2012年05月08日

フランス パリ交通公団(RATP) ROISSYBUS 乗車券

パリ・オペラ座〜シャルル・ド・ゴール空港間を結ぶ、ROISSYBUS
(ロワシーバス)に有効な乗車券です。

RATP_ROISSYBUS_to_PARIS_OPERA.jpg

大人用と小児用の購入手配をかけましたが、運賃が大小同一であることもあり?
送付されたきっぷは2枚とも写真に示すもので、大小の区別はありませんでした。

このきっぷに使用している券紙は、先の「片道乗車券」とは異なり、
紫無地のものを使用しています。
posted by 僕ドラ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外:ヨーロッパ各国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

フランス パリ交通公団(RATP) 片道乗車券

パリからRER(高速郊外電車)のマルヌ・ラ・ヴァレー・シュシーまでの
片道乗車券です。

写真左が大人用、写真右が割引価格用(いわゆる小児:4歳〜10歳未満用)と
なります。

RATP_PARIS_MLV_CHESSY.jpg

先に紹介しました「TICKET t+ Carnet」と用紙のデザインは
同じですが、印刷は「感熱印刷」と思われます。
posted by 僕ドラ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外:ヨーロッパ各国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

フランス パリ交通公団(RATP) TICKET t+ Carnet(回数券)

フランス・パリ交通公団(RATP)のメトロや高速RER、バスなどが
利用出来る「TICKET t+」の「Carnet(回数券)」です。

10枚セットでの販売で、1枚ずつきっぷを購入する場合より27%割引と
なるようですが、これもネットで手配した関係で、必ずしも27%割引には
なっていません。

写真左が大人用、写真右が割引価格用(いわゆる小児:4歳〜10歳未満用)と
なります。

RATP_TICKET_t+_carnet.jpg

ネットで画像検索してみると、現地で購入出来るものは、
・「券番が右下」に記載されている。
・印字が「感熱印刷」っぽい。
など、今回購入したもの(こちらはきちんとした印刷)とは微妙に
券面デザインが異なるようです。

posted by 僕ドラ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外:ヨーロッパ各国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

フランス パリ交通公団(RATP) Paris Visite

ロンドンと来れば、次はパリ(笑)。

フランス・パリ交通公団(RATP)のきっぷも、インターネットを
通じて手配することが出来ます。

こちらは、フランス・パリの地下鉄やバス、RERなどが利用可能な
フリーパス「Paris Visite」です。

地下鉄の乗車券サイズのパスと折りたたむとカードサイズに
なるカードと組み合わせ使用します。

写真左が大人用、写真右が小児用(Enfant=子供)の
パスとなります。

Paris_Visite_Card(Ticket).jpg

こちらはカードの表と裏になります。

Paris_Visite_Card(Card-1).jpg Paris_Visite_Card(Card-2).jpg

写真は1日券の1〜3ゾーン用ですが、この他に2,3,5日券と
1〜5ゾーン用の組み合わせがあるようです。

使用の際はパスへの使用日の記入と、カードに記載されている
カード番号を書き写し、かつ、カードには使用者名を記入する
必要があり、それを怠ると罰金を科せられるそうです。
posted by 僕ドラ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外:ヨーロッパ各国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月30日

イギリス Birmingham Airport Transfer 乗車券

ACP Rail Internationalのホームページから手配した、
「Birmingham Airport Transfer」の乗車券です。

現地で購入すると別様式の用紙を使用しているみたいですが、
写真に示すものは、プリンター印刷のものです。

ネットで画像検索をかけてみると、内容の異なるきっぷでも、
同じ地模様の用紙を使用したきっぷ・・・それも国を越えての発券状態を
を見ることが出来るので、さしずめ「ユーロ圏共通の船車券」のような
感じかもしれません。

Birmingham_Airport_Transfer_Ticket.jpg
posted by 僕ドラ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外:ヨーロッパ各国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

イギリス ロンドン交通局、他 Visitor Oyster Card

イギリス・ロンドン交通局が運営するロンドン市内の交通機関と
一部のナショナル・レールで使用可能な、「Oyster Card」という、
IC式カード乗車券です。

日本に例えるとSuicaやPASMOなどのICカードとなりますが、
日本のそれと異なる点は、
・地下鉄などのきっぷを現金で買うよりも安い料金が適用される。
・1日の利用運賃の合計が一定金額を越えた場合、それ以上は課金されない。
などがあります。

Oyster_Card.jpg

ちなみに、ロンドンの地下鉄運賃は「世界一高い」ことで
有名だそうで、ちょっと隣の駅まで現金で乗車した場合、
何と「4.3ポンド=約560円」もしますが、今回紹介した
「Oyster Card」を利用すると、ゾーンにもよりますが、
半分以下の「1.5〜2ポンド=約200〜260円」となります。

ところで、今年は「ロンドン・オリンピック」が開催されますが、
イギリスではこれ以外にも様々なイベントがあるそうで、
それらを記念して「ユニークで特別なデザインのカード」が
発行されています。

イギリス・ロンドン交通局のホームページを通じて購入すると、
写真のようなカードが送られて来ます。

Oyster_Card_2.jpg

カード自身には、「○○○記念」みたいな文言は全く記されていませんが、
「ユニークで特別なデザインのカード」であることは確かです。



posted by 僕ドラ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外:ヨーロッパ各国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

イギリス ロンドン交通局 Underground 片道乗車券

ロンドン交通局「Underground=地下鉄」の片道乗車券です。

ヘッダーには「London Underground(ロンドン地下鉄)」とありますが、
実際にはこの他に「DLR(Docklands Light Railway)」も
乗車可能な「ゾーン1〜6内用片道乗車券」です。
※National Railには乗れないようです。

写真左が大人用、写真右が小児用となります。

London_underground_single_adult.jpg London_underground_single_child.jpg

画像検索をかけて調べたところ、現地で買えるものは「角が丸くない」・・・
恐らくロール紙ではないかと思いますが、こちらはTravelcard同様、
「角が丸い」裏面磁気ストライプ入りカードタイプとなっています。
posted by 僕ドラ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外:ヨーロッパ各国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

イギリス ロンドン交通局、他 Travelcard

海外の鉄道をネットで検索していたら、クレジットカード決済で手配可能な
きっぷがあったので、試しに購入してみました。

イギリス・ロンドンの地下鉄やバスなどの公共交通機関に乗車可能な
「Travelcard」です。

日本に例えるなら、「東京フリーきっぷ」のような感じですが、
「東京フリーきっぷ」はエリア固定の1日用のみに対し、
「Travelcard」は使用可能日数、時間帯別、ゾーン毎の
組み合わせで数種類のパターンが存在します。

これらを踏まえて、ロンドン交通局のホームページなどから、写真に示す
8枚を購入してみました。

写真左が大人用、写真右が小児用となります。

○1day Travelcard(Anytime, Peak)

Travelcard_anytime_adult.jpg Travelcard_anytime_child.jpg

○1day Travelcard(Off-Peak)

Travelcard_offpeak_adult.jpg Travelcard_offpeak_child.jpg

○3days Travelcard(Peak)

3days_travelcard_peak_adult.jpg 3days_travelcard_peak_child.jpg

○7days Travelcard

7days_travelcard_adult.jpg 7days_travelcard_child.jpg

いずれも、紙式のカードサイズとなっており、裏面には磁気ストライプが
付いています。

必要な事項は「予め印刷」もしくは「券面に追加印刷」されているものの、
何故か「利用日」については「ハンコ押し」となっています。

その「利用日」ですが、予め購入時に指定する必要があり、購入後の
利用日変更は出来ないそうです。

大小の違いは、黒地に白抜きの「C」の印字だけと思ったところ、
右上に書かれている文言も大人用と異なっています。

また、ロンドン交通局以外の取扱い業者では、カードの販売ではなく
「バウチャー」で販売しているケースがあります。

○London Travelcard Voucher

Travelcard_voucher.jpg

ちなみに、イギリス国内で購入すると今回紹介したデザインと異なり、
・Underground(=地下鉄)
・National Rail(=旧国鉄の民営化分割会社グループ)
の券紙を使用したものになるようです。


posted by 僕ドラ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外:ヨーロッパ各国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする