2017年03月23日

富山地方鉄道 ほっと♨うなづき号往復きっぷ(追加版)

知らぬ間に、今シーズンも発売開始していましたが、小人用のきっぷの
地紋色が「緑色」に替わっていました。

写真左が大人用、写真右が小人用となります。

富山地方鉄道 ほっと♨うなづき号往復きっぷ(2016。大人).jpg 富山地方鉄道 ほっと♨うなづき号往復きっぷ(2016。小人).jpg



−−−−−以下は、2015年12月26日に投稿した記事です−−−−−



毎年、冬の閑散期に運行されていた「宇奈月温泉謝恩号」が廃止され、今シーズンは
12月1日から「ほっと♨うなづき号」が運行されています。

ただ、無料の「宇奈月温泉謝恩号」と異なり、この「ほっと♨うなづき号」には、
この列車専用の有料の専用往復乗車券が設備されました。
単純往復運賃よりは割引にはなるものの、宇奈月温泉までの往復が大人3000円、
小児1500円となり、往路・復路とも、途中下車前途無効のようです。

それにしても、割引になっているとはいえ、今まで往復「無料」だった運賃が
どの駅から乗車しても「3000円」もかかるとは!?
日帰りなら「1日フリーきっぷ」、年末年始は「年末年始ふりーきっぷ」が
安く、更に、あいの風富山鉄道・富山〜新魚津経由なら、往復でも3000円を
切るという・・・かなり強気な戦略に出たなあという印象です。

恐らく、北陸新幹線の開業により、運賃が有料でも観光客が見込めると
読んだんでしょうか???

写真が、「ほっと♨うなづき号往復きっぷ」となります。

富山地方鉄道 ほっと♨うなづき号往復きっぷ.jpg

写真は小児用ですが、大人用との違いは「運賃部分だけ」でした。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画乗車券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

富山地方鉄道 新黒部駅 乗車券等販売開始(追加版・その3)

新黒部〜宇奈月温泉間の「往復割引きっぷ」のデザインが、一部変更されました。

乗車券部分には写真が入り、駅名部分には「外国人対応」か? ローマ字表記が
追加されました。

写真左が大人用、写真右が小人用となります。

富山地方鉄道 往復割引きっぷ2(新黒部⇔宇奈月温泉。大人).jpg 富山地方鉄道 往復割引きっぷ2(新黒部⇔宇奈月温泉。小人).jpg



−−−−−以下は、2015年12月24日に投稿した記事です−−−−−



久しぶりに新黒部駅を覗いてみたところ、アテンダントさんがいるカウンターの
横に、自動券売機が設置されていました。

富山地方鉄道 新黒部駅 自動券売機券.jpg

しかし、先に紹介しました常備軟券3口座も、カウンター側で販売は継続されて
いますので、ご安心ください。

また、常備軟券3口座以外の区間に対応するために設備されている車内乗車券は、
「新黒部」の他、「新相ノ木」「新庄田中」の両駅も入ったものに改版されていました。

富山地方鉄道 富山地方鉄道車内乗車券.jpg

一方、訪問した11月22日は、駅前の三角広場にて「くろわん感謝祭」が
催されており、それに関連して、西魚津〜宇奈月温泉間がフリー区間となる
「EVENT 1DAY FREE PASS」が販売されていました。

富山地方鉄道 EVENT 1DAY FREE PASS.jpg

その後12月より、新黒部〜宇奈月温泉間の往復割引きっぷが発売開始された
とのことで、12月10日、再度確認してきました。

写真左が大人用、写真右が小人用となります。

富山地方鉄道 往復割引きっぷ(新黒部⇔宇奈月温泉。大人).jpg 富山地方鉄道 往復割引きっぷ(新黒部⇔宇奈月温泉。小人).jpg

短冊形記念券様式ですが、乗車券部分の地紋が「富山地鉄オリジナル」ではなく、
「電車の絵」が描かれています。



−−−−−以下は、2015年9月22日に投稿した記事です−−−−−



新黒部駅での一部区間の「回数乗車券」流用を止めて、新たに「常備軟券」が
設備されるようになったようです。

ネットの画像検索で見つけたものは、電鉄魚津対応が「発着駅名補充式」でしたが、
8月29日時点では、写真の3口座が確認されました。
※これら以外の着駅は、今までどおり「地鉄電車車内乗車券」による対応。

富山地方鉄道 軟券乗車券(新黒部−電鉄魚津).jpg 富山地方鉄道 軟券乗車券(新黒部−宇奈月温泉&西魚津).jpg 富山地方鉄道 軟券乗車券(新黒部−宇奈月温泉&西魚津。小児).jpg

開業当初、新黒部駅は「無人駅」として開業しましたが、宇奈月温泉への
アクセスとしては、電鉄富山駅からではなくここ新黒部駅から乗車した方が
はるかに便利な訳で、「常備軟券」まで設備した富山地方鉄道としては、
利用客数増加は「大きな誤算」かもしれません・・・。



−−−−−以下は、2015年6月10日に投稿した記事です−−−−−



新黒部駅に寄ってみたところ、いつの間にかアテンダントさんによる乗車券や企画乗車券、
特別急行券等の販売が開始されていました。

○乗車券
富山地方鉄道 新黒部→電鉄魚津 乗車券.jpg 富山地方鉄道 新黒部→宇奈月温泉 乗車券(小児).jpg

A型軟券ではなく、使用中止となった「回数乗車券」を流用して、いくつかの着駅を
作り置き対応しています。

写真は省略しますが、裏面にナンバリングされており、そこから察すると、
最終券片である「11枚目」は「控え片」としているようです。

○地鉄電車車内乗車券
富山地方鉄道 地鉄電車車内乗車券.jpg

「回数乗車券」流用以外の着駅分は、「車内乗車券」での対応となっています。

ただ、地図上には「新黒部」はおろか、「新相ノ木」「新庄田中」などの
新駅が反映されていない古いバージョンとなっています。

○新黒部〜魚津往復割引きっぷ
富山地方鉄道 新黒部〜魚津往復割引きっぷ(稲荷町運転区).jpg

3月14日の北陸新幹線開業に併せて発売開始された企画乗車券ですが、
発行駅が「新黒部」ではなく「稲荷町運転区」となっています。
posted by 僕ドラ at 20:00| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 補充券(硬券、軟券) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

富山市 市内路面電車半額利用券

「北陸新幹線開業記念 市内路面電車 無料利用券」の配布終了後、以前のように
「半額利用券」に戻りましたが、使用されている各車両の写真は「無料利用券」と
同じで、対象路線も拡大されたままとなっています。

富山市 市内路面電車半額利用券.jpg



−−−−−以下は、2015年4月10日に投稿した記事です−−−−−
(旧タイトル:富山市 PORTRAM & CENTRAM 旅行者向け利用券(半額券)、市内路面電車無料利用券)



「PORTRAM & CENTRAM 旅行者向け利用券(半額券)」のデザインが
変更されていました。

旧券と比べ、写真のレイアウト等は変更されていませんが、「ポートラム」
「セントラム」と大きく日本語表記が追加され、券紙の色調が白色から
淡い橙色系に替わっています。

ネットで検索してみると、昨秋時点で既に登場していたようです。

富山市・PORTRAM & CENTRAM 旅行者向け利用券(日本語・2).jpg

一方、3月14日の北陸新幹線開業に伴い、富山地方鉄道市内軌道線の対象路線が
環状線のみから全線に拡大され、上記半額券に替わり、来年3月31日まで
有効な「北陸新幹線開業記念 市内路面電車 無料利用券」の配布が始まりました。

こちらも、既存の半額券とはデザインが異なり、写真も「既存線」車両が
加わっています。

富山市・PORTRAM & CENTRAM 北陸新幹線開業記念 市内路面電車 無料利用券.jpg



−−−−−以下は、2013年2月27日に投稿した記事です−−−−−
(旧タイトル:富山市 PORTRAM & CENTRAM 旅行者向け利用券(半額券))


富山市が、市内の宿泊施設を通じて配布している、
「旅行者向け利用券(半額券)」です。
富山ライトレール(ポートラム)または富山地方鉄道の環状線
(セントラム)が、大人200円→100円(小児半額)となる券が
2枚付いています。

富山市・旅行者向け利用券(日本語).jpg

セントラムは「環状線運行のみ」、「環状線と既存線の乗継対象外」などの
制約はありますが、両線の観光客に対する「利用促進策」としては
良い方法だと思います。

ちなみに、外国人向けにも同様な企画がありますが、外国人の場合は
「無料券が2枚」となっており、「英語版」、「韓国語版」、「中国語版」の
3種類が存在するようです。

2017年03月17日

横浜市交通局 みなとぶらりチケット(ワイド)(追加版・その9)

「木下大サーカス」の4年ぶりの横浜公演に関連し、5月22日までの
期間限定で、「木下大サーカス横浜公演オリジナルデザイン」の
みなとぶらりチケットが、3000枚限定で販売されています。

横浜市交通局 みなとぶらりチケット(木下大サーカス).jpg



−−−−−以下は、2016年12月8日に投稿した記事です−−−−−



10月から適用エリアに加わった「三渓園」の写真を表紙部分に採用した、
みなとぶらりチケットの「紅葉の三渓園」デザイン版が、11月5日から
2000枚限定で発売されました。

横浜市交通局 みなとぶらりチケット(三溪園バージョン).jpg



−−−−−以下は、2016年10月25日に投稿した記事です−−−−−



10月1日より、「みなとぶらりチケット」「みなとぶらりチケットワイド」が
大幅にリニューアルされました。

2つ折りとなり、また「英語表記」も加わるなど、今までとは大きく図柄も変わり、
それに加えて「三渓園」も適用エリアに加わりました。

○みなとぶらりチケット
横浜市交通局 みなとぶらりチケット(2016リニューアル)jpg.jpg

○みなとぶらりチケットワイド
横浜市交通局 みなとぶらりチケットワイド(2016リニューアル)jpg.jpg

一方、これに併せて、東海道・山陽新幹線を「エクスプレス予約」または
「プラスEX」を利用して新横浜まで乗車し、「IC乗車票」を提示した
利用客を対象に、「EXみなとぶらりチケット」の発売も開始されました。

効力は「みなとぶらりチケットワイド」と同じですが、発売額については
「みなとぶらりチケット」と同じ・・・50円お得となっています。

○EXみなとぶらりチケット
横浜市交通局 EXみなとぶらりチケット.jpg



−−−−−以下は、2016年8月2日に投稿した記事です−−−−−



横浜ベイエリアを中心に開催される「みなと横浜ゆかた祭り2016」に合わせて、
9月4日までの間、3000枚限定で、オリジナルデザインのみなとぶらり
チケットが販売されています。

通常版のみなとぶらりチケットはイラストですが、オリジナルデザインのものは
「ゆかたを着た女性の写真」が使用されています。

横浜市交通局 みなとぶらりチケット(みなと横浜ゆかた祭り2016).jpg



−−−−−以下は、2015年12月18日に投稿した記事です−−−−−



4年半ぶりに、「みなとぶらりチケット」と「みなとぶらりチケットワイド」の
通常版を確認してみたところ、昨年10月に発売されていた、「あかいくつ
10周年記念」バージョン同様、券面右下部分に「QRコード」が追加された
バージョンに切り替わっていました。

写真左が「みなとぶらりチケット」、写真右が「みなとぶらりチケットワイド」です。

横浜市交通局 みなとぶらりチケット(QRコード入り).jpg 横浜市交通局 みなとぶらりチケットワイド(QRコード入り).jpg



−−−−−以下は、2014年11月11日に投稿した記事です−−−−−



横浜観光スポット周遊バス「あかいくつ」10周年を記念して、
10月4日開催された「はまりんフェスタin新羽」会場にて
発売された記念バージョンの「みなとぶらりチケット」です。

横浜市交通局・みなとぶらりチケット(あかいくつ10周年記念).jpg

通常のみなとぶらりチケットとはデザインが異なる他、
「あかいくつ」に合わせて印刷色が「赤色」となっています。



−−−−−以下は、2014年6月5日に投稿した記事です−−−−−



5月10日まで、横浜赤レンガ倉庫にて開催されていた「コナン展」に
併せて、「コナン展」限定ビジュアルの特製みなとぶらりチケットが
限定発売されていました。

横浜市交通局・みなとぶらりチケット(コナン展).jpg



−−−−−以下は、2013年7月24日に投稿した記事です−−−−−



週刊少年ジャンプ創刊45周年記念作品「劇場版トリコ美食神の超食宝」の
公開を記念して、東映(株)とタイアップしたスタンプラリーが開催されて
いますが、それと関連して、9月1日までの期間限定で「トリコオリジナル柄」の
みなとぶらりチケットが発売されています。

大小兼用券の3000枚限定となっており、購入者には
「IGOグルメIDカード」がプレゼントされます(写真省略)。

横浜市交通局・みなとぶらりチケット(トリコ).jpg



−−−−−以下は2011年5月24日に投稿した記事です−−−−−



「開国博Y150」から早2年あまりが経過しました。

結果的に、従来の様式(=1年度毎の有効期限設定)に戻ることなく、
記念ロゴのなくなった様式で販売が継続されています。

写真左が「みなとぶらりチケット」、写真右が「みなとぶらりチケットワイド」です。

横浜市交通局・みなとぶらりチケット(2010).jpg 横浜市交通局・みなとぶらりチケットワイド(2011).jpg



−−−−−以下は、2009年5月10日に投稿した記事です−−−−−



横浜ネタをもうひとつ。

横浜市交通局・みなとぶらりチケット(ワイド).jpg

横浜市交通局では、地下鉄=横浜〜伊勢佐木長者町間、バス=ベイサイド
エリア指定路線内を自由に乗降出来る「みなとぶらりチケット(ワイド)」を
発売していますが、現在発売中のものには、券面に「開国博Y150」の
ロゴが入っています。

写真左がみなとぶらりチケット、写真右がみなとぶらりチケットワイドです。
ワイドについては、地下鉄・新横浜駅での乗降が可能となっています。

みなとぶらりチケット(ワイド)は、毎年4月〜翌年3月末までを1年として、
毎年、券面の有効期限が更新されていますが、現在発売中のものには
有効期限が記載されておらず、有効期限撤廃なのか?はたまた「開国博Y150」
終了後に、従来の様式に戻るのか???
posted by 僕ドラ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

関鉄観光 真壁ひなまつり号、真壁のひなまつり和の風号 企画乗車券(追加版・その6)

今シーズンの臨時シャトルバスは、昨シーズンより更に運行日が減少し、
2月18、19、25、26日のわずか4日間となりました。

また、運賃については、JR岩瀬駅発着便の大人が片道1000円/往復
2000円となり、TXつくば駅発着便と同額になりました。

今シーズンは、TXつくば駅発着便の方は確認していませんが、JR岩瀬駅
発着便の大人用については、新券を確認しました。

○和の風号企画乗車券(大人用)
関鉄観光 真壁のひなまつり和の風号企画乗車券(2017年).jpg



−−−−−以下は、2016年3月16日に投稿した記事です−−−−−



今シーズンは、2月20日〜3月3日の13日間のみ運行されました。

TXつくば駅発着の「真壁ひなまつり号」の方には変化がありませんでしたが、
JR岩瀬駅発着の「和の風号」の方は、復路の「雨引観音」へ寄らなくなり、
券面から「雨引観音」が削除されました。

○和の風号企画乗車券(写真左:大人用/写真右:小児用)
関鉄観光 真壁のひなまつり和の風号企画乗車券(2016年).jpg



−−−−−以下は、2015年2月22日に投稿した記事です−−−−−



今年は、2月21日からの運行開始となりました。

消費税率8%化に伴い、何か変化があるかと期待したところ・・・
TXつくば駅発着分は復路の寄り道がなくなり、「真壁」との単純往復路線と
なったため、着停留所表記が「真壁」のみとなりました。

一方、JR岩瀬駅発着分は大小とも代金が
・大人:1巡回1000円→1500円
・小児:1巡回500円→1000円
となり、対前年比大人は50%、小児は100%の大幅な値上げとなりました。

○真壁ひなまつり号企画乗車券(写真左:大人用/写真右:小児用)
関鉄観光・真壁ひなまつり号企画乗車券(2015年).jpg

○和の風号企画乗車券(写真左:大人用/写真右:小児用)
関鉄観光・和の風号企画乗車券(2015年).jpg



−−−−−以下は、2013年3月2日に投稿した記事です−−−−−



今年は2月16日から運行開始されました。

「真壁のひなまつり」は2月4日から開催されていますが、運行開始が
約2週間遅くなっているのは・・・やはり「需要の関係」とか!?

そのような「大人の事情」もあってか、TXつくば駅発着となる
「真壁ひなまつり号」のきっぷには、大きな変化がありました。

関鉄観光・真壁のひなまつり号企画乗車券(2013年).jpg

昨年までは、片道券と往復券がそれぞれ設備されていましたが、
様式的には「片道・往復兼用券のみ」となり、片道利用の場合には
「左下の断片を切る」ことで対応するようになりました。

また、発着場所も一部変更となり、
・つくばセンター(TXつくば駅) → TXつくば駅
・旧真壁駅 → 真壁(実際には「真壁体育館」が発着場所となっています)
と、券面表記も変更されています。

一方、JR岩瀬駅発着の「真壁ひなまつり 和の風号」の方は
大きな変化はなく、真壁側の名称は「旧真壁駅」のままでしたが、
往復券については、昨年登場した「券番10001〜」に
なっていたのと併せて、JR岩瀬駅発小児片道と真壁発大人片道が
在庫切れとなり、別の券での対応となっていました。
(例:真壁発大人片道→JR岩瀬駅発大人片道で代用)

関鉄観光・真壁のひなまつり和の風号企画乗車券(2013年).jpg

今後、JR岩瀬駅発着分もTXつくば駅発着分と同様な様式に
替わっていくのか、興味のあるところです・・・。



−−−−−以下は、2012年2月15日に投稿した記事です−−−−−



今年も2月4日から運行開始されました。

早速、現地確認してきたのですが、基本的には昨年の残りからの販売で、
売れ筋の口座のみ、券番が10001〜となっていました。

写真は、券番10001〜が確認された口座となります。

関鉄観光・真壁のひなまつり号企画乗車券(2012年).jpg

昨年のものと比べてみると、微妙に違いがあったりします。



ーーーーー以下は、2011年2月26日に投稿した記事ですーーーーー



菅沼天虎さん地下鉄好きさんのブログに掲載されたきっぷを昨年見て、
今年こそはと・・・重い腰を上げて、収集してきました(笑)。

関鉄観光が企画・実施している「真壁ひなまつり号」「真壁のひなまつり和の風号」の
企画乗車券です。

2月24日に現地へ出向きましたが、確認出来たきっぷは次のとおりです。

○真壁ひなまつり号 企画乗車券(片道)
関鉄観光・真壁ひなまつり号企画乗車券(片道).jpg

上段が「つくばセンター(TXつくば駅)→旧真壁駅」、下段が「旧真壁駅、
筑波山神社入口、梅林入口→つくばセンター(TXつくば駅)」の乗車券で、
左列が大人用、右列が小児用となります(大小の配列は以下同じ)。

○真壁のひなまつり 和の風号 企画乗車券(片道)
関鉄観光・真壁のひなまつり和の風号企画乗車券(片道).jpg

上段が「JR岩瀬駅→旧真壁駅」、下段が「旧真壁駅→JR岩瀬駅、雨引観音」の
乗車券となります。

○真壁ひなまつり号/真壁のひなまつり 和の風号 企画乗車券(往復)
関鉄観光・真壁ひなまつり号企画乗車券(往復)&真壁のひなまつり和の風号企画乗車券(往復).jpg

こちらは、それぞれの往復乗車券で、上段が「真壁ひなまつり号」、下段が
「真壁のひなまつり 和の風号」の乗車券となります。

合計12口座が確認出来ました。

券面を見る限り、裏面も含めて「運行期間など」が記されていないので、
昨年に引き続いての販売かと思っていましたが、昨年発行のものと比べてみると、
ヘッダー部分のレイアウトが変更されたり、JR岩瀬駅発着の関鉄観光の住所などが、
つくば市から土浦市に変更されるなど、微妙な違いが見られることから、
新たに刷られたものと思われます。

今年の運行は、3月3日までの毎日となっています。

この記事は、菅沼天虎さんのブログ「菅沼天虎の紙屑談義」の
関鉄観光 真壁ひなまつり 和の風号 企画乗車券」と、
地下鉄好きさんのブログ「13番まどぐち」の「関鉄観光 真壁のひなまつり号」に
それぞれトラックバックさせていただきました。
posted by 僕ドラ at 20:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 北関東関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする