OTS V.01版(左:表裏表紙/右:使用者名、有効期限等記載ページ)
台灣高速鐵路 高鐵外国人向け單程票3.jpg 台灣高速鐵路 高鐵外国人向け單程票4.jpg
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外:台湾(中華民国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

台湾 台灣高速鐵路 購(退)票/搭乘證明單(追加版・その2)

今年7月に「南港站〜台北站」間が開業予定となっていますが、4月1日付で
「起程站」「到達站」欄に「南港站」が入った「購(退)票/搭乗證明單」に
切り替わったようです。

台灣高速鐵路 購(退)票/搭乗證明單3.jpg



−−−−−以下は、2015年11月25日に投稿した記事です−−−−−




指定席券購入の際に台北站でもらい忘れたため、到着駅である左營站で
「購(退)票/搭乘證明單」を要求してみたところ、12月1日開業予定の新駅が、
既に「起程站」「到達站」欄に記載されているものに替わっていました。

台灣高速鐵路 購(退)票/搭乗證明單2.jpg



−−−−−以下は、2013年5月16日に投稿した記事です−−−−−



乗車券を購入の際に購入証明書を要求したところ、写真のような
「購(退)票/搭乘證明單」が手渡されました。

台灣高速鐵路・購(退)票/搭乘證明單.jpg

購入証明と払い戻し証明、搭乗証明が兼用となっています。

搭乗証明はあまり聞きなれない言葉ですが、注意書きを読むと、
「回數票(回数券)」や「定期票(定期券)」利用者に発行する
証明書のようです。
posted by 僕ドラ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外:台湾(中華民国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

台湾 台灣鐵道故事館 鐵道教育乘車劵(追加版)

臺鐵・新烏日站構内にある台灣鐵道故事館で買い物をした際、200元以上と
なったことから、約2年ぶりにもらいました。

右側券片の発行年を見ると「2016」となっており、もしかすると
きちんと毎年新券を準備しているのかもしれません・・・。

台灣鐵道故事館 鐵道教育乘車劵2.jpg



−−−−−以下は、2014年5月26日に投稿した記事です−−−−−



臺鐵・新烏日站構内で開催されている「鐵道教育園區」にある、
「小火車」に乗車するための「鐵道教育乘車劵」です。

「台灣鐵道故事館」や「臺鐵本舗」などで200元以上購入すると
もらえるとのことで、200元以上になるよう「紀念車票」を選び
入手した次第です。

ネットで検索してみると、きっぷの図柄が何種類かあったようです。

写真のものは、臺鐵・台中站構内にある臺鐵本舗で入手したものです。

台灣鐵道故事館・鐵道教育乘車劵.jpg

posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外:台湾(中華民国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

台湾 臺北大眾捷運 20週年紀念一日票

先に紹介しました
Taiwan High Speed Rail One−Way Ticket
の、台北站と板橋站以外の状況を確認するため、1泊3日の日程で台湾旅行を
してきましたが、先に投稿した2バージョン以外のものはなかったものの、
すべての駅が新券に切り替わるのも時間の問題ではないかと思われます。
※特に、きっぷ的な変化はないので、記事にはしません。

さて、今年は台北捷運開業20周年だそうで、去る3月19日から5週連続で
「色違いの一日票」が発売され、発売日別に次のような色となっています。

・3月19日:茶色
・3月26日:赤色
・4月2日:緑色
・4月9日:オレンジ色(黄色?)
・4月16日:青色

なぜ5色?と思ったところ、台北捷運の各路線別カラーに合わせているようです。

写真は、4回目の発売となった4月9日に購入した「一日票」の表と裏です。

臺北大眾捷運 20週年紀念一日票1.jpg 臺北大眾捷運 20週年紀念一日票2.jpg

この「一日票」は自動券売機のみでの発売で、様式は「單程票」と同じです。

5週連続の発売となると、現地に長期滞在している方でないとコンプは無理・・・(泣)。

posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外:台湾(中華民国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

台湾 高雄捷運、他 iPass(記念カード、普通カード)(追加版・その3)

先に紹介したカードの後、高雄輕軌関連でいつの間にか販売開始されていた
「高雄輕軌試營運紀念」カードです。

先のカードは写真でしたが、今回入手したカードはよくみると「イラスト」
だったりします。

高雄捷運 I Pass 高雄輕軌試營運紀念.jpg



−−−−−以下は、2015年12月9日に投稿した記事です−−−−−



iPASSには、高雄捷運だけ販売するものと、高雄捷運以外の便利商店等で
販売するものがあり、タイトルを少し修正しました。

今回の訪台時期と重なる形で、ちょうど10月16日から高雄輕軌
(高雄ライトレール)の試乗会が開始されました。

1枚目は、高雄輕軌(高雄ライトレール)の車両がデザインされたiPASSです。

高雄捷運 I Pass 高雄輕軌紀念.jpg

こちらについてはカード単体での販売ではなく、キーホルダーを購入すると
1枚付いてくるという「抱き合わせ商法」となっており、高雄捷運商品館でのみ
取り扱っていました(笑)。

ネットで検索すると、この他にも試乗会開始を記念したカードが色々と発行されて
いるようですが、その大半が非売品のようです・・・。

2枚目は、試乗会会場で販売されていた、高雄市政府農業局のゆるキャラである
「高通通(カオトントン)」がデザインされたカードです。

高雄捷運 I Pass 高雄市政府 高通通紀念.jpg

試乗会自身は無料であるものの、車内にあるカードリーダーにタッチすると色々な
商品が当たるキャンペーンを実施しており、I PASSを所持していない人向けに
販売していたもののうちの1枚です。

ちなみに、「高通通(カオトントン)」柄はもう1種類あるようですが、
訪問当日の試乗会会場では、写真のデザインしかありませんでした。



−−−−−以下は、2013年11月20日に投稿した記事です−−−−−



去る9月9〜11日、高雄にて「2013アジア太平洋都市サミット」が
開催されたのに伴い、記念のiPassが発売されていました。

高雄捷運・I Pass(亞太城市高峰會在高雄).jpg

9月に台湾へ出張した時点で既に発売されていましたが、その時は
「ドラえもん柄」を入手することで頭がいっぱいで、この記念カードには
気付きませんでした(笑)。



−−−−−以下は、2013年11月2日に投稿した記事です−−−−−
(「ドラえもん柄」と記事を分離しました)



去る9月30日から、臺灣鐵路管理局の西部縦貫線の駅で、高雄捷運の
iPassが使用可能となったことに伴い、「臺鐵通行紀念」と称する
記念カードが発売されていました。

○iPass臺鐵通行紀念カード(普通カード)
高雄捷運・I Pass(I Pass臺鐵通行紀念).jpg

臺灣鐵路管理局の車両とiPassの普通カードがデザインされています。

実は、iPassについてはまだ「通常版」を持っていなかったので、
この機会に「通常版(普通カード)」も購入してみました。

○iPass通常版(普通カード)
高雄捷運・I Pass(Usual).jpg

高雄捷運のホームページで紹介されている写真によると、学生カードの場合は、
背景が「うぐいす色」となるようです。
posted by 僕ドラ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外:台湾(中華民国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする